天体写真

2019年6月16日 (日)

新型ジムニーへの道

2年くらい前にジムニー(中古)買った

阿蘇方面とか近所の金峰山とか走ってみたら、これが予想以上に面白かった。天体関連機材も積みやすいし下しやすいので、山で撮影するのにも重宝してる。

今乗ってるのが、2011の車で、8万キロくらい走ってる。とりあえず、今のところ、問題ある訳ではないけど、リーマン卒業記念に買い替えちゃおうか?新型ジムニーに!と思った。

新型ジムニー1年くらい前に出たけど、その時聞いた話だと、納車は1年待ち。すっげぇな~ジムニー大人気だなぁ~と思った。

 

で、スズキの販売店行ってみた。

今のジムニーはトヨタ系の中古車店で買ったけど、自宅から約10kmで、30分くらい。結構ガチャガチャしてる3号線沿いなので、地味に面倒。スズキの店は約4km。10分で着くので、店に行くのが面倒でなくなるな~とは思った(東方向だろうと思ってたけど、GoogleMapしたら、ほぼ北だった)。

で、色々とゴソゴソやって、速攻契約。納車は8月らしい。

R0011001crop

納車は8月... 1年と2ヵ月待ち...  納車までの紆余曲折をブログネタにしようと思って、「ジムニー」カテゴリー作った... 全然納期縮まってないしぃ~、むしろ伸びてるしぃ~。

 

試乗車などを中古車屋で買うって手もあるようなで調べてみたら、プレミア価格で、新車よりずっと高いっつ~、なんだそれ状態。走行85kmで新車より100万高いってのもありました(ジムニーなのにATだらけで、そもそもMTがほとんどない)。

2019年6月10日 (月)

蚊に刺されると痒いから

Mushiyoke

特に画像は無かったので、便利ないらすと屋から持ってきた。

ベランダは光害がヒドいので、山で撮影したい。けど、この季節、山は虫だらけ。特に蚊やナナフシは大嫌いだ。

で、これまでは、電池式の蚊取線香使ってた。

 

この手の商品、よく調べないと、実はユスリカにしか効果なかったりする。ユスリカは刺さないので、意味がないっつ~トンデモ商品が蔓延してる。

数年前に、大量に刺された「耳無し芳一」事件以来、上の「防除用医薬部外品」を車内に設置してたら、まったく刺されなくなった。けど、電池式でかさばって面倒だな... って思ってた。

で、見つけたよ

 

これ、電池も要らないし、ワンプッシュで一晩効きそう。すげぇ。まだ使ってないので分からないけど、刺激臭しそう。

山のトイレとか虫が寄ってくる傾向にあるので、設営したら、すぐワンプッシュしておけば、虫の襲撃に恐れながら用を足さなくても済みそうだ。

 

屋外用の蚊取り線香も使った事あるけど、煙たい割には効果はいまいちかな?って感じだった。それに火を使うのも、ちょっと気がひけるしね。

R0010993

サイズ比較。電池式蚊取に比べてワンプッシュ式は、かなり小さくて便利そうだ。もちろん自分自身には、虫よけスプレーも必要だし、蚊より怖い ハチやナナフシ対策で殺虫剤スプレーも準備してる。

 

買っておいてアレだけど、何がリッチなんだ?と思ったら、マダニにも効くって付加価値があるらしい。

撮影機材ではないけど、撮影に必要な機材ってコトで、「撮影機材」カテゴリにしちゃう。

で、明日は久しぶりに汐留だぁ

2019年6月 9日 (日)

こぐま座

夜中、晴れてたので、タイムラプス。8mm CSマウントレンズ + ASI385MC, Exp=2sec, 2019/06/09 2:00-3:30 

Photo_13

どこが「こぐま座」なのか分かり難かったので... 人工衛星と思うけど、うじゃうじゃ飛びまくってますねぇ

 

2019年6月 5日 (水)

タイムラプスのテスト

昨夜、雷雨でBSは映らないし、ウルサイし... って感じだったけど、明け方目覚めたら晴れてた。

ので、急遽タイムラプスのテスト。8mm CSレンズを ASI385MC で使った時の画角確認と星像確認。

 

ザックリと北斗七星の倍くらいは入りそうだし、2.5mmみたいに、激しく湾曲してる訳でもなくいい感じ。

 

このレンズも激安だけど、そこそこ使えそう。

2019年5月25日 (土)

アトラス彗星_20190524

最近晴天が続いてるので、夜中に半月が昇るまで、久し振りに部活。今回は風向きが良いので吉無田高原でリベンジ。

20190524_190512
最近、晴天が続いてるので低空は濁っててモヤモヤ。日没の太陽が山の前にモヤモヤで消えちゃう。
いつもの駐車場ではなくて(金属の柵で入れなくなってたので、イリュージョンするのは止めて)、横の空き地に設営。自販機の灯りが届かないし、こっちの方が開けてるので良いかも)。

