フォト
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月に作成された記事

2020年2月29日 (土)

体重測定_20200229

R0011811

すのーらん 88g。

昨夜はレオパブレンドフードを食べなかった。ありゃ?拒食始まったかな?と思いつつ、餌入れに置いといたら無くなってたので夜中に食べてたみたい。

と、うんちもあった。火曜日にしてたけど、昨夜もしてたので、久しぶりに週に2回。

 

_20200229 R0011812

持ち上げたら、なんか腹部のぽっこり具合が激しくなってる気がした。

卵があるのかな?お腹を良く見ようとしたけど、嫌がってじたばたしたので、確認できてない。

 

そういえば、今日はうるう日か... 2000年がうるう年だったね。100でも割り切れるから、うるう年では無さそうなのに、400で割り切れるから、うるう年だったっつー、400年に1回しかない年だったんだねぇ。

 

 

2020年2月28日 (金)

デジタルファインダーの取り付け位置で悩む

先日、デジタルファインダーを軽量化するってんで、3点ネジ調整に戻した。

 

R0011773_20200228094301

これね。

で、3点ネジで調整は面倒くさいから、SharpCapの×印を動かしてしまえばいいやと思ってた。

けど、実際に使ってみたら、カメラを一度切断してしまうと×印が初期化されちゃって、うひーッとなるので運用で不都合が起きそう。

ぢゃ、ファインダーを真面目に調整... となると、この3点ネジより微動雲台で上下左右調整する方が圧倒的に楽なのは明らか。なので、再度微動雲台運用に... ┐(´д`)┌

 

R0011799 R0011798

で、15cm 反射にコバンザメしてみた。

 

これは... 例のコムサイ突起にケーブル引っ掛けてくれと言わんばかりの位置だ...

15cm 軽く小さく取り回しは楽になったけど、小さいので、取り付け場所に困るって思わぬ伏兵にやられる ┐(´д`)┌

 

 

R0011801

素直に上に積んで

 

R0011804

ファインダーも積むと、こんな姿。これがケーブル引っ掛け問題には一番良さそう。

 

ついでに、小技でアリミゾのネジも交換した。

R0011796 R0011797

ノブスター使って、全体の長さを短くした。

 

AVX のアリミゾ部分や赤道儀を水平に動かす部分は M8 ボルトを使えばいい。

 

R0011809 R0011810

ここを交換すると、出っ張る長さが短くなるので、ネジを緩めた状態でも収納できるようになる。

これまでは、引っ込めた状態でないと収納できなかかったので、設営~撤収時に、

1. 引っ込めた状態を一番緩めた状態にする

2. 鏡筒を積んで、締める

3. 緩めて鏡筒を下す

4. 収納のために一番引っ込めた状態まで締める

と、2往復必要だったのが1往復で済むようになる。

 

 

R0011805 R0011806

ついでに、他の鏡筒も積んだ状態を確認した。 GS-200RC の搭載形態と運用形態。

 

R0011807 R0011808

BLANCA-70EDT のアライメント形態とオートガイド形態。

 

これで運用してみよう。メインカメラが帰ってくるまではモチベーション下げ下げなので、ほとんど撮影しないと思うけど。

 

 

Admavxor_1

AdvancedVX にはオレンジに統一したオシャレなパーツがあるんだけど、すごくいいお値段なんだよね...

ADM Knob Upgrade Kit for Celestron Advanced VX Mount - VX-OR

 

 

 

2020年2月26日 (水)

DeNoiseAI を使って、L+RGB合成してみる

Ntomfuvuino2e3jfs3mg15826719071582671970

DeNoiseAI はノイズを軽減し、シャープさを向上させる効果がある反面、淡い部分が消え、彩度が低下する副作用もある。

そこで

DeNoiseAI 処理したものを L画像とし、元の画像をRGB画像に使い、L+RGB合成する事でいいとこどりをしようって魂胆。

 

処理手順は、動画を見てね。最初の画像は元画像、DeNoiseAI,L+RGB画像をアニメGif化してありますが、拡大しないと分からいよね (^o^;

 

 

 

M33_1600

処理のネタ画像(ブログ掲載のため、1600ピクセルに縮小)

 

M33denoise_1600

DeNoiseAI処理後

 

M33denoiselrgb_1600

L+RGB合成したもの。

 

