フォト
無料ブログはココログ

DeNoiseAI

2020年7月18日 (土)

ネオワイズ彗星_20200717

Comp_2_64 Comp_1_64 Output_comp_3denoiseclear_nocmntjpg Output_comp_4denoiseclear_nocmntjpg

7/16 よりは雲が少なかったので、近所の金峰山。玉名市側で撮影。

 

 

少しマシになったとは言え、やはり雲多く、低空は特に濃いので、途中で見えなくなりました。

タイムラプス中、ちょろちょろしてるのは、えりありさんです (^o^)

これ、実は、彗星を撮影する人のタイムラプスだったりもします (^o^)

 

 

_0717_3

調子に乗って、128枚コンポジットしてみた。 ASI385MC(Exp=128*2sec, Gain=300)

 

 

 

2020年6月 4日 (木)

惑星の撮影と画像処理方法

ってタイトルの動画作った。

 

 

今後は、遠山きよりさん推しで行くのを宣言するかのようなサムネ画像にした。

 

Photo_20200603060301

アンケートで選ばれた 遠山きよりさんが、ほぼ全編に亘って出ずっぱりっつ~豪華仕様。

いや~、チート熟女と比べて、クチパクが超楽。やっぱ人間、面倒くさいと思ってる事があったら、もっと面倒くさい事をやると、最初の面倒くさい度を軽く感じるようになるものだ。

 

__20200603174501

動画作る手際も結構良くなってきたのか以前に比べ中間生成物がかなり減ったし、シナリオ・絵コンテ的な原稿がなくても、なんとか出来るようになってきたヨ。

 

 

 

 

2020年4月12日 (日)

改めて DeNoiseAI すげぇ

先日、近場の山(金峰山)で日没をタイムラプスした時、星が伸びてたのが気になってた。

10秒間隔の露出時間は自動(絞り優先)で撮ってたので露出時間を確認してみた。

と、ビックリ。10秒間隔指定してたのに、露出時間が25秒だったとは!そりゃ、星伸びて写るよ... 35mmでも...

 

で、ついでにその写真を加工してみた。

D70_0874crop

元ネタ。撮影元画像をcropして横1600ピクセルに圧縮した(ブログに貼れるJpegサイズ制限あるので)。結構ザラザラだし黄色っぽいよね。

 

D70_0874_rtcrop

ブリブリ彩度上げて、無理やり青っぽい空に偽装した。

 

D70_0874_rtdenoisedenoisecrop

Topaz DeNoiseAI した。改めてすげえや... DeNoiseAI。

 

 

2020年2月26日 (水)

DeNoiseAI を使って、L+RGB合成してみる

Ntomfuvuino2e3jfs3mg15826719071582671970

DeNoiseAI はノイズを軽減し、シャープさを向上させる効果がある反面、淡い部分が消え、彩度が低下する副作用もある。

そこで

DeNoiseAI 処理したものを L画像とし、元の画像をRGB画像に使い、L+RGB合成する事でいいとこどりをしようって魂胆。

 

処理手順は、動画を見てね。最初の画像は元画像、DeNoiseAI,L+RGB画像をアニメGif化してありますが、拡大しないと分からいよね (^o^;

 

 

 

M33_1600

処理のネタ画像(ブログ掲載のため、1600ピクセルに縮小)

 

M33denoise_1600

DeNoiseAI処理後

 

M33denoiselrgb_1600

L+RGB合成したもの。

 

 

2020年2月25日 (火)

タイムラプスに Topaz DeNoiseAI を適用してみた

Topaz DeNoiseAI のノイズ除去性能は圧倒的。特に、ザラザラしたイメージデータを、それなりに普通っぽくしてしまうのがスゴい。

 

で、ちょっとやってみて、やってみたい事が2つ出来た。

 

1つ目は、RGB分解して、DeNoiseAI し、その結果を RGB合成したら、シャキシャキな写真になるんぢゃね?って件。

これはやってみたら、イマイチ。と、 DeNoiseAI すると淡い部分が消えて彩度が低下するって事も分かった。

この件は、DeNoiseAI した画像をモノクロ化し、元のカラー画像を RGB画像として、L+RGB合成する事で解決。

この手法だと、画質を劣化させず彩度も落とさずにディテールを強調できる効果が確認できた。

昨日の記事を参照してね。

 

 

もう1つは、ザラザラしたタイムラプスを滑らかにできるんぢゃね?って件。

これは以前から気になってはいたものの、解決策が見いだせていなかった。有償版の Davici Resolve や Neat Video を使うと解決しそうだったけど、どちらもかなりいいお値段。

そこで、タイムラプスのネタにしてる ASI385MC で撮った Tiff を DeNoiseAI した後、タイムラプス化したらどうよ?って作戦。

 

Capture_00001_org

元ネタはこんなイメージデータ

 

Capture_00001denoise

DeNoiseAI すると、こうなる。

これを使ってタイムラプス化してみたらどうよ?

 

 

Photo_20200224105601

SiriusComp のパラメタはこう設定した。

 

で、500枚処理して、処理前後のタイムラプス比較とバッチで DeNoiseAI を連続処理している様子を動画にしてみた。

 

 

タイムラプスの画質が結構向上したと思う。画素数の少ない ASI385MCに激安中華 Cマウントレンズ付けて Gain=300 で撮ってるので、結構ザラザラだったのが、一眼レフにそれなりの広角レンズを使ったくらいの感じには誤魔化せた気がする (^o^)

 

 

 

DeNoise AI を適用している様子の動画。後半ではタイムラプス用の処理。

動画を見て貰うと分かると思うけど、Auto-Update PreView を指定してても、自動的に再表示されない事があるようで、混乱する...

