フォト
無料ブログはココログ

タイムラプス

2019年12月 1日 (日)

吉無田高原で火球

連夜で吉無田高原を徘徊。午前2時頃のボリソフ彗星を久しぶりに撮影しようと思ってたんだけど、23時頃、雲湧いて撤収。2晩連続でフライング・シンデレラ。

 

例の4人組(らっぱさん、ひでさん、えりありさん)で、「もう半荘囲む?」くらいの勢い。

 

Ngc1491_1280

NGC1491, 2019/11/30.4976, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

バーティノフマスクを使って、APTのバーテイノフ・エイドでピント合わせたんだけど、ピントずれずれ。大海人皇子... orz

赤道儀をぐるりんぱしてる時にズレちゃったのかなぁ...(最初の対象は合ってた)

 

Ngc1788_1280

NGC1788, 2019/11/30.5468, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

これは淡かった。もっと露出時間かけなきゃダメだったみたい。

 

Ngc7293_1280

NGC7293, 2019/11/30.4421, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

これはもう旬を過ぎちゃったね。秋の天体。

 

主目的が午前2時のボリソフ彗星だったので、彗星の出待ちでいくつか撮影したけど、らせん星雲以外は、ナニだか知らずに撮ってるっつ~、天体写真をナメとんのか?状態。

 

と、低空まで晴れてたので、「今夜はアケルナル日和だッ!」とか言いながらタイムラプス。

 

 

アケルナルはギリで写っていない。阿蘇の北外輪で写ったから、南外輪だったら、もちょっと写るんぢゃ?と思ったけど、九州山地に邪魔されてたようで残念。もう少し標高の高いポイントで九州山地の名前知らない山を避ける位置だったら写りそう。

 

Photo_20191201134801 Capture_02600

う~~ん...

 

撮影中は気が付かなかったけど、 22:16:52 頃、火球が飛んでた。流星痕が7分以上続いてたっぽいけど、撮影時は背中向けてたので気が付かず、飛んで7分後にはタイムラプス撮影を終わったので、ちょっと残尿感(?)のある流星痕になってしまった。

 

4人居て、めんたま8個もあったのに、誰も気が付かなかったっぽい。(゚∀゚)アヒャ

 

 

2019年11月17日 (日)

マクノート彗星_20191116

2019/11/16 夜、連夜の金峰山出撃。ひでさんとえりありさんも集合。らっぱさんはアッシーになって参加できずってメール来た。カワイソ...

 

260p_20191116

マクノート彗星
260P/McNaught, 2019/11/16.4686, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=10.2(SI7) 2019/11/16 20:08:09-

マクノート彗星の彗星らしい姿は健在。

 

C2017k2_20191116
パンスターズ彗星
C/2017 K2 (PanSTARRS), 2019/11/16.4233, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected mag<17(SI7) 2019/11/16 19:02:49-

16等級の予想だから写るだろうと思ってたけど、確認できず。

 

C2018n2_20191116
エイサスエスエヌ彗星(アサシン彗星)
C/2018 N2 (ASASSN), 2019/11/16.4549, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.7(SI7) 2019/11/16 19:48:25-

エイサスエスエヌ彗星は立派な尾。毎回思うけど、このカタカナ表記、舌噛みそう。こちらのサイトでは、エイサス-エスエヌが採用日本語表記とされているので従っているけど、舌噛みそう...

 

C2019l3_20191116

アトラス彗星
C/2019 L3 (ATLAS), 2019/11/16.4377, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected mag<18(SI7) 2019/11/16 19:25:54-

このアトラス彗星は、17.5等級予想なので厳しいと思うけど、やはり今回も写らず。2022年正月に12等級予想なので、来年くらいから写るかな...

