オフアキ

2019年4月 6日 (土)

岩本彗星_20190405

先日来、足の浮腫みが酷くて、痛くて座ってられない状況だったので、月曜日の定期通院で相談。とりあえず利尿剤を処方して貰ったけど、心臓も調べておこうってんで金曜日に心エコー検査。

利尿剤は効果があったようで、浮腫みはかなり少なくなった。検査結果は、15日だけど、快晴だし、今年に入ってずっとヒキコモリだったので、撮影に行ってみた。

清和高原って声も聞こえてたけど、久し振りってのは、必ずトラブる。片道2時間で何も撮れませんでした... は、嫌だし、撮影してて具合悪くなって大騒ぎ... も嫌だったので、車で30分かからない金峰山にした。
県道1号線って山越えルートで、途中かなり狭いところもあって、西日本風に表現すると離合困難だったのだけど、ヒキコモリしてる間に工事が終わってたようで快適になってた。

撮影地は、草枕温泉付近。

20190405_184512
こんな感じ。タイムラプスも撮ってみようと思ったので、ココにした。ちなみに、草枕温泉は、露天風呂から、この景色が見える。奥の山は長崎の雲仙。その手前の湖みたいなのが有明海。

20190405_203728
夜になると玉名市方面の灯りが見える。

20190405_200335
久しぶりに BKP200 を据えたら重くてしょーがねーっつー。で、結構風が強くて、ガイドがぐだぐだ。

R0010918
で、やっぱし、想定通りに、トラブル発生。デジタル・ファインダーを自由雲台に接着してたパーツが外れてた... しょうがないので、ファインダーのアルカスイスをBKP200に直結。結果、そんなに問題ありませんでした (^o^; 800mmで助かった。

C2018y1_20190405
岩本彗星
C/2018 Y1 (Iwamoto), 2019/04/05.4846, 16*180s, 20cm F4 Newtonian , ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping, mag=15.0(SI7)
拡散像なので、かなり暗い値になっちゃったけど、そこそこ彗星っぽい。

Ngc3184
NGC3184, 2019/04/05.5296, 16*180s, 20cm F4 Newtonian , ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping
春の銀河祭り開催~♪  800mm だし、1時間くらいなので、地味になっちゃったけど、そこそこ大きいようなので、1600mmで4時間くらい露出したら綺麗になりそうな予感。

Ngc3184_2crop
1/2 crop でディテール見ると、結構ゴチャゴチャしてて面白そうな銀河だった。

 

 

最初の写真の場所をタイムラプス。冬の天の川写らないかな?と思ったけど、光害もあるし、5秒露出では厳しかったみたい... 20:00~23:00くらいまで。
晴れてたから、撮影出来たけど、結露が始まって、雲が湧きそうな気配だったので撤収して、帰り付いたのが23:30頃って健全な撮影でした。

2018年12月 4日 (火)

これは何ですか?

R0010807
これは何ですか?

ホントに分からないよね...

R0010809
笠井トレーディングの T2マイクロ・アジャスター。箱には 2"-M42 locking rings と書いてあった。M42♂-M42♀ なんだけど、リングが入ってて、止めたいところで、リングを締めて固定できるって延長筒。
これをオフアキのガイド側 M42 5mm 延長筒の代わりに使用って魂胆。プリズムの付いた棒を入れたり出したりして調整するのは、かなり神経病むので、カメラは回転しちゃうけど、コレを使えば、構成によって、どの位置にすればいいかが分かりやすくなるんぢゃね?って期待。
カメラを1回転させれば(M42*0.75だから)0.75mmピント位置が移動する。

カメラが回転するので、USBケーブルが捻じれちゃう。ので、この調整時だけは、撮影側・ガイド側を束ねた ケーブル群ではなく、単体の USB A-B ケーブルを使って、SharpCapで見ながら調整する予定。調整終わったら、ケーブルつなぎ直して、PHD2を起動する。

R0010810
ガイドカメラまでの距離を最短にした時(プリズム棒が少し出た状態で合焦してたので、そこは全部入れ状態にした)。

R0010811
ガイドカメラまでの距離を最長にした時。ネジが6回転だから、4.5mm伸ばした事になる。

実際にやってた感覚としては、最短から1~2周回したくらいで合焦すると思う。主鏡筒を変えてもピント位置が変わらなきゃ嬉しいけど、補正レンズの影響かコマコレとフラットナでは、1mmくらいピント位置が違ってるような感じだった。