フォト
無料ブログはココログ

タイムラプス

2020年9月22日 (火)

冬の大三角と夜明け

昨夜は曇ると思ってたら晴れてたのでベランダからタイムラプス。

まぁ、晴れてても血尿事件があったので、遠征は控えたと思うけど。

T1 Output_comp1_20200922073801

 

 

 

2020年9月21日 (月)

昨夜、快晴だったので、鞠智城行ってきました

9/20 夕刻は雲に覆われていたけど、20時くらいから晴れてきました。

やっぱ、日頃のおこな... (ry

Dsc_5073

Dsc_5078

とりあえず、タイムラプスだけ処理しました。彗星の画像処理は後でゆっくりやります...

 

 

 

_0920_20200921123901

タイムラプスの最後の方に出てきた上を向けて撮った夏の大三角を64枚コンポジットしてみた。

固定撮影の12mmだと周辺はすごく伸びちゃうんだねぇ...

 

 

2020年9月14日 (月)

有明海に沈むさそり座

Compcrop

 

 

晴れてたので、金峰山。昔はそこそこ暗い場所だったのに、新しく家が出来た(?)ようで、そこがガッツリと明るいので、う~ん...

肉眼で天の川、見えるのは見えるけど、いまいちな写り...

メインカメラが入院してるので、ASI385MCで彗星をいくつか撮影したけど、その処理は時間かかるので後回し。

 

R00121461

22時くらいは快晴だったけど、GPV当たったようで、その後曇ったっぽい。

今夜も夕刻~21時くらいは晴れそうな感じだけど... どうしようかな(とりあえず様子見しよう)

 

M27denoisedenoise

Ngc6781denoisedenoise

彗星はまだ処理してないけど(面倒くさいんだも~ん)、サイズ(画角)比較で撮った M27 と NGC6781。

BLANCA-70EDT(70mm F6 = 420mm) だけど、カメラがASI385MCなので、こんな画角。ヘタしたら彗星、うまく導入出来てないんぢゃね?と心配になるくらい狭い... いつもの 15cm F4ニュートンの半分(面積1/4)くらいしか写ってないよね、タブン。

 

 

2020年9月10日 (木)

謎の光

タイムラプスを撮ろうか?と思って山の方を見てたら、謎の光。

4~5個がゆっくりと降下していたので、慌てて撮影するも、写ったのは最後の1個だけ。

 

 

俵山方面だったので、多分、自衛隊の演習で使った照明弾だろうと思うけど、結構な明るさで(金星より明るいくらい)見えてた。

類似事案がニュースになってるのを見つけた。

熊本で〝謎の発光体〟目撃相次ぐ 正体は…

 

Output_compl1_1280 Output_compl2_1280

 

夜中快晴だったのでタイムラプス

 


Photo_20200910124601

すごく納得のいく値が出てきた。

 

 

 

2020年9月 9日 (水)

半分秋の空になる

最高気温が30℃、最低気温は22~23℃。一時期に比べ、5℃くらい気温下がって、気分は秋(気温は夏だけど)。

そらを見れば、雲も少し穏やかになって秋の雲っぽいけど、入道雲も残ってたので、半分、秋。

でも、夕刻から曇って撮影できないんだよね、ここ最近、ずっと。

 

 

 

 

2020年9月 8日 (火)

タイムラプス用にレンズを追加する

R0012133

まぁ、結論から。広角レンズを買いました。

ってのが、タイムラプスを ASI385MCで撮ってたけど、一眼レフ(ニコン D7000)使ったら、まぁ、ビックリするくらい画質良くて、センサーサイズも全然違うけど、レンズも全然違う訳で、こりゃ、一眼レフもちょっと使おうかな?と。

 

で、タイムラプス試写してみて思ったのは、35mmでは画角狭ッ!って事。オリオン座がぎゅうぎゅうな感じだもんね。

なので、広角レンズを物色して、トキナーのAT-X 124 PRO DX 12-24mm F4をゲット。

星ラプスや雲ラプスメインなので、マニュアルフォーカスの骨董品みたいなのが激安であれば、それでよかったけど、見つからなかったので無駄にオートフォーカス。

 

 

これまで使ってた、35-105mm F3.5 は、たしか、3000円くらいでネットオークションで入手したと思うんだけど、さすがオートフォーカス、そこまで激安ではなかった。

 

Photo_20200903153001

2_20200903153901

2本のレンズで画角比較してみた。

 

202009030549_1capture_00001

これが ASI385MC に4mmレンズの画角。12mmがほぼ同じくらいの範囲っぽい。まぁ、これ比べても分かるけど、Cマウントレンズ、像は甘々なんだよね。ただ、逆に、いい感じに明るい星が太く、フィルター使ったような感じになるので嫌ではなかったんだけどね。

 

さて、問題は、12-24mm F4 レンズ、星がどう写るか?だよね。

 

