フォト
無料ブログはココログ

天体写真

2021年2月25日 (木)

月が大きいので、Hα使ってみた

Ic434denoiseailowlight Ngc1491denoiseailowlight

月が大きいし、黄砂でモヤモヤだし、風強いし、先週の膀胱内視鏡跡がまだヒリヒリするし、何もいい事ないんだけど、経験値稼ぎにベランダでゴソゴソ。

普通にゴソッても面白くないので、今回のお品書き。

・SVBONYのHαフィルターはどうなのよ?

・以前から死蔵してるACもでるバッテリー使ってみる

 

 

で、結果が最初の写真なんだけど、馬頭星雲は300秒一枚。モノクロにしたのは、NGC1491っての。初見だし、何なのか知らない。16*300秒。

 

・SVBONYのHαフィルターは普通に使えます。コスパ最高です。

 

銀河を普通に撮ったのに、これで撮ったのを赤に混ぜてドーピングしてやろうって魂胆なワケです。

 

 

バッテリーは、↓で

 

このACアダプタで19VにしてPCに給電してみたんだけど、結果は残念。1時間くらいしか持ちませんでした。

 

 

山で使うPC用のバッテリーは、これを使ってるけど、これなら6時間くらい持つんだよね。

 

 

 

経験値稼ぎしてる動画も作っちゃったよ。Hαフィルター使うと、撮影中の画面が真っ赤なんだよね。

 

Ngc1491cdenoiseailowlight1

NGC1491をモノクロ化しないと、こんな感じ。結局、フィルターでゴッソリ削ってるので単色。

 

 

 

 

2021年2月24日 (水)

デジタルファインダーのレンズを変えてみる #4

デジタルファインダーにフードを付ける件、微妙に合わなくて、「3Dプリンターとかあればうまくできるのかなぁ?」とか思ったけど(光造形って面白そう)、3Dプリンター沼にハマる訳にも行かず、無理やりやってみた。

 

R0012542

ほら、ちょっとカッコいい。

 

R0012543

レンズにベターとパーマセルが貼ってあるのは、ピント位置固定用。Cマウントレンズ、ピント位置固定用にネジが付いてる事多いのだけど、これは付いてないので、パーマセルで固定してある。

 

R0012544

内側もグルッとパーマセル張ってピッタリ感を出してある。しばらく、これで運用してみよう。

 

 

 

使ってるレンズは、Amazonでは在庫切れだった。

と思ったら

 

4/3 や Canonなどへの変換アダプタ込みで販売中みたい。で、レビューに有益な情報発見。

「因みにフィルター径は35mmです。
35mm径のフードってあまり探しても無いので、35mm→37mmのステップアップリングを付けて、それに37mmのフードを付けています。」

やっぱ、同じような事をやってる人いた。


「ただ全体のコンパクトさを損なうのも嫌なのと、上記した通りフードをつけてもそこまでフレアの発生を抑えれないので、もうフードはいらないんじゃないかと思う今日このごろです。」

 

デスヨネー。どうするかな... 35mm→37mmのステップアップリング買ってみてもいいけど、このままでもいいような気もする。

 

 

 

 

 

2021年2月23日 (火)

デジタルファインダーのレンズを変えてみる #3

R0012538

久しぶりに、「これは何ですか?」臭がプンプンする怪しさ満点チャイナ・ポスト。

 

R0012539

中身は、コレで、

 

37mm のフードと、34-37mmのステップアップリング。

 

R0012541

25mmのCマウントレンズは、この40.5mmフードがピッタリだったのだけど、35mmCマウントレンズは、フードがないので、これを使おうって魂胆。

 

R0012540

どうよ?このピッタリ感...

 

実は、コレ、ダメです(吉〇製作所風味)。微妙に合わない。サイズ的にピッタリと思ってたけど、0.5mm違うっぽい。

けど、そんな微妙サイズのステップアップリングなんか存在しないので、パーマセルテープで張り付けるしか無さそう。そこまでしてフード付ける理由もないので、諦める... (そもそもがカッコ良くなるかも?くらいでやっただけなので)

 

あ、そういえば、使ってない50mmCマウントレンズにはいいかも?

 

と思って試してみたら、今度は、レンズ側が0.5mmくらい大きいようで入らない... (-_-; 

Cマウントレンズってホント、博打の世界だよ...

 

 

 

2021年2月21日 (日)

デジタルファインダーのレンズを変えてみる #2

デジタルファインダーのレンズを25mmから35mmに変えてみて、良さそうな感じなんだけど、「ぢゃ、50mmは?」って意見があったので、比較してみる。

 

3_20210220142201

まぁ、狭くなりまして...

