« 体重測定_20200222 | トップページ | 15cm ニュートン試写 & 例のアレを試してみた »

2020年2月23日 (日)

15cm ニュートンの合焦位置を確認する

土曜日、朝は真面目な雨だったけど、午後から回復。夕刻は快晴になった。

けど、黄砂が来るらしい...

 

ってんで、(気分が)モヤモヤしてたけど、気を取り直して合焦位置を確認してみた。

 

R0011793

先日簡素化したデジタルファインダーをファインダー脚に付けて、地上の対象物で確認してみる。

 

Photo_20200222170601

外壁工事のネット越しなので、モヤモヤしてるけど、合焦位置は分かった。ついでに、ファインダーのセンターも合わせておいた。

 

R0011794

やっぱり、付属してた2インチ延長筒を使って、12mmくらい出したくらいで合焦。この対象物は近い(数百m)ので無限遠は多少ズレるだろうけど、まぁまぁ、こんな感じかな。

 

少し焦点距離は短くなったけど(800->600mm)、カメラに ASI385MC を使うと、ASI294MC を 1600mm に付けた時くらいの感じでドアップになるので、この構成だと銀河を撮るのに良さそうではある。

 

 

 

« 体重測定_20200222 | トップページ | 15cm ニュートン試写 & 例のアレを試してみた »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

カッコええですねえ。
支点が案外前なので、カメラ関係やっぱり重いんですねー。
(主鏡けっこう重たいですよね。。)

カメラやファインダーを積むと、真ん中付近で釣り合うみたいです。
主鏡重いですよね。カメラ積まないと、すごいお尻が重いです。
で、フォーカサ付近に鏡筒バンドを持ってきたら、いい感じなのに、
フォーカサと斜鏡のネジの間隔が狭くて付けられないので、
アリガタが前寄りになってしまって、う~ん... です。

ちゃくちゃくと準備が整いだしたね。
あとはASI294MCが戻ってくれば完璧。

サンダーバーズ アー ゴー!!^^

きっと肺炎の影響で大幅遅延な予感...

コンパクトで使いやすそうにまとまりましたですね。このケーブルマネジメントを見習わねば。設営も撤収も早そう。

さっき試写してきました。

軽くて小さいのは正義だと思いました。ちっちゃいもの倶楽部は正解です(15cmニュートンがちっちゃいもの倶楽部に入れるかどうかは置いといて)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重測定_20200222 | トップページ | 15cm ニュートン試写 & 例のアレを試してみた »