Auto-Update しないで、都度手動で再表示させた方がいいかも。

 

 


※ タイムラプスのネタ Tiff を 500 枚バッチ処理したら、DeNoise AI で "SAVE" ボタンがクリック出来なくなる事象発生。

色々調べてみたら、前回出力したフォルダを削除すると、その情報を覚えているようで、"SAVE" がクリックできなくなるのが発覚。

何もメッセージなどは表示されない。

Denoiseai_save

Save をクリックしても、ガン無視状態になるので焦る。

 

Denoiseai_save_20200224185301

Save 先のフォルダを覚えていて、それが削除されると、この不具合が発生する。

Save to Source Directry なんだから、処理元画像のあるフォルダに出力されればいいのに、前回出力フォルダに出力しようとしている(障害ですね)。

 

解消するには、Save to Source Directry を No にして出力先フォルダを指定し直せば Ok。

 

 

 

 

 

 

2020年2月24日 (月)

15cm ニュートン試写 & 例のアレを試してみた

20200223_180245

最近、絶賛ヒキモコリでネトゲ三昧な日々だったけど、あまりに快晴の新月期となると、これはやはり山へ行くしかないよね?ってんで、いつもの吉無田高原。

低空は空気が濁ってるけど、多分、黄砂。

花粉も飛んでるだろうし、コンビニとかで例のウィルスがくっつくのも嫌だったけど、マスクなんてどこにも無いので、花粉対策のスプレー(多分静電気防止効果なんだろう)を気休めでプシューとやって出撃。

基礎疾患のある高齢者だから、ちょっとだけ気を使ってる体で。

 

20200223_185527

15cm ニュートンのファーストライトだッ!

 

 20200223_185508

コマコレに Baader MPCC MK3 を使って、2インチ延長筒付けて、この位置で無限遠。

ASI385 は USB を主鏡側に向けて付けて、どっちが北になるか確認してみた。結果、長辺が南北方向だったので、次回からは主鏡と 90度ズレた方向に設置する事にしよう。

 

Sirius

シリウスを試写してみた。15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=8x10s, Gain=300,Temp=9)

画像をクリックすると拡大表示できると思うけど、その状態で見ると、見事な枝毛がクッキリ(横方向がヒドイ)。これは斜鏡マスクは必須ですなぁ...

 

で、分かり難いけど、 After の方は流行りの Topaz DeNoise AI してみた。

 

Horsehead-nebula

Horsehead Nebula, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=16x120s, Gain=300,Temp=9)

短時間でテキトーに撮ったのには、効くねぇ... DeNoiseAI。ノイズが消えて滑らかになって露出時間を数倍伸ばしたような質感になるのもいいけど、像がシャープになるのもいいねぇ。

ただ、微光星はノイズと思われて消されてしまうので、18等とかの彗星や超新星には向かないな。鑑賞用と割り切れば、面白いっすね、これ。

 

M81

M81, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=14x60s, Gain=300,Temp=8)

たった14分の露出でこれはすごいね。赤ポチは厳しいけど、この像は 90~120分露出だと言ってもバレないと思う。

 

M97_20200224001801

M97, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=16x120s, Gain=300,Temp=8)

フラットも撮ってないのに、こんな事になっちゃうって、どうよ?

 

試写だったので、これでいいけど、朝まで快晴だったろうから、えりありさんはもっと撮影したかったかも... でも、今夜は随分と進展があったようだから、ま、いっか~。

 

で、今回の所見。

1. 15cm ニュートン、やっぱし、マスク類は作るが吉。特に斜鏡の方は枝毛がヒドい。

2. バーティノフマスク、20cm用を発泡スチロールでちょっと誤魔化してみたけど、使いにくかったので、要改良。

3. お尻の迷光は気にならなかったけど、要対策。

4. ASI385MC だと、やっぱ画角がかな~り狭いので、彗星には、ちょっと厳しめかなぁ...

5. DeNoiseAI はホントに凄いねぇ~♪。80ドル払っておこう。試してみたい事案が2件発生。

6. 久しぶりの山は寒かったけど、カメラの温度は10℃近かった。やっぱ、春近しなんだろう。

 

 

M33_20200224010901

マジメに露出したもの (36x180s) はどうなのか?を確認してみた。彩度が落ちちゃってるけど(これは、まだ調整が未熟だからだと思う)、格段にシャープさが増すと思う。

 

M33before

元ネタ

 

M33denoise

DeNoiseAI 

 

この後、Jpeg を RGB分解してモノクロ化した後、 DeNoiseAI し、結果を RGB合成してみたけど、なんかイマイチだった。

もう少し習熟してからリトライしてみよう(これが事案1)

 

M332

オリジナルを RGB分解後、DeNoise AI し、RGB合成したものはイマイチだったので、 

Original を DeNoise AI し、モノクロ化したものを L画像、オリジナルをRGB画像として、L+RGB合成してみた。

 

M33lrgb

現時点、これが最強な予感。

 

 

 

記事には関係ないけど、この曲に合うようなタイムラプスを撮ってみたい...