« きよりさんに踊って貰った | トップページ | CMOSセンサーのふるさと行ってみた »

2020年6月22日 (月)

PUBG LITE

バトロワやってみた。PUBGの軽量版が半年くらい前に出てたらしい。

 

Pubg01 Pubg

お姉さんにしようかとも思ったけど、可愛くないお姉さんにするくらいなら、おっさんでいいやと思って、テキトーにキャラクリ。

まだ、数回しかやってないけど、LITEは、ニンゲン以外にBOTのキャラも混ぜてあるらしく、完璧な初心者でも少しは倒せるようになってるっぽい。

確かに、ずっとやられっぱなしでは、面白くないだろうから、少しは戦えるようにBOTを混ぜるってのはいい方法な気がする。

 

で、やってみた感想としては、思ってたより、ずっと面白い。ちょっと前にやってた KurtzPel はめちゃくちゃ激しくて、年寄りがやるのは大変だったけど、 PUBG は年寄りでも出来そうな気がする。

しょっちゅう撃ち合いしてるワケではなくて、半分は走ってて、半分は隠れてるって感じ。撃ち合いは、たま~に... って感じ。

つか、いつも、安全地帯の縮小に追われて走り回ってるって感じ。

 

チャットする訳でもなく、とってもドライな感じなのも、面倒くさくなくて良いかもね。

 

最大の問題は、私の耳の感度が違ってて、左はいいけど、右は半分くらいの音量になっちゃうので、銃声がどっちから聞こえてるのか、よく分からないって事。

と、敵の足音が聞こえるらしいんだけど、全然聞こえない。同じ建物に入って来られても気が付かないので、あれで撃ち勝ってるのは、奇跡的だ。BOTが建物に入って来て物色したりはしそうにないので、建屋で鉢合わせしてるのはニンゲンが入ってると思うけど、どうなんだろうか?

 

 

R0012046

日曜日は日蝕だったけど、あまり興味もなかったので、特に何もしなかったんだけど、外壁工事のネットの穴で日蝕してたので撮影した。

 

 

 

« きよりさんに踊って貰った | トップページ | CMOSセンサーのふるさと行ってみた »

ゲーム」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きよりさんに踊って貰った | トップページ | CMOSセンサーのふるさと行ってみた »