 

2020年2月25日 (火)

タイムラプスに Topaz DeNoiseAI を適用してみた

Topaz DeNoiseAI のノイズ除去性能は圧倒的。特に、ザラザラしたイメージデータを、それなりに普通っぽくしてしまうのがスゴい。

 

で、ちょっとやってみて、やってみたい事が2つ出来た。

 

1つ目は、RGB分解して、DeNoiseAI し、その結果を RGB合成したら、シャキシャキな写真になるんぢゃね?って件。

これはやってみたら、イマイチ。と、 DeNoiseAI すると淡い部分が消えて彩度が低下するって事も分かった。

この件は、DeNoiseAI した画像をモノクロ化し、元のカラー画像を RGB画像として、L+RGB合成する事で解決。

この手法だと、画質を劣化させず彩度も落とさずにディテールを強調できる効果が確認できた。

昨日の記事を参照してね。

 

 

もう1つは、ザラザラしたタイムラプスを滑らかにできるんぢゃね?って件。

これは以前から気になってはいたものの、解決策が見いだせていなかった。有償版の Davici Resolve や Neat Video を使うと解決しそうだったけど、どちらもかなりいいお値段。

そこで、タイムラプスのネタにしてる ASI385MC で撮った Tiff を DeNoiseAI した後、タイムラプス化したらどうよ?って作戦。

 

Capture_00001_org

元ネタはこんなイメージデータ

 

Capture_00001denoise

DeNoiseAI すると、こうなる。

これを使ってタイムラプス化してみたらどうよ?

 

 

Photo_20200224105601

SiriusComp のパラメタはこう設定した。

 

で、500枚処理して、処理前後のタイムラプス比較とバッチで DeNoiseAI を連続処理している様子を動画にしてみた。

 

 

タイムラプスの画質が結構向上したと思う。画素数の少ない ASI385MCに激安中華 Cマウントレンズ付けて Gain=300 で撮ってるので、結構ザラザラだったのが、一眼レフにそれなりの広角レンズを使ったくらいの感じには誤魔化せた気がする (^o^)

 

 

 

DeNoise AI を適用している様子の動画。後半ではタイムラプス用の処理。

動画を見て貰うと分かると思うけど、Auto-Update PreView を指定してても、自動的に再表示されない事があるようで、混乱する...

Auto-Update しないで、都度手動で再表示させた方がいいかも。

 

 


※ タイムラプスのネタ Tiff を 500 枚バッチ処理したら、DeNoise AI で "SAVE" ボタンがクリック出来なくなる事象発生。

色々調べてみたら、前回出力したフォルダを削除すると、その情報を覚えているようで、"SAVE" がクリックできなくなるのが発覚。

何もメッセージなどは表示されない。

Denoiseai_save

Save をクリックしても、ガン無視状態になるので焦る。

 

Denoiseai_save_20200224185301

Save 先のフォルダを覚えていて、それが削除されると、この不具合が発生する。

Save to Source Directry なんだから、処理元画像のあるフォルダに出力されればいいのに、前回出力フォルダに出力しようとしている(障害ですね)。

 

解消するには、Save to Source Directry を No にして出力先フォルダを指定し直せば Ok。

 

 

 

 

 

 

2020年2月24日 (月)

15cm ニュートン試写 & 例のアレを試してみた

20200223_180245

最近、絶賛ヒキモコリでネトゲ三昧な日々だったけど、あまりに快晴の新月期となると、これはやはり山へ行くしかないよね?ってんで、いつもの吉無田高原。

低空は空気が濁ってるけど、多分、黄砂。

花粉も飛んでるだろうし、コンビニとかで例のウィルスがくっつくのも嫌だったけど、マスクなんてどこにも無いので、花粉対策のスプレー(多分静電気防止効果なんだろう)を気休めでプシューとやって出撃。

基礎疾患のある高齢者だから、ちょっとだけ気を使ってる体で。

 

20200223_185527

15cm ニュートンのファーストライトだッ!

 

 20200223_185508

コマコレに Baader MPCC MK3 を使って、2インチ延長筒付けて、この位置で無限遠。

ASI385 は USB を主鏡側に向けて付けて、どっちが北になるか確認してみた。結果、長辺が南北方向だったので、次回からは主鏡と 90度ズレた方向に設置する事にしよう。

 

Sirius

シリウスを試写してみた。15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=8x10s, Gain=300,Temp=9)

画像をクリックすると拡大表示できると思うけど、その状態で見ると、見事な枝毛がクッキリ(横方向がヒドイ)。これは斜鏡マスクは必須ですなぁ...