20190524_193513
日没くらいに設営完了。


20190524_192003
BKP200(20cm F4 ニュートン)を ASI294MCPで撮影。ガイドは、ASI120MMを使ってオフアキ。

20時くらいに北極星付近が見えてきて極軸合わせてたら、らっぱさん到着。続いて、えりありさんも到着。

60p_20190524
60P/Tsuchinshan 2, 2019/05/24.5121, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=18.3(SI7)

らっぱさんと「明るい彗星居ない」と、ボヤきながら撮影開始。紫金山彗星を撮影してたからではないと思うけど、FMで中国語がガンガン聞こえる。きっと強い eスポが出てたんだと思う。光化学スモッグも出てたらしいし。

C2017m4_20190524
C/2017 M4 (ATLAS), 2019/05/24.5490, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.0(SI7)

このアトラス彗星が13等級くらいの予想で、もっとも明るい級。低空の空気濁ってて大丈夫かな?と思ったけど、明るかったのでなんとか...

68p_20190524
68P/Klemola, 2019/05/24.5891, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.1(SI7)


C2019f1_20190524
C/2019 F1 (ATLAS-Africano), 2019/05/24.6149, 3*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=?

アトラス・アフリカーノ彗星は、2021年に13等級になる予想だけど、まだ17等級くらい。厳しいなぁ~と思いつつ無理矢理撮影してたら、ガイド失敗して3枚しか使えずトホホ。写ってるのか写ってないのか... ノイズっぽいけど、微かにあるようなないような... 心眼級 (^o^;

C2019f1_20190524_
DSS画像と比較してみた(http://stdatu.stsci.edu/cgi-bin/dss_form ) 画像をクリックして拡大しないと何だか分かりません
コンポジット枚数が少ないのでノイズと区別できないけど、これが彗星だったら、18.5等級くらいかな... 


東から半月が昇ってきたので試合終了。それまで見えてた天の川が月が出ると、途端に見えなくなる。

撮影中、暴走族のバイクが7~8台往復。ぶんぶんぶぶぶんとウルサイなぁ~とキツネやタヌキが迷惑してたと思う。つか、あれ何したいんだろう。騒音撒きながら走りたいけど、「街中だと迷惑だから山でやろうぜッ」って中途半端に善良な暴走族なのか、キツネやタヌキが暴走族に化けて活動してるのか...


画像処理してたら、ダークがうまく引けない。アンプグロー見えちゃう... んんん?何が起きてる?と思ったら、ASI294MCを Gain=300で撮影してた。ダークはGain=390で作ってるので合わなかったって事らしい。

惑星状星雲祭りとか訳のわからない事を言いながら、ASI385MCをGain=300でAPT使って撮影したまま変更忘れてた... トホホ。しょうがないので朝からダーク撮り直し(昨夜はガイド失敗してたので慌ててフラット撮影忘れてたし...トホホホホ)

2019年5月24日 (金)

惑星状星雲&惑星祭り

晴れてたので、惑星状星雲&惑星祭り開催。

M97
M97, 2019/05/23.5364, 32*120s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

Ngc4361_1
NGC4361, 2019/05/23.5991, 32*120s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

M5
M5, 2019/05/23.6687, 64*30s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

惑星状星雲、淡いものはベランダでは無理だったので、急遽、久し振りの球状星団。
ASI385MC を GS-200RC で使うと、ASI294MCP より、かなり大きく写るので、Crop しなくても良さそう。
問題は、導入の難しさ。昨夜は、3スターアライメントでどれも視野内には自動導入できたので良かったけど、見つからないと難儀しそう。
ここで、役にたつのが、オフアキの代わりにガイドに使った 240mm + ASI120MM。いつも使ってる 25mm + QHY5 に比べ格段に高精度のファインダーとして使える。PHD2の画面を見ながら位置補正すればいい(惑星はそうやって導入した)。

もちろん、セッティングの時、主鏡とファインダの位置合わせは入念に行う必要があるけどね。アライメントは25mmのデジタルファインダーで済ませる。

 

01_55_23_g4_ap4
木星。GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1) に x2 PowerMate を使用。
1024*768 に ROI。Exp=0.02s * 3000 Capture(SER) , 30% comp(AS!2) -> Regstax6

01_59_32_g4_ap4
木星。GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1) に x2 PowerMate と x2 TELEPLUSを使用。
1024*768 に ROI。Exp=0.03s * 3000 Capture(SER) , 30% comp(AS!2) -> Regstax6

 

As2_cap2
比較的状態は良い方だったみたいだけど、ガリレオ衛星見つからず(何故?)、ピントは木星で合わせたので微妙。


As2_rgs_cap

 