 

C2019n1_20191116

アトラス彗星
C/2019 N1 (ATLAS), 2019/11/16.4077, 8*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=18.0(SI7) 2019/11/16 18:40:19-

こちらのアトラス彗星は16.5等級予想だったので、写った。SI7で光度測定すると、2等級くらい暗めの値になる事が多い(設定を調整すれば変わると思うけど、よく分からない)。

彗星は拡散像だし測定の仕方で幅はあるようで、吉田さんのページに測定結果をプロットした光度グラフが掲載されているけれど、それを見ても2等級程度で分散しているので、こんなものなんだと思う。

 

 

15日は南側をタイムラプスしたけど、今回は西側。日没から天の川が沈む様子。最後は月が昇ってきたのでゲインを下げたけど、そのままで明るくなっていく様子を写した方が良かったね。

日没後、薄暮が終わっていく様子は光度変化が激しくて、ちょこちょことパソコンを確認してゲインを調整した(オートでは、雲仙がサチってしまったので)。

 

Output_comp02 Output_comp05

激安 Cマウントレンズを使っているけど、このレンズ激安なのに像は良い。けど、明るい光があると激しくゴーストが出ちゃう... でも、使いやすいので気に入ってる。

 

北外輪山でアケルナルを撮影した時に、レンズキャップを紛失してしまったので、着てるウルトラライトダウンを被せてダーク撮ったんだけど、Sharpcapで適用するのを忘れちゃったってオチ... orz

 

 

2019年11月15日 (金)

近場に行ってきました

今日は快晴で空気が澄んでいたので、月が出るまで短時間撮影しようと近場(車で20分くらい)の金峰山行ってきました。

彗星の画像処理はまだですが、とりあえず、タイムラプスだけ作ってみました。

 

Output_compb01 Output_compb05 Output_compb04 Output_compb02 Output_compb03 Output_compb06

 

 

結構、流星が飛んでたみたいです(最後の方に結構明るいの飛んでます)

 

 

 

2019年11月 2日 (土)

マクノート彗星_20191031

10/31 夜、阿蘇スカイライン展望所に行ってみた。空は暗い。清和高原と同じくらい暗いかも知れない(この日が透明度良かったのも大きいけど)。眼下に阿蘇市の灯りがある。横を車がバンバン通る。21時くらいまでは結構人が来るので車のライトが邪魔。

星を撮影している人が2人くらいいたような(近くにいた人と、ちょっとだけ会話したけど月とタイムラプスを撮影されてた模様)。

結構風が強い。吹きっさらしなので、しょうがないと言えばしょうがない。で、すげえ寒い。日没頃、10℃を切った。

光害は西の熊本市がキツい。北側もぼんやり光ってたのはどこだろう?南は阿蘇市がある割にはそこそこ暗い。東は暗い。

 

で、彗星撮影しながら、タイムラプス。タイムラプスは噴煙の変化が面白そうで火映現象も写るかな?と思っていたら、予想通り。ポコポコ噴煙を噴き出しているけど、光って写っている(草千里で撮ると赤く写る)。

アケルナルの記事と同じ素材を使って SiriusComp で残像を付けてみた。阿蘇市を車がごちゃごちゃ移動してるのが、シムシティっぽい。

町に霧がかかり始めて、雲海が出来ていく様子が分かる。

 

最近、21時か22時には雲が湧いて撤収を余儀なくされるのを繰り返したけど、今回は、24時までは良かった。その後、急速に濃霧。慌てて撤収したけど、ミルクロードは怖くてゆっくりしか走れなかった(20~30mくらいまでしか見えない)。

帰って陰干し。結露はきつかった。阿蘇谷もタイムラプスに写ってたけど、ゆっくりと時間をかけて雲海が形成されているっぽい。23時くらいから灯りがぼんやりし始める。

陰干ししてたら気が付いたけど、大慌てで撤収したのでヒーターの電線を切断してた... orz。と、ガイドスコープは低温で加熱してたけど、レンズ中心部から結露したので、途中でティッシュで拭き取ってホカロンを足した。こちらの電流も要調整(増やすのは簡単だけど、バッテリとの兼ね合いで)。

 