 

で、分かり難いけど、 After の方は流行りの Topaz DeNoise AI してみた。

 

Horsehead-nebula

Horsehead Nebula, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=16x120s, Gain=300,Temp=9)

短時間でテキトーに撮ったのには、効くねぇ... DeNoiseAI。ノイズが消えて滑らかになって露出時間を数倍伸ばしたような質感になるのもいいけど、像がシャープになるのもいいねぇ。

ただ、微光星はノイズと思われて消されてしまうので、18等とかの彗星や超新星には向かないな。鑑賞用と割り切れば、面白いっすね、これ。

 

M81

M81, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=14x60s, Gain=300,Temp=8)

たった14分の露出でこれはすごいね。赤ポチは厳しいけど、この像は 90~120分露出だと言ってもバレないと思う。

 

M97_20200224001801

M97, 15cm F4 Newtonian, ASI385MC(Exp=16x120s, Gain=300,Temp=8)

フラットも撮ってないのに、こんな事になっちゃうって、どうよ?

 

試写だったので、これでいいけど、朝まで快晴だったろうから、えりありさんはもっと撮影したかったかも... でも、今夜は随分と進展があったようだから、ま、いっか~。

 

で、今回の所見。

1. 15cm ニュートン、やっぱし、マスク類は作るが吉。特に斜鏡の方は枝毛がヒドい。

2. バーティノフマスク、20cm用を発泡スチロールでちょっと誤魔化してみたけど、使いにくかったので、要改良。

3. お尻の迷光は気にならなかったけど、要対策。

4. ASI385MC だと、やっぱ画角がかな~り狭いので、彗星には、ちょっと厳しめかなぁ...

5. DeNoiseAI はホントに凄いねぇ~♪。80ドル払っておこう。試してみたい事案が2件発生。

6. 久しぶりの山は寒かったけど、カメラの温度は10℃近かった。やっぱ、春近しなんだろう。

 

 

M33_20200224010901

マジメに露出したもの (36x180s) はどうなのか?を確認してみた。彩度が落ちちゃってるけど(これは、まだ調整が未熟だからだと思う)、格段にシャープさが増すと思う。

 

M33before

元ネタ

 

M33denoise

DeNoiseAI 

 

この後、Jpeg を RGB分解してモノクロ化した後、 DeNoiseAI し、結果を RGB合成してみたけど、なんかイマイチだった。

もう少し習熟してからリトライしてみよう(これが事案1)

 

M332

オリジナルを RGB分解後、DeNoise AI し、RGB合成したものはイマイチだったので、 

Original を DeNoise AI し、モノクロ化したものを L画像、オリジナルをRGB画像として、L+RGB合成してみた。

 

M33lrgb

現時点、これが最強な予感。

 

 

 

記事には関係ないけど、この曲に合うようなタイムラプスを撮ってみたい...

 

 

2020年2月23日 (日)

15cm ニュートンの合焦位置を確認する

土曜日、朝は真面目な雨だったけど、午後から回復。夕刻は快晴になった。

けど、黄砂が来るらしい...

 

ってんで、(気分が)モヤモヤしてたけど、気を取り直して合焦位置を確認してみた。

 

R0011793

先日簡素化したデジタルファインダーをファインダー脚に付けて、地上の対象物で確認してみる。

 

Photo_20200222170601

外壁工事のネット越しなので、モヤモヤしてるけど、合焦位置は分かった。ついでに、ファインダーのセンターも合わせておいた。

 

R0011794

やっぱり、付属してた2インチ延長筒を使って、12mmくらい出したくらいで合焦。この対象物は近い(数百m)ので無限遠は多少ズレるだろうけど、まぁまぁ、こんな感じかな。

 

少し焦点距離は短くなったけど(800->600mm)、カメラに ASI385MC を使うと、ASI294MC を 1600mm に付けた時くらいの感じでドアップになるので、この構成だと銀河を撮るのに良さそうではある。

 

 

 

2020年2月22日 (土)

体重測定_20200222

R0011790

すのーらん 88g。変化なし。

 

_20200222

最近、金曜夜うんちだったけど、今週は火曜日にしてた。けど、体重変わらず。いい感じ。

 

R0011791

 

 

基本、毎日食べる... で、メタボってるので、たまに抜くと、翌日、怖い顔して食べにくる...

