« スパム | トップページ | 体重測定_20200620 »

2020年6月18日 (木)

APT と星図ソフトの連携

Photo_20200618075301

結構、面倒くさい事が多いので逃げてたんだけど、APT と CdC や SN11 を ASTAP で Plate Solve して連携する方法を動画にしてみた。

(↑文面からして、マニア臭しかしない...)

 

 

 

思ったとおり大変な内容でしたなぁ... 30分を超える長尺っすよ。

(CdC か SN11 のどっちかだけにすりゃ良かった気がするけど)

 

CdC の使い方は、かなり端折ってあるけど、あんまり使わないので、説明動画作るモチベーションが... う~ん...

素晴らしいフリーソフトとは思うんだけど...

 

CdC は彗星などのデータを MPC から直接ダウンロードして更新しちゃうってのもスゴイ。

でも、ステラナビゲータの方が操作した感触はいいんだよね。ぬるぬる動いて。

と、撮影地の緯度、経度を設定すると、山などの地形が表示できるので、アケルナルを撮影したい...とか、超低空の彗星が撮れるかどうかチェックしたいって時には、ものすごく便利なんだよね。

 

なので、好きな方を使ってくださいとしか言えないよね。

 

動画に登場した図とかを置いておきます。

_1 _2 Photo_20200618080201 Solve

 

 

 

« スパム | トップページ | 体重測定_20200620 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

APT」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

VTuber」カテゴリの記事

コメント

こういうステップ・バイ・ステップの動画はありがたいですね。APTユーザー必見です。それにしても、動画が急激に本格的になっていきますね。キャラクターと音声のあいだに違和感がないです。脚本書くの大変だったと思います。お疲れ様でした!

これは長かったので、途中でどのmp4に何が撮ってあったか分からなくあって、撮りなおしとか、散々でした (^o^;
なので、不自然なツギハギに気が付いても、こっそり笑うくらいで勘弁してください。
ASTAPは速くていいですよ (^o^)

いや、マジでね。
天体撮影って、こんなにハイテク(死語)な世界とは思ってもいませんでした。
私はろくたらpcも使えていないのに、敷居が高すぎたっす。
けむけむ様がおらなんだら、まったくお話しにもなりゃせんところでしたわ。
ありがたやありがたや。

天体撮影って、色々ありすぎですよねぇ...
写真撮ってるだけなのに...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スパム | トップページ | 体重測定_20200620 »