168p_20191031

ハーゲンローザー彗星
168P/Hergenrother, 2019/10/31.6006, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected mag<18(SI7) 23:14:56-

相変わらず写らない。

 

260p_20191031

マクノート彗星

260P/McNaught, 2019/10/31.5053, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.9(SI7) 20:57:46-

相変わらず美しい。

 

261p_20191031

ラーソン彗星

261P/Larson, 2019/10/31.5249, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.8(SI7) 21:25:59-

 

C2017t2_20191031

パンスターズ彗星

C/2017 T2 (PanSTARRS), 2019/10/31.5753, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.7(SI7) 22:38:26-

順調に明るくなってきた。

 

C2018u1_20191031

レモン彗星

C/2018 U1 (Lemmon), 2019/10/31.4838, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected mag<18(SI7) 20:26:50-

確認できず。

 

C2019k5_20191031

ヤング彗星

C/2019 K5 (Young), 2019/10/31.5545, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.7(SI7) 22:08:37-

 

C2019l3_20191031

アトラス彗星

C/2019 L3 (ATLAS), 2019/10/31.4639, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected 19:58:02-

確認できず。

 

アケルナルは撮影できたし、風光明媚なのでタイムラプスや星景を撮るには向いている場所だと思うけど、腰を据えて撮影する場所としては、う~ん...

強風、結露、車の灯りと三重苦を覚悟すれば使えなくはないって感じ。

 

 

2019年11月 1日 (金)

アケルナル

10/29, 30 と撮影に出掛けたのに、途中で曇ってしまって2~3時間づつしか晴れなかった。

ので、 10/31 も遠征。今度は阿蘇の北外輪山。彗星を色々と撮影しながら南側をタイムラプス。

御立岬まで南下した時にアケルナル(エリダヌス座α。熊本南部が北限とWikiに書いてあった)が見えたりするの?と思ったけど、全然ダメ。

で、色々調べてみたら、阿蘇の北外輪山やヒゴタイ公園付近でも見えそう。平地では熊本南部なんだろうけど、山だと熊本北部でもギリ見えるかも?

でも、南中高度が 0.2度だとステラナビゲータに脅された (^o^; ので、真面目に期待はしてなかったんだけど写ってた。やっぱ、日頃の行いがね  \(^o^)/

ってな訳で、アケルナルも写ってるタイムラプス動画がこれ。

 

どこに写ってるか刮目して視聴しなきゃね! ついでにチャンネ(ry

 

Output_comp_1638__1672

SiriusComp を使わせて貰って合成したのがコレ。雲の合間で見えたり隠れたりしてたので、見えてる時だけ選んで合成した(約2500枚から写ってるコマを探したんだよ、午前2時~4時までかけて... )

車のライトの影響があるコマを入れてしまうとアケルナルの像はかき消されてしまう。

え?分からない?ダヨネー

 

Output_comp_1638__1672crop

拡大したのが、コレ。南外輪山の稜線と雲の間で微かにいるでしょ?ちゃんと日周運動してたのでノイズぢゃないの確定。

これでも分かり難いと思ったら、動画を視聴すると丁寧な説明が付いているゾ! ついでに、チャンネ(ry

 

写ってる場所を昼間撮影したものと比較すると

 Capture_00005crop

やっぱり、南外輪山の上。ちょうど同じような場所に雲もあった。

 

 

アケルナルを探した時の様子です。

 

Photo_20191101051601

動画の撮影画角くらい(テキトー)をステラナビゲータで示したのがコレ。星の並びを辿って探してみよう!