 

 

R0011792

外壁工事のネット、雨が降るとこんな事になってしまって、結構陰鬱な気分になる...

 

 

 

2020年2月21日 (金)

15cm ニュートンを持ちやすくする

15cm ニュートンの出撃準備中。ホントはさっさと試写したいトコロだけど、メインカメラが入院中なので、モチベーション下げ下げ中。腰が重くて重くてしょうがない (^o^;

 

アムロは、

「たかがメインカメラをやられただけだ!」

とか、豪語しちゃうけど、メインカメラがやられると、致命的なダメージなんだよね...

 

もう数年使ってない一眼レフを引っ張り出そうか?とも思ったけど、使い方を完璧に忘れてる。つか、APTから制御できないので、昔懐かしリモートシャッターで露出時間、露出回数を指定して撮影しつつ、パソコンで導入とガイドするって面倒な事になっちゃうよね...

ただ、鏡筒の試写とすれば、 4/3 よりも APS-C でやっておいた方が良いような気もするけどね...

 

で、出撃準備で機体の整備はちゃんとやっておきゃなきゃってんで、持ちやすくした。

 

R0011789

ハンドル(鏡筒ハンドル)付けた。カメラネジで鏡筒バンドに直結も考えたけど、 このハンドル、そもそもが GS-200RC 用に作った物なのでアルカスイスで共用する事にした。

 

R0011788

15cm ニュートンは、ハンドル無くても、持てなくはない感じだったけど、 GS-200RC はハンドル無いと持てない。

無理して持つとダブテールで手を切りそうな感じ。赤道儀に積む時に危なっかしくてしょうがなかったので、このハンドル作った経緯がある。

 

R0011780

ハンドルの後部に数ミリの出っ張りがあって、誤魔化して使ってたけど、この際なので、ヤスリかけて削り取った。

 

R0011781

ピッタシだッ!

 

R0011785

15cm ニュートンは軽いので、(多少プルプルするけど)片手で持てなくもない。

持ち歩く時は、もちろん両手で抱きかかえるけど、赤道儀に積む時、このハンドルが有ると無いでは作業のし易さと安心感に圧倒的な差がある。

 

 

Dlife 終わっちゃうのかぁ~

海外ドラマを Dlife で良く見てた。

Dlife_logo

 

NCIS, Bones, Dr.House...

 

その Dlife が 3/31 で終わっちゃうそうな。

まぁ、海外ドラマって、 Amazon Prime Video だので見ちゃう方が便利だし(Game of Thrones みたいに睡眠時間を削られてしまう問題もあるけど)、そもそもが TV ってのが全体的にオワコンなので、しょうがないかなぁ... って気もするけれど、ちょっと寂しい。

 

BS11 とか トゥエルビ は、TV ショッピング的な番組で持ってるんだろうなぁ(誰が買ってるんだろうか?とは思うけど)

 

今月末で熊本PARCOは閉店だし、色々と寂しい感じもするねぇ。

Title3_pc

 

 

2020年2月20日 (木)

続々・15cm ニュートン、キタコレ

R0011762

デジタルファインダーはアルカスイスだと良かったけど、ビクセンファインダー台座に対応するためにファインダー台座・アルカスイス変換機構を付けると、こんなスッゴイ姿になってしまった。

 

R0011773

で、簡素化した。

 

微動雲台がなくなったので、位置合わせは、後部の3本のボルトで調整する必要がある(前方のボルトはレンズに接触して動かせない)。

ただ、それは結構面倒なので、ファインダーを動かすのは止めて、SharpCap の十字ガイド位置を動かしてソフトウェア的に対応する運用を想定している。

SharpCap の×とか同心円とかのガイド線はクリックして動かせるんだよね。

 

 

2020年2月19日 (水)

続・15cm ニュートン、キタコレ

R0011754

15cm ニュートン (Orion Telescopes & Binoculars #10269) のバランスを確認してみた。

※Orion Telescopes & Binoculars が米国オライオン社。英国オライオン社は Orion Optics で、両社には何の関係もないらしい。

