フォト
無料ブログはココログ

« 天下一画像処理会ニュース | トップページ | タイムラプス用カメラにフード作ってみた »

2020年5月25日 (月)

天下一画像処理会

天下一画像処理会も動画公開して一段落。

事の顛末を記録しておこうと思う。

 

M101

そもそもの発端の画像がコレ。

 

Image_a

このボヤキに対して沢山の反応があったので、

 

Image_data

元データ (Fits)を公開して、画像処理結果(と処理手順をまとめたモノ、自己紹介)を募集した。

 

多分、Twitterやブログで絡んで貰ってる面々からの応募だろうと予想していたけど、はじめましての方も数名。

当初、5月末まででやってたけど、23日に想定してたメンバーからの応募が集まったし、1週間も間が持たないな~と思ったので急遽締め切り前倒し。

この件に関しては数名の方にご迷惑をおかけしたので、キチンと計画しておけば良かったと反省。

 

M101_all_rcrop

で、頂いた画像をコンポジットして作った画像がコレ。

まろやかだし、ディテールも色もほどよく出てていい感じになってると思う。

 

 

Photo_20200524183201

プレミア公開待ちの様子。

 

 

また、データが揃ったら開催しようかとも思うけど、ぶちゃけ、編集委員会は、かな~り大変だったんだよね (^o^;

寄せられた画像処理手順を分析すると、色々と面白いような気もするけど、そこまでは手が回らなかった。

ある意味、SNSの平和利用(?)の理想的な姿に近いのかも(自画自賛)。Twitter って結構殺伐としてるもんね。

 

 

« 天下一画像処理会ニュース | トップページ | タイムラプス用カメラにフード作ってみた »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

運営、お疲れさまでした。
こちらは自分では撮れない画像で遊ばせていただいて楽しかったですよ。
FITS形式のファイルなんて初めて弄りました。
フリーのソフトしか使えないのでDSSに頼るしかなかったのですが、何とかなるもんだなぁって思いましたよ。
解せないのはフラット処理をすると緑になっちゃうことでした。
扱いを間違えたのかな?
しかし、自分で撮っていないのにクオリティの高い画像で遊べるなんて、ある意味リモート天文台とかで撮影しておられる方よりも進んでる!?なんて変な悦に浸りましたよ。
得をした気持ちになれたイベントでした。
ありがとうございました<m(__)m>

喜んで頂けて何よりです (^o^)
そうなんですよ、緑になっちゃうんですよ。LPS-V4 が効いてるんだと思います。
なにかネタが撮れたら、またやりたいですね (^o^)

まとめ役お疲れ様した。
こういうのは、天リ〇とか、天〇フとか、〇リフさんがやってくれるともっと広告効果?で色々な人が参加しそうで面白いと思いましたね。
1人で超焦点から広角までカバーするとお財布のダメージが高いので、そういった意味でもお試しで画像処理をやってみるってことでも面白いと思います。
こういう企画があると、機材のせいじゃなくて、自分の画像処理で差がでてるんだなーって実感できます。

こーゆー企画は、天リ〇とか、天〇フとか、〇リフさんが向いてると思いますね (^o^)
企画してデータ集めて結果を編集して... なかなかハードでした (^o^;

けむけむさん、お疲れ様でした! みおさんが書いてらっしゃるように「機材のせいじゃなくて、自分の画像処理で差がでてる」を実感しましたよ。この企画で気づいたのはステ○イメージの性能がどうのこうのではなくて、デスクトップで画像処理をしたいんだという潜在的な欲望に気づきましたよ。前処理と後処理の違いも明確に意識できるようになりましたし。とても、ためになる企画でした。ありがとうございました!

お役に立てて何よりです。
次回は(あるのかッ?)参戦してください (^o^)

亀レスです。

画像処理ってすごい!こんなに素晴らしい画像になるんですね。 
皆さんの技術に感心しました。

あっ、 元画像が良かったこと一因かな?

元ネタは、そんなに良くなかったので、皆さんの技術と各種ソフトの性能だと思います。
2回目を惑星処理で開催する事にしました。

素晴らしい企画、ご苦労様です。
カメラの性能を識る上でも、非常に有益な企画だと思います。やはりRAWで見ると、デジカメとの違いなど見えてくる面もあるのかなと思いました。
GENTAさんは、ゲインの違いで、やや自由度が無いのかな、ともご自身のブログで書かれてますし、設定の違い等も自分でテストしなくても感触を得られるのかな、と思いました。

>で、頂いた画像をコンポジットして作った画像が

なるほど、全ての顔を平均していくと、美人ができるのと同じで、みんなが処理した画像結果を平均すると、美しいというか、標準化されたM101ができあがるのでしょうね。
なんというか、この辺り、画像処理上達のヒントがある気もします。


軽いノリで、テキトーに始めましたが、興味深い結果となり、また、多くの方にコメント頂き、とても嬉しく思ってます (^o^)

Youtubeのチャンネル登録者さんも一気に増えました。収益化条件にはほど遠いし、仮にしても月額100円程度の再生時間なので完全に趣味の世界なのですが (^o^;

皆さんの作品をコンポジットしたら、像は滑らかになって、ディテールも出てるので驚きました。彩度は少し落ちた気がします(赤ポチが目立たなくなった)けど、自然な感じで、気に入りました (^o^)

この効果は一人で処理する時も、アレコレやってみた結果を最後にコンポジットしてみると得られそうです。手間は数倍かかりますが (^o^;

現在、惑星版として木星&土星で開催中ですので、ご参加いただけると嬉しいです (^o^)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天下一画像処理会ニュース | トップページ | タイムラプス用カメラにフード作ってみた »