 

 

おやすみなさい

 

 

 

 

2019年10月31日 (木)

エイサスエスエヌ彗星_20191030

10/29 は、南下して御立岬に行ったのに、3時間しか撮影出来ず、撮りたい彗星を撮れなかった。残尿感がすっごい事になってしまったので、久しぶりに吉無田高原行ってみた。

途中から、らっぱさんも参戦されて、久しぶりにご尊顔を拝見した(暗くて良く見えないのはいつもの事)。

 

吉無田高原は、駐車場ではなく、その奥の造成地でもなく、例の七福神。以前作ったロケハン動画が↓

 

駐車場は狭くて、車3~4台くらい(8台分くらいの場所はあるけど、機材設営すると2台分使うので無理して4台ってとこ)。

近くの家(貸別荘)は、21時頃から灯りが点いたり消えたり。宿泊客がいる気配はなかったので管理作業だったのかな?番犬がいるようで、一人で静かに漢の背中してる時は気が付かなかったけど、らっぱさん到着で猥談しはじめたら、ワウワウ吠え出した。

 

晴れてはいたんだけど、空が白っぽくて天の川が微かにしか見えない。えりありさんは黄砂を心配してたけど、たぶん、薄雲が出てたんだと思う。21時頃には、雲がシマシマに濃くなりだして 22時前にはガイドがロストし始めたので撤収。また3時間くらいしか撮影できず、マクノート彗星とか撮り残し。またまた残尿感がすっごい事に... orz

 

 

吉無田高原七福神からの南空タイムラプス。御立岬より低空まで見えそうだけど、低空は雲が邪魔してた。絶好のチャンスならアケルナルが写せるかも知れない。

タイムラプスが一瞬まっしろになっちゃうのは、らっぱさん降臨の瞬間。

 

Photo_20191031063701

動画だと分かりやすいけど、山の稜線は、雲よりずっと下。ζGruの南中高度が 4.5° だけど、稜線までは 4.5° くらいは行けそうな感じ。アケルナルは0.5° くらいだと思うけど、ギリで見えて欲しいなぁ~って願望(阿蘇北外輪の方がもっと条件は良さそう。ほぼ水平なのは同じだけど)。問題は低空の雲と空気の透明度だと思う。


289p_20191030

ブランパン彗星
289P/Blanpain, 2019/10/30.4286, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not detected mag<18(SI7) 19:07:26-

こいつが残尿感の元凶。またしても確認できず。周囲の星から18等級以下っぽい(そもそも写せないくらい暗いままなのかな)。

 

C2018n2_20191030

エイサスエスエヌ彗星(アサシン彗星)

C/2018 N2 (ASASSN), 2019/10/30.4490, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.4(SI7) 19:36:50-

 

29p_20191030

シュヴァスマン-ヴァハマン第1彗星
29P/Schwassmann-Wachmann 1, 2019/10/30.4707, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.0(SI7) 20:08:03-

彗星を撮影する練習にはいいかも知れない。比較的明るいし、木星付近を惑星と同じような軌道で回っているので、写しやすい。

 

C2018y1_20191030

岩本彗星

C/2018 Y1 (Iwamoto), 2019/10/30.4921, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=18.0(SI7) 20:38:54-

10/04 には写らなかったけど、今回は写った(と思いたい)。ただ、18等級で、これで終わりだと思う。

 

C2018a3_20191030

アトラス彗星

C/2018 A3 (ATLAS), 2019/10/30.5141, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.0(SI7) 21:10:29-

この彗星も、そろそろ終わり。

 

114p_20191030

ワイスマン-スキッフ彗星

114P/Wiseman-Skiff, 2019/10/30.5319, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.4(SI7) 21:37:43-

年末、もう少し明るくなる予報が出ているので、当面条件よく撮影出来そう。

 


吉無田高原へ行く前に、元職場付近のエミナース温泉に寄った。で、吉無田高原へ移動しようとしたら、阿蘇の噴煙が凄い事になってたので、時間もあるし、俵山へ寄り道してみた。

20191030_160554

モクモクだよ。風向きが悪かったら諦める級。

 

20191030_162549 20191030_162629 20191030_162556 20191030_162455

途中、すのーりん、すのーるんのお墓に行ってみたら、ススキが凄く綺麗だった。私も死んだら、ここに散骨して欲しいと思った。

ススキ撮影のカメラマンが結構居て、女の子が3人くらいキャピキャピ(死語)騒ぎながら撮影してたので、遠くから(しかも逆光で)盗撮した。

 