英国をオライオン社、米国はオライオン・テレスコープ社と識別するっぽい感じで wiki に記載されていた。

ついでだけど、Orion をカタカナでオライオンと表記しつつオリオン座と表記しちゃうトコロに、エイジア イン アジア (1983/12 に武道館で行われたAsiaのライブ)と同じ違和感を感じちゃうね。

 

R0011755

話は戻って、最初の写真の状態でバランスは取れたけど、カメラ位置がむむむ... いかにもケーブルを引っ掛けてくださいと言わんばかりの位置だ。

 

R0011756

怖いのでカメラを上に積む事にした。こうなるとガイドスコープを背中に積む事が出来ない... 積む事は出来るけど、カメラのお尻を見る位置になるのでガイドスコープとしての役割を全うできなくなる。

ガイドスコープはファインダー台座に設置する事にした。多少バランスが犠牲になるけれど、無理やりコバンザメよりはいいかな?

 

R0011758

ファインダー台座だけど、ネジ1本で、1つイモネジが埋まってた。

 

R0011760

イモネジを抜いてネジ2個止めに変更。デジタルファインダーがアルカスイスなので、ファインダー台座・アルカスイス変換機構を作って装着。

 

R0011761

デジタルファインダーを装着すると、こんな感じ。

 

R0011762

デジタルファインダーは微動雲台につんでいるので、こんなゴッツイ事になってしまう。

 

ゴッツクなるけど、この微動雲台は、物凄く使いやすいのでオススメ。

 

R0011765

バランスウェイトは 5kg を使って、5cm くらい上げた位置で良さそう。鏡筒が軽いので、もう少し上かと思ってたけど、割といい感じの位置で釣り合った。

 

R0011766

主鏡押えのツメは 2mm くらい出てる感じ。主鏡マスクは BKPと同じようなリングを作れば良さそう。斜鏡スパイダーはBKPと同じくペラペラだけど、短くなったからか強度はありそうで、枝毛はあまり出ないかも知れない。

斜鏡の調整ネジはBKPのイモネジとは異なりプラスネジ。ドライバー使って調整してみたけど、イモネジよりは調整しやすかったので、このままでいいかな。

BKP は迷光防止のバッフルが沢山入ってたけど、こいつにはない。かわりに斜鏡が少し奥まった位置にあって迷光防止を考慮してありそう。奥まっているので、結露も多少防止できるかも知れない。

 

R0011768

お尻の迷光は、この隙間から入ってた。お尻全体を包むようなカバーを作るのが良さそう。

 

R0011770

カメラを上に積む事にしたので、赤道儀と直線になっている事を確認。ここがズレてると光条が東西南北からズレてしまう。光条の状態と合わせて実写して要確認。

 

R0011771

ガイドスコープを背中に積めなくなったので、背中にアルカスイス積んでても無駄なので、添付の赤いアリガタに交換して、短いアリガタはBKPに戻して元サヤ。

 

R0011769

鏡筒バンド、フォーカサと斜鏡スパイダーの間に入れたかったけど、幅が太くて入らなかった... 

 

R0011771

アリガタが赤いのは悪くないけど、こうするなら、鏡筒バンドも色合わせなきゃ... これぢゃ、オサレだよ(ここでの「オサレ」は本来の『お洒落しようとしているのが見え見えで その姿が滑稽であったり恥ずかしかったりする場合』の意味で用いた)。

 

アルミシート巻きや主鏡マスクなどを加工する予定だけど、とりあえず、何もせずに初期状態で撮影した結果を見てから、どうするか考えよう。

でも、主カメラが入院したままで(多分)肺炎の影響で復帰は遅れるだろうから、まったりやる事になりそう...

 

 

2020年2月16日 (日)

15cm ニュートン、キタコレ

15cm ニュートンが到着した。

 

R0011732

雨の中配達されたので、ちょっと濡れてた...

 

R0011733 R0011734

開封なう。

開けた瞬間の感想

小さッ!

