« まだ冬だけど、銀河祭り | トップページ | パンスターズ彗星_20200104 »

2020年1月 6日 (月)

BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

最近、ニュートンの像が安定しない。

 

Photo_20200105164601

例のケーブル引っ掛けて大騒ぎ事件以降、問題ない時と星像がヒドい場合がある... 2020/1/4~5 にかけて撮影したのが最後だけど、その時の像がヒド過ぎ。でも、その前は良くなってる... う~ん?

 

Vs

拡大してみた。ダメな時、イイ時って、551蓬莱 みたいだなぁ~

 

ひとつ考えられるのは、フォーカサのネジが断裂して、ドローチューブを支えるローラーの1個が微妙に接していない可能性。もちろん、手で触ってグラグラするような事はないのだけど、鏡筒が真上を向いてると比較的良さそうで、低い角度の方が悪い傾向にあるような気がするので怪しい。

と、もうひとつは、例の事件の時、主鏡を外したりしたんだけど、その時、主鏡マスクの付け方を変えたので、それが影響している可能性。

フォーカサをどうにかするのは難しいので、主鏡マスクを以前の取り付け方に戻して確認してみよう。

ただ、ブログを追いかけてみたら、ベランダで撮影してる時は比較的いいのに、山だとダメって傾向もある。車に積んで移動する時に何かが起きているのだろうか... もちろん、山で赤道儀に積んだ後で、レーザーコリメータで確認と微調整はしているんだけど... う~んんん?

 


 

朝、明るくなったので、光軸を再調整してみる。

 

R0011650

接眼部が鏡筒に対して(概ね)垂直なのを(一応)確認しておく。

 

R0011655

レーザーコリメータの光が斜鏡のセンターマークに当たっているかを主鏡を外して確認。この場合、斜鏡の短辺方向にズレているので、接眼部の傾きを調整(斜鏡の長辺側だったら、斜鏡の押しネジ・引きネジで主鏡との距離を調整)。

 

R0011657

接眼部は、押しネジ・引きネジが3か所ある。今回のトラブルではフォーカサーをバラバラにしているので、ココが狂ってしまった可能性は高い(何が起きたのか分からなかったので、あちこち調査した。普通、ココは触らない方がいいと思う)。

 

R0011658

斜鏡のセンターマークとコリメータの光が(ほぼ)一致。ちなみに、レーザーコリメータは購入状態だとレーザーが真っ直ぐ出ていないって困った状態で、その状態で使用すると本末転倒になるので、接眼部に付けた後、回転させて主鏡上の光がグルグル回らず1点で静止している状態であることを事前に確認必要。普通、回転すると思うので、『ここは触るな』と書いてある(あったと思う)部分のゴム的な材質を穿って取り出した後、イモネジを調整必要)。

 

ズレていると思った方がいいレーザーコリメータはコレ。ホジホジやって調整すれば使える。

Photo_20200106090501

ホジホジするのは ↑の部分

 

Photo_20200106090701

光軸調整アイピースで覗いてみる。グチャグチャ。山に行く前は合わせたハズなんだけどなぁ (-_-;

 

光軸調整アイピースは、これを使っているけど、写真の通り、十字線はピンボケになる。長いタイプの方がピンボケ度合いはいいかも知れない(使った事ない)。

 

ピンボケ度合いが、マシじゃないかなぁ?と思ってるロングタイプ。Amazonのレビューを読むと十字線が直交してないとか、たわんでるとか...いろいろあるようなので、どれを使っても精度的には大差ないかも知れない。

 

Photo_20200106091301

主鏡のお尻の3か所の押しネジ・引きネジを調整して、主鏡のセンターマークを光軸調整アイピースのピンボケな十字線の中心と合わせる。十字線、肉眼でもピンボケだけど写真だとさらに撮影困難なので、赤い線を付けておいた(写真だと主鏡のセンターマークがちょっとズレてるけど、ピンボケ十字線だとこのくらいまでしか調整できないよ。無理ゲーだよ...)。

 

Photo_20200106091601

光軸調整アイピースを脂汗を流しつつ覗きながら、斜鏡の押しネジ・引きネジを調整して、主鏡のセンターマークの中心に光軸調整アイピースの黒い●を合わせる。

R0011661

 

 

R0011662

レーザーコリメータの光が主鏡のセンターマークに合っている事を確認。

 

R0011663

レーザーコリメータの光が戻って来て、コリメータの中心にある事を確認。

 

これで、調整は出来た(と思いたい)。

通常、この状態まで調整して山ではレーザーコリメータで確認して斜鏡、主鏡の順で微調整して撮影している。最近もそうしてたんだけど、ベランダでは『イイ時』状態なのに、山では『ダメな時』状態になるって不思議。

 

どこかが緩んでいて、移動中にズレているのか、撮影時に接眼部がズレてしまうのか...(後者の予感... そうなると、フォーカサーの交換... となると、やっぱり、BKP150 にして軽量化... ああああ、煩悩が回り過ぎ)。

 

 

 

« まだ冬だけど、銀河祭り | トップページ | パンスターズ彗星_20200104 »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おはよーございます。
未だに、「像が甘い」とか言われるのがどういう状態なのかピンときていません。
ダメな時、いい時の画像は、中心像ですか?
ピントが合っていないわけではないんですよね?
ピントが合わないのかな。
外では寒すぎて細かいことができません。よく頑張っていらっしゃるーー。

ダメな時、いい時が中心像なんですよ。変でしょ... 隅っこが少し伸びるくらいなら、ま、いっか~なんですが、全体が彗星みたいな像です。
で、これ像が一番小さくなった(合焦した)時なんですよ...
全バラして再組立てしてみようか... くらいの感じです (-_-;

光軸調整は自分的にはエンドレスで、ここー!!
みたいな感じはなかなか無いですねw
画像を見る感じでは、光軸は合っているように思えますが?w
やっぱり最終確認は眼視か撮影してみるしかないですね。

自分が今回
遠征で撮影した画像は
https://jajapyon0517.cocolog-nifty.com/blog/
にUPしております。
ボチボチ処理していきます。

光軸調整は出来ていると思うのですが、何故かダメになる時があるんですよ。
いい像になる場合もあるので、どこかが何かの時に動いちゃったりしてる予感。

引きずってますなぁ。
私にできることは、「温かく見守ること。」だけ。
健闘を祈る。

物理的に破壊してるので復旧は厳しいのかなぁ~と。
でも、なんとかなりそうな気もしてるんですよね...
フォーカサの傾きが問題な気もしてきてるし...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ冬だけど、銀河祭り | トップページ | パンスターズ彗星_20200104 »