20191030_163608 20191030_163624

俵山の展望所から中央火口丘と高森方面。ここへ機材運んで撮影したら、北天をバックに噴煙が上がる面白いタイムラプスが撮れそう。

ここへの途中の道は、ススキがキラキラと綺麗だったので、来週くらいにロケハン動画にしても良さそうな感じ。

 

 

2019年10月30日 (水)

アフリカーノ彗星_20191029

星空指数が100で「空一杯の星空を楽しめそうだ!」と言ってる。GPV も、結構良さそう。ただ、山は雲が湧いたり消えたりするっぽい。では、海へ行こう。

 

って事で久しぶりに御立岬行ってきた。この付近なら、GPV、明け方まで快晴が期待できそうな感じ。

 

20191029_180347

夕刻、御立岬温泉センターで、まったりして「星の里広場」へ。細い月があった。

 

20191029_175927

設営したら明るいうちにフラット撮影しておく。これ、基本。

 

20191029_193335

御立岬、下が砂利と草地で、いまいち。三脚の下に防振パッドを敷いて設営。日中は、結構乾燥気味だったのに、夜になると急速に湿度が上昇し、80%超え。

例の銀チョコで鏡筒のお尻にホカロン、斜鏡と接眼部はヒーターで保温して効果を確認しようと思ったんだけど、

 

1. オフアキしちゃうと接眼部が保温し難い... ヒーターが巻けなくなっちゃうので、オフアキ止めてガイドスコープに戻そう。ガイドスコープを温める必要がなくてオフアキいいぢゃん!と思ってたけど、考え浅過ぎ... orz

 

2. GPV は朝まで良さそうな予報だったけど、21:30 頃から雲が湧き始めて、 22:00 には、ダメダメ状態になってしまったので諦めて撤収。片道 1,140円も高速代使ったのにぃぃぃ 

 

つーわけで、撮影したのは5彗星に止まった(しかも、289P/Blanpain はピンボケでリベンジ成らず...orz)。

天気悪くなったら、(ヒマになるから)御立岬ロケハン動画を作っておこう。近くの御立岬温泉センターは、塩分が凄い。海水じゃねーの?みたいなお湯。海が見える露天があって、かなーり気持ち良かったヨ。

 

68p_20191029

クレモラ彗星
68P/Klemola, 2019/10/29.4300, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.3(SI7) 19:09:18-


C2018w2_20191029

アフリカーノ彗星
C/2018 W2 (Africano), 2019/10/29.4554, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.7(SI7) 19:45:43-


101p_20191029

チェルヌイフ彗星
101P/Chernykh, 2019/10/29.5070, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.3(SI7) 20:51:49-


C2018do4_20191029

レモン彗星
C/2018 DO4 (Lemmon), 2019/10/29.5322, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.9(SI7) 21:36:01-


 

御立岬でタイムラプスも撮ってみた。

 

Photo_20191030075601

かなり南なので、アケルナルも行けるかも?と思ってたけど、水俣付近の山が邪魔するようで、もう少し高い場所でないとダメっぽい。阿蘇の方が良さそう。

南は芦北町田浦の光害があったし...

画像の下の△印は南。場所の設定失敗して真南に木があった... orz (周囲に木がある場所は、精度の高いコンパスが必要ですね)

 

で、今夜は吉無田高原あたりに出没しようと思ってるわけです。諸般の事情であんま寝てないけど...