 

 

15cm ニュートンって BKP150 か GINJI-150 で悩んだけど、 米国オライオン イメージング・ニュートン #10269 にした。

情報がほとんど無かったので、ヒトバシラーした。オライオンと言っても米国オライオンの方なのでリーズナブル。ベースは  GSO 6" Imaging Newtonian だと思う。

 

GSO 6" だと白色が基本なのかな?(情報少ないので不確か)。銀色になると GINJI-150 になるんだと思うけど、こいつは黒色。きっと、アルミ巻くので分からなくなるけどね (^o^;

 

R0011736

後ろは、ミラー裏面露出シースルーなので、隙間迷光が入る。撮影時には、蓋をする必要がある。米国オライオンのニュートン、カーボン鏡筒も選択できるってのが GINJI-150 との大きな違いだと思うけど、 5.8kg しかないので、カーボンにはしなかった。

で、白いドーナツが主鏡のセンターマーク。その右下の暗く赤い点がレーザーコリメータの光。しっかりズレズレ。

 

150

まぁ、斜鏡も主鏡もズレズレだったので、合わせておいた(天気悪いので試写は少し先になりそうだけど)

 

R0011740

ジズコの写真だとアリガタはビクセンで良く見るヤツだと思ってたら、赤くて長いのが入ってた。33cm くらいありそう。2インチ延長筒も付属してたけど、これはしっかりした作り。

 

R0011741

鏡筒と比べると、こんなに長い。これは GINJI-150 と同じサイズで色違いかな?

これを使ってしまうと、カメラを下に向けられなくなるので、 BKP200 のアリガタを使う事にした。

 

R0011748

大きさ比較。一回り小さくなると思ってたけど、感覚的には二回り小さくなったような感じ(まぁ、感覚的な話ですけど)。

持った感想は

軽ッ!

 

バンドとか付けけても 6kg くらいだろうから、カーボンの GS-200RC より軽い。

 

R0011753

こうなった。

バランスは取れそう。マジックテープのバンドを巻いてあるのは、カメラ類を接続するケーブル類を固定するため。この写真の上側が赤道儀に乗る。

 

R0011752

フォーカサは GS-200RC とそっくり。バックフォーカスが長いようで、2インチ延長筒も付属してた。これを使わないと合焦しないのではないかな?

 

R0011751

マニュアルは英文。マニュアルに掲載されてるアリガタはやっぱり短いタイプ。8x50mmのファインダー(良くあるタイプ)も付属している。

 

オフロードバイクで例えると、 250cc から 125cc になりました的な感じで、軽く小さくなったのはハッキリ感じられる。

分かり難い例えだな... (^o^;

 

取り回しが楽になるのは間違いなさそう。

 

 

 

2020年2月15日 (土)

体重測定_20200215

R0011729 _20200215

すのーらん、88g。最近は、金曜の夜うんちってサイクルになってきたらしい。

 

 

R0011730 R0011731

 

最近、シェルターから出て、伸びて寝てる事が多いので、出てる時にご飯してみた。

 

 


 

 

満月期や天気が悪い時は引きこもってネトゲに限る。変な肺炎に罹るとヤバいからね。基礎疾患のある高齢者は。

 

色々なゲームをやってみたけど、マビノギがまた~り出来て、年寄りにはちょうどいい。

 

最近は、 PUBG だの Fortnite だのって、大勢で殺しあうゲームが流行ってるらしいけど、爺ィ、殺伐としたゲームはヤル気が出ないんだよ...

 

 

2020年2月13日 (木)

マビノギの動物たちがカワイイ

マビノギやってて思うのは、動物がうまく描けてるって事。

マングースなんて、モンスターのくせに、かなりカワイイし (^o^)

なので、動画にしてみた。

 

 

もう10年もサービス続いてるってのが、凄い。自由度が高いから長寿なんだと思う。作物を収穫して料理してもいいし、鉱石を掘って製鉄して鍛冶をやってもいい。

もちろん、モンスターを倒しにダンジョンに潜ってもいいし。楽器を演奏してもいい。

 

ちょっと殴る蹴る系の KurtzPel やってみたけど、動き速すぎて年寄りには無理ゲー。それに対人戦の殺し合いメインってのも、殺伐としてて、ちょっとね...