 
撮影した SER の1000枚分を AVI 変換してみた。 

2019年5月23日 (木)

春の銀河祭りの終わり

昼間、30℃を超える。真夏日。ってな訳で「春の銀河祭り」は終焉を迎え、次は「惑星状星雲&惑星祭り」に移行したい。

ので、準備した。

R0010967
でで~んと店開き。240mmのファインダーとフラットナ、x2のPowerMate、x2のTELEPLUS。カメラはASI385MC。

R0010978
惑星にオフアキしようがないので、240mmガイドスコープにした。惑星撮影時にオートガイドは要らないけど、もたもたしてると、ジワジワ逃げちゃうので、ガイドしておこうかな?ってくらいの感じ。

R0010982
フラットナだと、ここで無限遠。フラットナとカメラはニコン・マウントをインタフェースにしてある。

R0010971
パワーメイトを使って 3200mm は、これで無限遠。

R0010976
さらに x2 TELEPLUS で 6400mm。TELEPLUSは優秀でピント位置はほとんど動かない。

これで、数キロ先のテレビ局のアンテナを狙ってみる。

R0010974
分かり難いけど、ちっちゃくアンテナ見えてる。

R0010973
ちょっと望遠で寄ってみた。

R0010972
コンデジの最大望遠で寄ってみた。

Asi120mm
240mmファインダーに ASI120MMだと、このくらいに見える。

Photo_12
GS-200RC を使って、1600mm, 3200mm, 6400mm で動画撮って、スタックした画像と、テキトーにウェーブレットしたものを比較してみた。惑星は、6400mmにして撮影する。50枚くらいしか撮影してないので、ウェーブレットの効果は... だけど、こんな感じ。ホントは1000枚くらいは撮影して、25%くらいを採用したい。

その時、何が嫌って、大気による揺らぎ。ピントが全然分からない。どんな感じか動画にしてみた。

 

困った事に、ベランダ撮影だと下を通る車の振動も拾っちゃう。

 
気休めに、こんなものを使ったりしてる。気休め程度の効果はあるみたい。

2019年5月16日 (木)

続々・撮影ポイントを探す

撮影ポイント候補を探してみた。基準は吉無田高原。

_sqm_3   
吉無田高原近くだと、ケニーロード途中の東屋ポイント(車数台の駐車場のみ。トイレ等無し)も、結構暗そう(自販機ないしね)

先日ロケハンしたアスペクタが草千里と同じくらい。トイレ・自販機もある。

清和高原級だと丸山公園(トイレのみ)、そよ風パーク(トイレ・自販機)、穴場は蘇陽高校跡か?!(どうにかして県教委と話つけちゃう?遠いけど)

2019年5月14日 (火)

続・撮影ポイントを探す

天リフに、例の光害マップ( Light pollution map) は、ATLAS を使って SQM を見るのが正しいって「訂正と補足」があった。ほぉほぉ。そうなのか。

Lpm
前回は、右のウィンドウでVIIRS2019 を使ったけど、ATLAS2015を使うのが正しいって事らしい。これだとクリックするとSQMが表示されますねぇ

_sqm
つー訳で、前回のマップを再測定。 SQMが 21.5 位だと、そーとーに暗いって事っぽい。20.5 くらいだと、それなりに暗いけど、20以下だとトホホって感じだろうか。

SQMだと、産山、ヒゴタイ、清和、五ヶ瀬が 21.8くらいで、一番暗そう。続くのが丸山公園、御立岬、吉無田の21.5くらいの場所って事で、体感と一致しますね、確かに。

2019年5月13日 (月)

ほぎほぎ神社

南阿蘇の宝来宝来神社(ほぎほぎ)に行ってみた。噂では色んな意味で怪しいスポットらしい。
で、今は降灰が怖いけど、撮影スポットのロケハンも兼ねてね。

例の Light pollution map だと、ほぎほぎ付近は 0.6 くらい。結構いいかもね。

20190512_110044 
山の中に、突如現れる。

20190512_110040 20190512_110047 20190512_110053 20190512_110058 20190512_110205
突如、ドドンと太鼓が鳴って、何か祝詞的なコトが始まるけど、割りと普通。ムー的な怪しさは無い。

20190512_110248
パワーストーンが販売されてて、コレが一番ムー的だったかも知れない。
注目すべきは、「お代は代金箱へお納めください」って掲示されてた事。コレ無人販売らしい。

20190512_110017
トイレは手動水洗(横のホースを持って蛇口を捻って水を出して自ら流す)

20190512_110023
撮影ポイントに使えそうな気もしてた。周囲が森なので、強風の日でも撮影できそう。でも、深夜に祈願祭やるらしい。

まぁ、怖い雰囲気はないけど、怪しさは満載。神社と言うよりテーマパーク的な雰囲気すらあった。

より以前の記事一覧