 

Photo_20210220142301

Sharpcapで極軸合わせする時の感じが、25mm, 35mm でこうなので、画角がら類推すると、結構ギリギリ感は出るけど、使えなくはないかな?って感じ。ただ、ファインダーとしての使用を考えると、結構厳しい気もする。

 

Capture_00002_20210220142601

Capture_00002_20210220142602

風景だと、こんな感じ。上が25mm、下が50mm。

 

R0012536

風景撮ってみて分かったのが、このレンズ、無限遠が出ない。レンズとカメラの間に、C-CSマウント変換アダプタを使う事が多いのだけど、それは厚さが5mm。ところが、このレンズ、1~2mmくらいで無限遠が出て、5mmだと入れても抜いても無限遠が出ない。1mm厚のシムを噛ませば良いけれど、それはそれでどうよ?って気もする。

 

↑これが変換アダプタ。5mm厚のシムリングって事。

 

シャープで良さそうなレンズだけど、やっぱり死蔵しそう。

 

 

 

2021年2月19日 (金)

久しぶりに天体写真撮ってみた

このご時世、風邪をひくと面倒な事になりそうだったので、撮影は自粛モードだったのだけど、そろそろ暖かくなりそうで、虫達も蟄居から出てくるような気がしたので、ベランダでリハビリ。

 

半月も居たし、ベランダで1時間だけなので、結果はトホホだったけど、撮影手順はカラダが覚えてたようなので、ヨシとしよう。

Ngc2403rt90 Ngc2403rtdenoiseaidenoisecrop

NGC2403, 64*60sec. ASI533MCP(Gain=360, Bin=1, Temp=0)

なんかモノクロだなぁ...

 

 

で、リハビリしてる様子を動画にしてみた。ほぼ備忘録なんだけど。

デジタルファインダーで使ってるレンズ、25mmを35mmに変更してみたら、極軸合わせは楽になったし、赤道儀アライメントでも不都合は無さそうなので、35mmで使う事にしよう。50mmだと、やっぱ、ちょっと狭そうな気がする。

 

Si9

SI9 の自動処理に全部放り込んでポンでやってみた。結果うまくコンポジットしてくれたんだけど、途中何やってるか謎で逆に不安になっちゃったっつ~。

 

 

 

デジタルファインダーのレンズを変えてみる

R0011762_20210219133201

R0012533

この姿で安定してるデジタルファインダーだけど、使ってるレンズがCマウントの25mm F.13 なのだけど、これを35mmに変えてみようかと思った。35mm余ってたので。

 

 

25mmのF1.3ってのが激しいけど、これも、F1.7なので、まぁ、明るいレンズだよね。デジタルファインダーはQHY5L-IIにCマウントレンズを付けてあるだけなんだけど、主鏡との位置合わせを楽にするために微動雲台を付けてある。

主鏡が1個なら無くてもいいと思うけど、3本(420mm, 600mm,1600mm)で使うので、位置の微調整が必要なので、微動雲台付けてある。

 

Capture_00002_20210219133001

25mmで景色撮ってみた。

 

Capture_00002_20210219133002

35mmに変えると画角はこのくらい。ちょっと狭くなるけど、ファインダーとして使えないほど狭くもないだろう。

 

2_20210219135301

QHY5L-II を使った時の画角比較。晴れたら、これで試してみよう。Cマウントの50mmレンズも余ってるけど、50mmだとさすがに狭すぎかな...

 

 

2021年2月14日 (日)

デジタルファインダーはオートガイダーの夢を見るか?

R0012527

右側は、デジタルファインダーで、QHY5L-IIに 25mmCマウントレンズを付けてある。

中央は、ガイドスコープで、ASI120MMに 120mm(30mmF4)のガイドスコープを使っている。

で、問題は左側だよね。

 

R0012526

ASI385MCに Cマウントの 12.5-75mm F1.8 ズームを付けてみた。このレンズは以前ネットオークションで落札してデジタルファインダーで使ってみたけど、重かったので今は使っていないモノ。

 

これ、ズームだから、広角端ならデジタルファインダー、望遠端ならガイドスコープとして使えるかも知れない。主鏡に2つの小物を積むのと、1つで済むのはどっちがいいかな?って事で、どのくらいの画角なのか確認してみた。

 

Capture_00001_20210214163101

望遠端(75mm)

 

Capture_00001_20210214163201

広角端(12.5mmでは合焦しなかったので20mmくらい)

 

Capture_00002_20210214163301

デジタルファインダー

 

Capture_00001_20210214163401

ガイドスコープ

 

 

Photo_20210214165001

デジタルファインダーに対して、20mmくらいでは、かなり広角なので、もう少し長く30mmくらいにすれば使えそうな感じ。

 

Photo_20210214165101

ガイドスコープに対して、75mmでは、かなり広角で、ガイドスコープとして使うのは厳しいかな?ただ、カメラがASI385MCなので、ASI120MMにすれば半分くらいになるかな?