 

また~り、好きな事をやってればいいマビノギってのは貴重なゲームだと思う。最近は課金しなくても全然普通に遊べるしね。

 

 

 

2020年2月12日 (水)

大平燕

「おおひら・つばめ」って、新しいバーチャルキャラを企画する話ではない。

 

大平燕とかいて、「タイピーエン」と読む。詳細はリンク踏んで wiki を見てもらうのがいいけど、熊本ではメジャーなチャンポン的なモノ。

 

20200212_113320

城の湯は、チャンポン以外に大平燕もある。熊本では、ラーメン屋などでも結構ある。

熊本駅新幹線改札横のうどん屋(改札内からは立ち食い、待合室からは椅子あり)にも大平燕がある。

 

チャンポン的ではあるけれど

・麺ではなく春雨

・キャベツではなく白菜

・スープはあっさりでチャンポンよりタンメンに近い

って違いがある。

 

 

 

水曜日はネトゲ(マビノギ)がメンテなので、ようつべ見てたらフェルミ研究所で「話しかけにくい男子の特徴」って見つけた。

けむけむ、何故か異様に話しかけられる。リーマン時代、出張であちこちウロウロしてたけど、そのあちこちで道を聞かれる。

「地元住民ではないので」と言うのも面倒くさくなったので、テキトーに「3つ先の信号を右です」とか大嘘言ついたりして不幸を撒き散らしてた気もしないではない。

 

で、動画では笑顔で愛想良いと話しかけやすい的な無難な流れなんだけど、いつも笑顔だったとも思わないし愛想が良い方とも思った事ない。

リーマンだったので変な恰好はしてなかったと思うけど、同僚達と歩いてても、なぜか声を掛けられるのは自分... ってシチュエーションが多かったんだよね...

 

 

 

2020年2月10日 (月)

病院回ってきた

今日は朝いちで歯医者、そのまま胃腸科行ってきた。

 

歯医者は定期メンテナンス。多分、歯石除去を水でやってると思うんだけど、その水が超冷たくて、歯がジンジンするっつ~。

メンテナンスを担当してくれるお姉さんは4人くらいいて、一人のお姉さんは以前趣味を尋ねられて、「山で星の写真撮ってます」と回答したら、ずっと覚えてくれてるようで、担当になるといつもその話になる。

 

爺ィ、お姉さんと会話する機会なんてほとんど無いので、その程度で喜んでしまう。簡単なモンですなぁ。

 

で、残念ながら今日は一番苦手なお姉さんだった...

苦手なお姉さんは、ちょっとね... 頭頂部に体温を感じても、あまり嬉しくないっつ~。難しいモンですなぁ。

 

 

次。胃腸科。先日の手術で撮ったポリープの検査結果。残念ながら良性の腺腫だったそうな。2~3年後にまた検査しましょうって事で、ちゃんちゃん。

最近ずっと晴れないし、そろそろ余命宣告されても、「ま、いっか~」くらいの感じだったけど、空振り...

余命宣告されたら宝くじ当たる... みたいなドラマチックな展開はないだろうなぁ...

 


 

先日、初見の温泉で食べたチャンポンがハズレだった事件があったので、いつも行く「城の湯」で食べて確認してみた。

 

20200207_113224

やっぱり、美味しい。

 

ついでに近所の、熊本人はみんな大好き(?)「お弁当のヒライ」でもチャンポン食べてみた。

20200210_111604

ちょっとスープがしょっぱ過ぎ。ヒライはなんでも味が濃い傾向にあるけど、チャンポンもかなり味濃かった... けど、例のハズレよりは全然マシ。まぁまぁ、平均的な感じかな。

 

 


 

20200210_110524

外壁工事、完全に覆われてしまって、撮影する隙無。今週末以降、晴れたら山かな~と思うけど、主力カメラ、主力鏡筒とも、う~んな状態なので、あまり乗り気しないっつ~。

 

 

2020年2月 8日 (土)

体重測定_20200208

R0011725 _20200208

すのーらん 88g。先週から 1g 減ってるのは、昨夜うんちしたから。うんちは週に1回くらいで、日曜が多かったけど、ちょっと早めに出たので、その分軽くなってるって事だと思う。

 

R0011726 R0011727 R0011728

最近、外壁工事で昼間も薄暗かったりするので、日中も伸びて寝てる事が多い。

R0011724

 

 

Youtubesummary

YouTube のサマリー。チャンネル登録者 +8 で 84。

 

Youtube_20200208111501

相変わらず亀動画がダントツ...

