フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2021年2月 9日 (火)

ビーナスベルトとカノープス

Output_compdenoiseailowlightcrop

日没頃、東の空がピンクっぽくなるのは知ってたけど、ビーナスベルト(Belt of Vinus)って呼ばれているらしい。

良く晴れた日しか見えないので、タイムラプスしてみた。

 

 

 

 

Output_compdenoiseaidenoisecrop

で、低空まで澄んでたので、ついでにカノープスもタイムラプスしてみた。広角で撮るとカノープスが微かに写るくらいなんだけど、50mmで撮ったら、カノープスより低空に暗い星がいくつか写ってて、一番下は、かじき座αの3.5等星らしい。

短めの望遠で撮ったら、もっと暗い星も写るのかも知れない。

Photo_20201015071501_20210209080201

おおいぬ座も一緒に入れたくなるけど、広角で撮ると暗い星は写らないんだよね。

 

 

50mmだと熊本城もハッキリ分かるね。

 

2021年1月14日 (木)

RE*8: 蘇傳寺温泉

Dsc_0283

蘇傳寺温泉は帰りに柚子で食べるチャンポンも楽しみなのだけど

 

 

冬場は、薪ストーブがあって、これがいい雰囲気を作ってるんだよね。

 

 

 

 

 

2020年12月28日 (月)

RE*7: 蘇傳寺温泉

蘇傳寺温泉、年末年始は無休らしい。温泉、休みのところが結構あるので、どうしようかなぁ?と思ってたけど、ココが開いてるなら安心(?)だ。

 

Dsc_0277 Dsc_0280

蘇傳寺温泉の近くの畑はタイムラプスに良さそうな景色だ。

 

 

新PC、セットアップも終わって動画編集もサクサクだし、すごく静かなので、満足。旧PC、置いておくのもぢゃまでしょうがないのでハードオフに持っていったら、思ってたより、ずっと高く買い取ってくれたよ。

 

 

2020年12月21日 (月)

RE*6: 蘇傳寺温泉

Dsc_0271

久しぶりに蘇傳寺温泉行ってきた。入口に薪ストーブ。

 

温泉に柚子が浮かんでた。冬至だねぇ。

 

Dsc_0273

柚子つながりで、ちゃんぽん。

 

Dsc_0272

夏はしょっぱかったけど、今はちょうどいい。スープ飲める。

今まで気が付かなかったのか、最近追加されたのかイカが入ってた。

ほぼ完ぺきなちゃんぽんになった。

ちゃんぽんレベルは最高評価にしよう ★★★★★


 

2020年12月11日 (金)

隈部氏館跡(ロケ詳細)

Dsc_0259 Dsc_0260

鞠智城から、北へ車で15分くらいの場所にある「隈部氏館跡」で撮影してみた。

 

Map_20201210100401

 

Dsc_0257 Dsc_0256

城跡って感じ。

 

Dsc_0261

神社があったので、「今夜撮影させてください」って、お願いした。

 

Dsc_0262 Dsc_0263 Dsc_0264 Dsc_0265

周囲は山で、かなり暗い。タイムラプス撮ってきたので暗さは確認できると思う。

駐車場は10台分くらいあるけど、北側に木があって北極星が見える場所は奥か手前に限定されてるんぢゃないかな...

北と東は30度くらいまでは見えない。南と西は開けてるけど、南は熊本市の光害で低空はダメ。

暗い場所だけど、撮影できる範囲はそこそこ絞られる。まぁ、30度より上なら、どっちも撮れると思うけど、そこそこ木が生えてるので邪魔される可能性あり。

 

 

2020_12_09_18_12_08

タイムラプスのネタ。まだ薄明のうちから撮り始めた。

 

Photo_20201210101001

ストリートビューだと自販機があったので、飲み物は暖かいのを買えばいいやと思って、ちょっとしか持って行かなかったら、撤去されてた...

飲み物ないので、22時ころ撤収した。自販機の上に街灯もあるけど、これは消灯してた。

 

この道は、ほとんど車通らないようで、タイムラプス中、真っ暗。途中、ヘッドライト付けたおっさんがトイレに来た。たぶん、このストリートビューに写ってる倉庫的なところから来たのではないか?と思う。

なんとなくだけど、駐車場に止まってる車があって不審者がいるので確認しにきたら、なんか撮影してるっぽいので放置... ってな感じだったのではないか?と思う。

夜、人が来るような場所ではなくて、完全に動物のホーム。ソロ活動してるとアウェイ感がハンパない。

 

 

 

 

 

2020年12月10日 (木)

