« 15cm ニュートン 結露対策を巻く | トップページ | 15cm ニュートン ファインダー調整 »

2020年3月10日 (火)

15cm ニュートン フードを作る

ここんとこ、 15cm ニュートンにアレコレ手を加えているけど、にゃあ先生から「次はフードだッ!」と指摘されてしまった。

 

で、フード作った。

 

R0011890

にゃあ先生からは、「どっちが前で後ろだか分からなくなる 」んぢゃねえだろうな?と指摘されていたにも関わらず、どっちが前か後か分からない姿になってしまった。どっちが頭か分からないマツカサトカゲっぽい。

 

でも、ニュートンって、元々、どっちが頭か分かんないよね... 某M菱自動車とか地面を見てる写真が多いし。

 

フードはダンボールを丸めてあるけど、元は 20cm 用に作ったものを切ったり貼ったりして再構築した。

内側は習字の下敷き、外側は大量に余ってるアルミのペラペラシートを巻いておいた。接着剤は手芸用。

 

 

 

R0011891

R0011893

20cm 用のバーティノフマスクがピッタリ!

 


 

入院してた ASI294MC Pro が帰ってきた。

USBがたまに切断されるので接触不良を怪しんで入院させたけど、結果、「事象が再現しませんでした」で帰ってきた。

となると、怪しいのは、USB3.0 A-B ケーブルなので、ケーブルは新しく発注。

 

使ってたケーブルはちょっと太めだったので、スリムタイプにした。これは結構細い。

 

で、

R0011895

本体側のコネクタがちょっと怖いのと、ケーブル接続する時、お尻方向から出すと長くなるので、L型コネクタで曲げる事にした。

L型のUSBケーブル、電源ケーブルは束ねて結束バンドで絞め、その結束バンドをもう1本の結束バンドでカメラに固定した。

 

R0011897

USB3.0 と 12V 電源ケーブルの両方を L型コネクタつけて、横方向から接続する方式にした。

 

 

L型コネクタは 右向き、左向きがあるので要注意。間違えると、USB2.0コネクタと干渉する。

 

L

L型コネクタを経由すると、カメラが横でも後ろでもケーブル長を短くできる効果がある。カメラ後方に接続する方式だと大回りになるので、50cm近く短くなるかも?

 

 

« 15cm ニュートン 結露対策を巻く | トップページ | 15cm ニュートン ファインダー調整 »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

接眼部が中央にくると、測距儀みたいでかっこいいです!

いっそ、双眼にしちゃいましょうか...

確かに接眼部が中央にあると、前後がわからなくなるね。
ただ、臀部遮蔽体を知っているおいらは迷わないけどね。
不惑をとうに過ぎてることもあって、たいていのことは迷わんよ。

爪の垢ください...

還暦過ぎても迷いまくりっすよ、色々...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15cm ニュートン 結露対策を巻く | トップページ | 15cm ニュートン ファインダー調整 »