 

 

↑諸般の事情。年寄り爺ィが最近の3Dでグリグリ動くゲームをやったらどうなるのか?やってみた。まぁ、これが反応速度の鈍った高齢者には厳しい訳で、「あああ、逃げなきゃ殴られる」と分かっていながら仁王立ちでフルボッコされちゃうっつー動画な訳です。

 

 

2019年10月28日 (月)

空一杯の星空を楽しめそうだ詐欺

先週から何度か、星空指数が100で「空一杯の星空を楽しめそうだ!」と言うので、GPVはダメダメ予報だったけど、近場の山に行ってみたりした。けど、全然ダメ。空一杯の雲で、いわゆる、ドン曇りって状態に泣かされる。

 

明日の夜も星空指数100。今度こそ晴れて欲しいなぁ~。

 

晴れたら阿蘇の北外輪山の「阿蘇スカイライン展望所」でタイムラプスしてみようかな?... ってのも

Photo_20191028130502

カノープスや

 

Photo_20191028130501

アケルナルが(低空まで奇跡的に晴れていれば)見えるかも知れない時期なので。

 

Photo_20191028130601

春になって、最高の条件が整えば、ガルックスも見えるかも知れない。

 


先日来、気になってたゲームやってみた。カーツペル。基本プレイは無料。

殴る蹴る系のゲームで年寄りには、とても厳しい。反応速度が遅くなってるから... orz

 

 

サーバはアジア、アメリカ、ヨーロッパとあるけど、kemkemは、ヨーロッパ鯖に作ってみた。

今のうちに、kemkemをアジア鯖にも作っておこうと思って課金してキャラ作成してみたら... ヨーロッパ鯖とも同名を許さないのかアジア鯖では使われたのか kemkem 使えず... orz。しょうがないので、紛らわしく kemkemm にする... orz (英字しか使えず、大文字・小文字は使えるけど同じ文字と認識。空白や記号は使えなかった。使うとキャラ作成ボタンが押せない)

 

 

チュートリアルの2話目は最初から最後まで丸々録画してみた。これは、ヨーロッパ鯖で録画した。アジア鯖には、むちむちなお姉さんも作ってある。

 

 

チュートリアル3話目。ジャンプして殴る技を覚えた。

動画編集用パソコンは、(CPUは古い第三世代 i7 だけど)それなりのスペックなので最近のゲームもぬるぬる動くよ。

 

Kartzpel11

ヨーロッパ鯖、誰もいないよ...

Kartzpel12_20191028163301

目が隠れる髪型にして、マフラー付けたら、完全に不審者。出撃するときに、一瞬、口が見える...

Kartzpel14

kemkem はあまりに不審者だったので、kemkemm は目が見えるようにして、かわいいおにいちゃんにしてみた。

 

Kartzpel10

お姉さんキャラの方は、アイテムを貰って装備が増えてるけど、眼帯だのマスクだの怪しさ満載

Kartzpel13

アジア鯖、混雑...

 

※ Nifty 相変わらずコメント不安定&コメント通知メールが来ない状態が継続しているので、頂いたコメントに気がつくのが遅れる場合があります。申し訳ございません。

 

 

 

2019年10月10日 (木)

うさぎとタイムラプス

20191010_104823

北へ30kmくらいの場所にどんぐり村って温泉があって、うさぎが沢山いるらしい。

ので、行ってみた。

 

20191010_115037 20191010_115206 20191010_105106

うじゃうじゃいる。放し飼い。柵もあるけど、ゆるゆるなので、勝手に駐車場とかで寝てたりして、敷いちゃうんぢゃないかとハラハラした。

温泉はぬるぬるしたお湯でアルカリだなと思ったら、 pH9.5くらいだった。施設は古いけど、泉質はいい。うさぎの餌はキャベツが100円で売ってあって、それを持ってると、うじゃうじゃ寄ってくる。うさぎ放題になる。

 

 

 

先日の産山の星空タイムラプスをいじってみた。日周運動強調版。もう少し試行錯誤して、いろいろやってみたら面白い効果が出るかもしれない。

 

 

2019年9月16日 (月)

満月のクロマキー合成

月の撮影って、難しいよね...

月の模様と地上の夜景の組み合わせ。

クロマキー合成したら、誤魔化せるのだろうか?とやってみたけど、それでも難しい...

 

 

ひょっとしたら?と思って、単純な加算合成してみたら、よっぽどうまく誤魔化せてるような...

 

 

より以前の記事一覧