ついでに、一眼レフのバッテリー充電器も購入。

 

USB給電なので、山でもモバイルバッテリや車(ジムニ、USBある)でも使えるぜぇ

 

 

Dsc_8016_1280 Dsc_8015_1280

台風一過の快晴とまではいかないけど、少し晴れ間があったので試写。

望遠端(24mm)と広角端(12mm)。どちらも十分使えそう。まぁ、12mmはさすがに四隅みにょーんって伸びてるみたいだけど。

 

 

とりあえず、24mmでタイムラプス試写。十分使えそう。

 

_1920denoisedenoise Compcropdenoisedenoise

広角端(12mm)でもタイムラプス試写してみた。

 

 

 

2020年9月 5日 (土)

体重測定_20200905

R0012134

すのーらん 75g。

 

_20200905

安定中。

 

R0012135

 


 

空の雰囲気が、どんどんヤバそうになってきた...

 

 

2020年9月 1日 (火)

イソヒヨドリ餌付けへの道 #2

R0012131

あいつが来るとしたら、早朝だろうと踏んで、薄明の頃からセットしておいた。

中身はレオパブレンドフード(水戻し済)とデザードのぶどう。

6時頃、近所で騒いでたけど、結局、今朝の訪問はなし...

 

ベランダの上の方にエアコン室外機があるので、そこから、お皿をぶら下げておくようなバードフィーダーを自作しちゃうかな?

 

 

Output_compa Output_compb

昨夜(ってか今朝)のタイムラプス。今度は東側から昇ってくるオリオン座を...と思ってたら、ビミョーに位置がアレで、ベテルギウスが入ってないっつ~

で、ガックシ来たけど、昇りつつあったふたご座に変更。金星、明るいね。と、かに座のプレセペも写ってた。

月があるうちは遠くの山がハッキリ見えるけど、月が沈むと暗くなって、その後、薄明になるって、いい感じの流れに(たまたま)なりましたな。

 

 

やっぱ、35mmでは、タイムラプスには狭いなぁ。20mmくらいの広角レンズ、中古でいいから、激安でないかなぁ~

 

 

2020年8月30日 (日)

【星空タイムラプス】沈む夏の星たち

ニコン D7000、センサーを掃除してタイムラプス撮影しようとしたら、月がいた。

 

Dsc_2909_1280

135mmに延ばして。一眼レフで月を撮ったの何年振りだろうか...

 

 

こと座、はくちょう座が沈むタイムラプス。もちょっとこと座を右に寄せたかったけど、左は隣のマンションなので、この位置がギリギリ。で隣のマンションの階段の灯りがゴースト出してますなぁ...

 

月が細くなったら、山で撮影してみようかな、この機材で。

 

64_1280

タイムラプスから64枚コンポジットして炙ってみたけど、やっぱり天の川は見えませんでした... orz

 

午後、雷なり始めたので、撮影しようとタイムラプスをセットしたら、ものすごい夕立に強襲されました...

 

 

 

 

2020年8月29日 (土)

【タイムラプス】一眼レフに完敗するの巻

Output_comp_20200829075101

ASI294MCが結露事件で入院。なので、撮影しようと思ったら、ASI385MCがメインカメラに昇格予定。

ぢゃ、タイムラプスどうしようか?と思って、一眼レフ(ニコン D7000)で撮ってみた。

 

Photo_20200829075101

画角はASI385MCにCマウントレンズが圧倒的に広いけど(赤枠がD7000+35mm)、画質はD7000が圧倒的にいい。それに、すっごく暗い星まで写ってる。ベランダでこんなに写るなら、山で撮ったら、怖い事になりそう...

 

 

ぢゃ、山に一眼レフも持ってってすればいいぢゃん!ってなるかと言えば、ううう~~~ん

山へ彗星撮影に行くときは、現状以上に機材増やしたくないんすよね。ASI385MC+Cマウントレンズなら、ポケットに収まるし、メイン機材で撮影してるパソコンの隅っこで SharpCapを動かしっパで済むのが、魅力。

データも小さいのでタイムラプスもサクサク出来るし...

 

綺麗なタイムラプス撮りたい時は、一眼レフも積む事にしようかなぁ...

 


 

ついでに、雲ラプス。

こっちは、アクションカメラの方が綺麗に(かつ簡単に)撮影できますねぇ...

 

Dsc_2515_1280 Dsc_2516_1280 Dsc_2517_1280 Dsc_2518_1280

撮影しようとしてたら、イソヒヨドリ(♀)がやってきて、「何してはんの?」って感じで、1分くらい観察されちゃいました...

イソヒヨドリ、すごく好奇心強くて、気が付くと、ベランダから、こっちを見てたりするんですよね...

中に誰か入ってるだろ?くらいに、好奇心強いですよ、あいつら。

 

 

 

より以前の記事一覧