隈部氏館跡

前回、鞠智城でオリオン座が昇ってくる方向を撮ってたら車のライトが入り込んで厳しかったので、約10kmほど、山奥の隈部氏館跡で撮影してみました。

 

 

ここは、東側はとても暗い場所でした。東側は、竜門ダムで、その25km先は南小国町、さらにヒゴタイ公園方向なので、光害はほぼありません。

北は福岡市、久留米市の光が少しありますが暗いです。西側も暗いのですが、南は熊本市なので、吉無田高原と同じように45度くらいまでは全然ダメです。

 

New1_1280 Output_comp_1280_20201210033201

トイレは綺麗です。ストリートビューでは自販機がありそうでしたが、実際にはありませんでした。

近くに民家はありません。横の道は車はまったく通りませんでした。

 

 

 

2020年12月 6日 (日)

ASI533 ファーストライトに失敗する

Hayabusa_1600

ASI533MC Pro のファーストライトと、ASI294MC Pro に 50mmレンズ付けてナノトラッカー運用するのをベランダより、もちょっとマシな場所でやってみるって2事案に対応するために、久しぶりに鞠智城行ってきた。

鞠智城は、あまり暗くないけど、あまり山ではないので、冷え方もヌルくてパトラッシュを招聘する事もなく、つつがなくテストできた。

 

で、ASI533のテストだけど、最初の写真がその結果を物語っている。大失敗。

何が大失敗って、ASI533 は約3000x3000画素なんだけど、なぜか 1930x1090。なんか見覚えなるなぁ...と思ってたら、これASI385の画素数。

え!?ASI533で撮影するツモリがASI385使ってたの?バッカじぇえ~! と、思ったそこのアナタ! チッチッチッ、そんな単純ミスではないのだよ、これ。

画素数はASI385だけど、これ撮影した時にはASI385は取り外してトランク内に収納済。で、写ってる対象もASI533で狙ってる場所。

どゆこと?

 

なんかね、ASI533をASI385とAPTが誤認して勝手にROIしたような感じになっちゃったっぽい。確かにパソコンの画面には横長に表示されてたけど、正方形の上下を切って表示してるんだろうなぁと思い込んでたら、そうぢゃなかったって事らしい。

 

事情が面倒なんだけど

Dsc_0251

こんな感じで、AVXに15cmF4積んでASI533付けて、その横にナノトラッカー置いたんだけど、極軸合わせ用にASI385がナノトラッカーに直結してある状態だったんだよね。

で、北極星が見えるくらいになったので、SharpCapでASI385使って北極星を中心に調整。

2020_12_05_17_58_47

こんな感じで極軸合ったので、SharpCap終了。

 

で、その後、フラット撮るので、APT上げたら、ASI385が自動接続されちゃったので、DisconnectしてASI Camera の#2を選択。ASI533と表示されて冷却も出来たのでOkと思ってたら、この時、どうも、ASI385の画素数のままになってたらしい(推測)。

 

同時にたくさんのカメラ使っちゃイカンって戒めだったのかも知れない...

 

ASI533だけど ROIされちゃってるので、ダークが合わないっつ~惨事... なので最初の写真は赤ブチが点在しちゃってる (-_-;

 

彗星をいくつか撮ったけど、こんな事になっちゃったので、画像処理する気が失せてしまった... (-_-;

 

Cas_1600

ナノトラッカーの方だけど、ASI294に50mmレンズ付けて、32*90sec.でいくつか試写。これはカシオペア座付近。星が多すぎて二重星団が目立たないっつ~。

こんな広い空を(タイムラプス以外で)撮った記憶がないので新鮮。周辺像はアレだけど、まぁ、ヨシとしよう。

 

Syg2_1600

はくちょう座付近。左側は低空の光害でカブってたけど、無理やり誤魔化した(誤魔化しきれず)。

 

Per_1600

ペルセウス座付近。主砲で彗星撮りながら放置プレイでいいので、色々と撮ってみよう。15cmF4くらいだと、この手の星雲、はみ出しちゃうから、ほとんど撮った事ないんだよね。

 

 

Dsc_0246

と、鞠智城から車で15分くらい山へ入った隈部氏館跡ってところへロケハンしてきた。

 

Dsc_0249 Dsc_0248 Dsc_0245

近くに民家だか倉庫だかが1つあったけど、それ以外な何もないし、横の道、車が通る事はほとんど無さそうなので、かなり暗いと思う。

きれいなトレイあり。自販機なし。

北と東が特に暗そうなんだけど、そっち側は山なので、20度くらいから上しか見えない。タイムラプス向きだけど、低空は撮れない。西も暗そう。南は熊本市があるから吉無田の西ほどではないにしても、かなり明るいはず。