ASI385MC=7.3x4.1mm, ASI120MM=4.8x3.6mm

だしね。こんなモンかな?サイズで赤枠入れてみた。

 

 

まぁ、そもそもが Cマウントのズームレンズって入手性も悪いし、わざわざ買ってまでやるような事ではないんだけどね。ズームレンズ余ってたの思い出したのでやってみたけど、やっぱ、いまいち感ある。

ネットオークションで手頃なレンズが安価で出てたら、面白いかも知れない。像は悪そうな気もするけど (^o^;

 

 

 

山でちょうどよいコインが無かったりするとアレなので買ってみた

カメラネジって、取っ手が付いてたりするけど、手で閉めたのでは弱くて撮影中にジワーッと動く事がある。

500円玉を使って閉めるのが良いのだけれど、山で500円玉が無い場合に困りそうなので、買ってみた(100円玉ならいいのけど、ちょっと小さい。10円玉だと硬貨の方が柔らかくて傷ついたりする)。

 

 

コイン代わり、+ドライバ、-ドライバの代わりになると書いてある。ドライバは車に積みっぱにしているから、これを使う事はないと思うけど、ちょっとした時にはいいかも知れない。

AdvancedVXのネジ、あちこち緩みやすいしね。

 

R0012523 R0012524

こうやって使うらしい。厚みは500円玉よりやや薄いかな?程度。ほぼ同じくらい。

 

R0012525

鍵の束に一緒にしておいた。

細い棒状のものは+、-の精密ドライバになる。丸っぽいカプセル状のものは、中に鎮痛剤が入れてある。

 

 

鎮痛剤は、山で突然、結石が傷んだ時、自宅まで我慢できる用。数年前ナナフシ事件の時、胆管結石で死にそうになりながら帰った経験もあるので、お守り。

 

 

 

 

2021年2月12日 (金)

Topaz やっぱ、すげぇ

Topaz DenoiseAI はすげぇけど、Video Enhance AI もすげぇ。イヨヒヨ動画、薄暗い時に撮影してるので、これ使ったら、つるつるになりそうだ。

 

惑星を撮影した動画をこれとウェーブレットとかを組み合わせて処理したら、もっとすごい事になったりしちゃうのかなぁ?

星空タイムラプスも、結構ザラザラだったりするので、こいつでヌルヌルにしちゃいたいと思ったけど、ちょっとお高いんだよね...

 

 

これ、もちょっとで、あの手のビデオのモザイクだって復元しちゃうんぢゃね~の?と思うくらいすげぇなぁ~。

 

01_44_23_g4_ap2296

Before

 

01_44_23_g4_ap2296denoiseailowlight_rt

After

 

Photo_20210212171001

数年前に撮影した木星をDeNoiseAIの Low Light で処理してみた。最近、 Low Light でばかり処理してる。主にイソヒヨお嬢だけど。

 

 

 

 

2021年2月11日 (木)

晴れてたのでベランダで広角レンズしてみた #3

タイトルは広角だけど実は望遠の続き。絞りが手動で調整できる望遠ズームは星が三角になるっつ~トホホさだったので見なかった事にして、次は70-300mmズームを試してみる。

 

これ。2013年の2月に買ってたらしいので、10年近く前のものだけど、中古で、10,000円くらいで入手できる。絞りが手動で調整できないので、ASIカメラで使う際は、開放で固定するか絞り調整できるアダプタを介す必要がある。

 

こんなの。詳しくは前の記事を参照してね。

 

 

今日は夕刻曇ってたので撮影諦めたけど、夜中、深夜徘徊行ったら、星が見えてたので、狭いベランダにナノトラッカー置いて撮ってみた。

 

L_20210211_015400_bin1x1_30s__9c_g360_90

結果がコレ。30秒の1枚。70mmで。

 

Photo_20210211034101

ASI533でクロップしてるけど、四隅で、この像だよ。このレンズが1万円で買えるって、ちょっと良くない?

 

M8190

40*30sec をコンポジットしてみた。ナノトラッカー、追尾精度はアレなので(極軸もテキトーだったけどさ)、左側はパン耳((c)

にゃあさん)が出てる。右上のぼんやりしてるのはM81, M82。

 

ホントは90枚くらい撮影したんだけど、雲が流れてたのと、ナノトラッカーなので歩留まり悪くて40枚しか使えなかった。

 

Photo_20210211034501

60, 120sec.も試してみたけど、70mmだと30秒が限界な感じ。

 

つー訳でナノトラッカーで1時間とか撮影するのは至難の業になりそうなので、素直にAVXに積んでリベンジしてみようかな?と思う像は得られた。

このレンズで70mmや200mmくらいで撮ってみると面白そう。マルカリアンチェーンとか撮った事ないんすよ。400mm以上しか持ってなかったので。

 

 

Photo_20210211160301

写ってるのは、↑な部分

 

 

 

より以前の記事一覧