« 退院しました | トップページ | 【天体写真?】萌さんの作り方 »

2020年1月31日 (金)

ベテルギウス

ベテルギウスが暗いだの、やっぱ明るくなっただのって、結構な騒ぎになってるねぇ。

 

で、テレ東もそれを伝えてたんだけど...

 

最後の大江さんが一番良かった \(^o^)/

 

 

 

 

« 退院しました | トップページ | 【天体写真?】萌さんの作り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こういうイベントものって、みんな好きですよねえ。。
月となんとかが大接近!とか、いちご月とか、
個人的には、私の生きてるうちには爆発しないで(の影響が地球に及ばないで)ほしいですけど。。

好きですよね~

下手に爆発すると撮影出来なくなるので、ちょっと嫌かなぁ~と思ってますが、天文学的「今すぐ」なので、人類が生き残ってる間は大丈夫ぢゃないかなぁ~?とも思ってます。

確かに暗いですよね~。
星空案内する側からするとネタとしてはいいのですが、冬の大三角が示しにくくなってちょっと困ってます(^^;
いつもと違うオリオン座に戸惑います。

やや暗めで2等星近いので、(2等星がいっぱいあるオリオン座では)目立たないですよねぇ (^o^;

でも、ベテルギウスをネタに変光星の話に持ち込んで、アルゴルも紹介しちゃうとか伸びしろはあると思いますヨ (^o^;

↑のりきゅうさんの意見が、自分の思うところに非常に似ている。

赤い星だからなのか、雲(やガス)で見た目の明るさに影響されやすいように思う。
<<赤は基本的に障害物に強いはずなので矛盾してるけど>>
まわりの星と比べて非常に暗いと思ったり、リゲルやシリウス、プロキオンと比べると暗いけど、そこそこの明るさと思えるときがある。

星の色が違えば明るさの印象は変わるでしょうねぇ。
ステライメージで光度測定してますが、対象の星(彗星)と比較する星(恒星)の像の面積を比較して光度を求めていると思いますが、RGB分解して、各色でそれぞれやったら、かなり異なる結果になると思います。

赤って膨張色だったと思うので、ニンゲンが見たら、より明るく見えそうな気はしますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 退院しました | トップページ | 【天体写真?】萌さんの作り方 »