 

結構な山へ登っているので寒そう。と、夜は動物のホームでニンゲンはアウェイ感を味わう事になりそうな気がする。

 

 

 


<追記;ってか、別の記事に追記しちゃってたので移動>

気になったので、確認してみた。

 

Photo_20201206082701

APTでキャプチャ中は、正方形に見えるのが正しい。なので、画面にフィットさせて上下をクロップするなんて変な事は起きない。

→正方形でなかったら、勝手にROIされちゃってると思われる。

 

Si8

SI8で fitsを取り込んでみたけど、当たり前に正方形。

ってか、風景を試写した時に正方形だったよね... 山だと正常な判断が出来なくなるんだなぁ...と痛感。

 

 

2020年11月25日 (水)

阿蘇坊中「夢の湯」温泉

久しぶりに「夢の湯」行ってきた。

ここは、道の駅 阿蘇の近くで、阿蘇神社とかも近いポイント。前回は貸切だったけど、昨日は数名。いつも、空いてる印象。今年8月にリニューアルオープンしてて綺麗な施設だけど、休館中と思ってる人が多いのかも知れない。

 

Dsc_0237 Dsc_0236

で、本館は営業してたんだけど、横にある家族湯、ラーメン屋、整体はお休み。全部休めばいいんぢゃね?と思ったけど、どーゆービジネス構造なのか分からない。

 

Dsc_0238

で、夢の湯の隣のラーメン屋でチャンポン食べるの前提で行動してたので予定が狂ってしまう。

しょうがなく、1.5km位離れた「尺間ラーメン 西町店」ってところでチャンポン。

ここはラーメンの種類が多くてラーメンを食べるべきなんだろうけど、チャンポン脳になってたのでチャンポン。

で、その評価は ★★☆☆☆

スープがうう~~ん?麺もうう~~ん...

豚肉と小エビはたくさん入ってたけど、旨味がうう~~ん?って感じで、もういいかな評価。美味しいチャンポンって、なかなか巡り合えない...

 

Enjpy4cuwaagcvb

途中、道の駅 大津でトイレ借りるのが定番なんだけど、そのトイレにあった阿蘇大橋開通までの日数表示。「たぶん」がカワイイ。

 

 

 

2020年10月24日 (土)

南阿蘇ケニーロード

 

Elac5pvcaaxmqj

午前中曇ってたけど、段々晴れてきたので、南阿蘇のケニーロード。ひでさんと。

 

 

彗星を撮影しながら、タイムラプス。彗星の画像処理は、この後寝て起きた後で。

快晴だったけど、0:30頃まで撮影して撤収。ここはいいポイントなんだけど、トイレがないのと、若者とかが結構来るので車のライトの影響は避けられないのが残念ポイント。

 

Olion

月が沈んだら冬の天の川が微かに見えてました。鹿はやたら鳴いてたけど、キツネは来ませんでした。

 

 

2020年10月21日 (水)

阿蘇でピーコック・リベンジ

Output_comp_3

今月初め、阿蘇、北外輪山でピーコック(くじゃく座α)を撮影したけど、低空モヤモヤで心霊写真ぢゃね?くらいの写りだったのでリベンジ。

高森田楽した時にロケハンしてきた草千里で。

 

ここは前回より南に6kmほど下がってるし、標高は上がってるので、いいんぢゃね?と思ってたけど、低空のクリアさも手伝ってハッキリ写ったよ。

ここで、アケルナル・リベンジとガクルックス・チャレンジしようかな。

 

観光地なので、観光客とか夕陽を撮影してる人とか、わんさか見切れてるけど、そこはご愛敬。

ピーコックを狙ってる構図で暗くなる前、牛さんが池周辺をウロウロしてますね。

 

Dsc_0333  Dsc_1597 Dsc_1599

 

Ekwm4kkvmaedtyr

夕陽をアクションカメラでタイムラプスしてる様子

 

Ekwj931uyamtgzv

ピーコック撮影用一眼レフでタイムラプス中の様子

機材持ってて夜中まで彗星撮影してアケルナルも... って企画もあったけど、強風で望遠鏡はダメだろうと思ったので、一眼レフしか持って行かなかった。

今回は双眼鏡でバッチシ確認できました。

 

安価だけど、十分役に立ちますね、コレ。

 


深夜徘徊する前にセットして、オリオン座流星群をタイムラプスしてみた。

 

結果、惨敗。小さな流星が2つくらいしか写ってない(と思う)。雲は盛大に写ってた... orz

 

 

 

より以前の記事一覧