« アトラス彗星_20200320 | トップページ | 浦田・新島彗星_20200320 »

2020年3月22日 (日)

天の川タイムラプス

清和高原天文台で撮影してたら、深夜、天の川が昇ってきた。

天の川を見えるとタイムラプス撮りたくなる衝動に駆られたので急遽撮影。

まぁ、これが大変。ASI385MC を接続したら撮影中だったのに、APT が誤認したようで、色々ぐちゃぐちゃ。

焦ったもんだから、SharpCap でベイヤー配列でタイムラプスを撮影してしまう。

こうなると地獄で、ステライメージ8使って 1000枚以上の Tiff をベイヤー・RGB変換。一気に 1000枚は処理出来ないので100枚単位で11回やった(1109枚あった)。

変換まではワークフローでやるからいいけど、出来た RGB画像は一括保存できないので、1109枚を手動で上書き保存。2218回も延々マウスクリックを繰り返す。

ネトゲ(マビノギ)の生産系スキルの地獄トレーニングを思い出した... orz

 

New1_20200322060501

 

 

 

« アトラス彗星_20200320 | トップページ | 浦田・新島彗星_20200320 »

天体写真」カテゴリの記事

タイムラプス」カテゴリの記事

コメント

地獄の成果を堪能させていただきました(笑)
夜明けなんてもう何年みてないんだろう・・・


素朴な疑問 変換できるのに一括保存できないのは需要が少ないのかしら?

天の川、美しいっす。
こっちは緯度が高くて、天の川の南側があまり入らないので、迫力に欠けます。。
もうすぐデネブの季節だと思うと、嬉しいですー。
(デネブが大好き)

To ひよちゃん

 クリックのしすぎて、指痛いっす...
徹夜したのは、20-21 なのに、爺ィは立ち直れず、ぼーっとしてます...

To めりーさん

 デネブも昇って来てました。
はくちょう座が林から登ってくるタイムラプスにしようか?とも思たのですが南が開けてたので今回は南で。
も少し近場の吉無田高原で東から登ってくる天の川撮りたいなぁ

これは美しいですね。これまでのなかで最高点じゃないですか? ゲームで培った忍耐力、作業力が現実世界で生かされるとは、ゲームの効用もあなどれませんね。

やっぱ、空の暗さは正義ですよねぇ~

1000枚以上をチクチク手で修正はもうご勘弁なので、次回からは指差し確認します。
RGB24 ヨシッ!

さそり座の高度がまだまだ低くて、シッポの低いところが顔をまだ出してませんね。

惑星群がそろって昇ってるのを見て思い出したことが。
10年以上前かな?たしか雑誌ニュートンで読んだんだと思うけど、
「惑星が太陽を中心に回ってるというのは、半分正解で半分不正解。正しくは太陽系の重心で回ってる。」と。
まぁ、当然と言えば当然の話なんだけど。
で、なんでそんな事が書かれていたかというと、太陽系の重心が太陽の外になることがあるということ。
惑星が一方に偏れば、そういうバランスになるということだよね。
太陽系の重そうな惑星といえば、木星と土星。それに火星と地球が加われば、もしやそうなるんじゃないかと。
で、いまさっき調べてみたら、重心は太陽の中と外を行ったり来たりして、どちらかというと外側の方が多いらしい。
ガッカリ。><
かなり前の話なので朧気な記憶だけど、その雑誌ニュートンにあった表現では、「重心は稀に太陽の外にでる。」と書いてあった・・・・・・と思うんだけどなぁ。

さそり座はまだ南中してないですよね。
惑星の公転軌道なんか詳しくないですが、良く見る重力は時空が下にへっこんだ図を想像するに、そのひっこみ頂点を中心に回ってるような気はしますよね。
太陽も歳差運動みたいにフラフラしてるんすかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アトラス彗星_20200320 | トップページ | 浦田・新島彗星_20200320 »