 

Mabinogi_2020_02_08_005

KurtzPel は激しくて年寄り向きではないので、またーり出来るマビノギに戻って、 NPC にコスプレするの巻

 

 

 

2020年2月 5日 (水)

温泉行ったら...だったので温泉行った件

今日も朝からカチカチカチカチ... カチカチカチカチ

なので、温泉行く事にした。先週入院してたし、ジムニ放置プレイだったので、30分くらい走って「大谷の湯」ってのを目指した。

 

ここは、ソニーセミコンダクタの近く(ほぼ隣)。ソニーセミコンダクタは、AV・監視用 CMOS を作っているらしい。あ、AVって、狭義のアレではなくて広義のAV(そもそも、狭義・広義って訳ではないと思うけど)。

っつーことは、アレだよ、日頃お世話になってるアレ(狭義のアレではなくて、指示代名詞としてのアレ)は、ココで作ってるんぢゃ~ないか?

 

で、久しぶりに「大谷の湯」到着したら、見事、店休日。マジスカ。第一水曜日だけ休みらしい。月に1回の休みを引いてしまうとは!

 

しょーがないので、「ユーパレス弁天」へ転進。ここは前をたまに通るけど、入った事がなかったんだよね。

 

20200205_115509

駐車場の横で花や野菜の苗とかも売ってあった。

 

20200205_115434

 

「大谷の湯」は濁り湯で、ぬるぬるの温泉らしい温泉なんだけど、「ユーパレス弁天」は柔らかいけど、お湯っぽい温泉感のない温泉。

で、駐車場に車がいっぱいいるなぁ~と思ったら、平日の昼間にも係わらず、かなりの混雑。サウナは座る場所があまり空いてない程度に混雑。

 

20200205_104818

雛人形が飾ってあったりして季節感満載。

 

20200205_113930

温泉行ったら、チャンポン食べる事が多いので、食べてみた。温泉でチャンポンは外れない。

 

... と思ってたけど、外れた。星5個で評価すると、1.5。リンガーハットが星3で標準。いつも歩いて行く近所の温泉が星4評価なんだけど、それらとは比較にならないくらい残念なチャンポン。

 

麺がボソボソ。モヤシがほとんど入ってなくて、大量のタマネギ(それも生っぽい)。温泉も、う~んだったけど、チャンポンは、うううう~~~ん... かな。

リピは無いな。

 

 

 

 

 

2020年2月 4日 (火)

完全に閉じ込められる

20200204_173432r

マンションの外壁工事は、どんどん進捗してて、ちょっと九龍城塞的外観になってしまった。

山まで行く気力は無いけど晴れてるな~って時は、赤い矢印の場所で撮影してたんだけど(外階段の踊り場)そこも檻の中になってしまったので使えない。

実家の庭を使う手もあるけれど、次の新月期は半月くらいジムニに積みっぱにしておくツモリ。多分、これから2~3ヶ月くらいは、この状態だろう。

 

 

昨日までは足場を作ったりボルトを打ち込むためにドリルで穴を開けたりしてたようで、すげぇ騒音だったけど、今日はカチカチカチカチと打音検査的な音。

タイルの不具合部分を知らべて交換するって事なんだろうと思う(あちこち割れてるしね)。

 

 

でもさ~、この足場、要るの?って気もする。屋上から高層ビルの窓ふきで使うようなゴンドラ下げた方が、こんな足場を組むより速くて安いんぢゃね~の?って気もする...

目視だけだったら、それこそドローン使った検査とかありそうだけど、打音検査だったら、その場に行くのは分かるけど、全体をハリネズミにするのは、どうよ?とも思うなぁ...

 

 

2020年2月 3日 (月)

マンション外壁工事

R0011722

いよいよ足場が出来てしまった。

撮影してた階段の踊り場もこんな感じになってしまったので、撮影無理。次の新月期は機材車に積みっぱだなぁ~

 

 

 

2020年2月 1日 (土)

体重測定_20200201

R0011718 _20200201

すのーらん 89g。メタボ進行中...

少しダイエットさせたいんだけど、毎晩お腹空いたアピールがすごいんだよね...

 

 

R0011719 R0011720 R0011721

 

 

食欲旺盛でピンセットに噛みつこうとするので、手から直接食べるかなぁ?と撮影したけど、無理でした...

レオパブレンドフード、水に入れて、数分ふやかしてから与えるんだけど、そうすると、ぬるぬると滑って、すごく持ち難い... 

 

 

 

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »