フォト
無料ブログはココログ

« ネオワイズ彗星_20200720 | トップページ | PUBG LITE 28 »

2020年7月21日 (火)

CMOSカメラの連中が不機嫌な件

昨夜ベランダで撮影してた時、デジタルファインダーと冷却CMOSカメラが、なかなかうまく使えず大騒ぎ。

先日、久しぶりに山に行った時もそうだったんだけど、デジタルファインダーがちゃんと接続出来たので、望遠鏡と位置を合わせようと冷却CMOSを使うと、デジタルファインダーが止まってる...

的な感じの不安定な動作。

昨夜は、しょうがないので、デジタルファインダーと冷却CMOSをノートPCの別のUSBポートに刺したら、なんとか動作したので、それで誤魔化した。

 

怪しいのは、USB Hubかも知れない。こっちは、新しいものを調達してみよう。

 

と、ググってたら、Windows10の怪しい設定を発見。

 

Usb-root-hub

デバイスマネージャから、ユニバーサル シリアス バス コントローラを開いて、

USB Hub 関連のもののプロパティに、電源の管理があり、

「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」ってのがある。

これは、なんか、怪しいニオイがする。カメラを切り替えると止まるから、勝手に電源をオフにして再度使うってんでオンにしても、カメラ側がそれについて来れないって事があったりするのかも?

と思ったので、USB Hub 関連全て、この項目のチェックは外してみた。

 

 

Photo_20200721081201

と、もう一つ。

電源オプションの「詳細な電源設定の変更」から、USB設定-USBのセレクティブサスペンドの設定で

バッテリ駆動時、電源接続時とも、有効になってたのを無効に変更した。

山では、リチウムイオンバッテリを使うので、PC側は電源接続時と認識してるはず。

 

これで再現試験をしてみたいけど、昨夜、腰をやっちゃったので、とりあえず、ここまで。

 

 

 

« ネオワイズ彗星_20200720 | トップページ | PUBG LITE 28 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネオワイズ彗星_20200720 | トップページ | PUBG LITE 28 »