« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月に作成された記事

2020年1月31日 (金)

【天体写真?】萌さんの作り方

(多分、すごくマイノリティーだと思うけど)甘夏竹輪萌ファンの皆様、お待たせしました。

すっごく、お久しぶりね~♪ですが、萌さんに登場して貰いました。

つか、萌さん、そのものの動画ですッ!刮目して視聴だッ!

 

Photo_20200131103601

萌さんの作り方を動画にしてみました(フェイストラッキングとか音声合成とかクロマキー合成とか)。

 

春節休暇でカメラの修理期間長いだろ~な~と思ってたけど、例の肺炎絡みで春節休暇も延びるみたいだし、暖かくなるまでネタもないな~って事で、メイキング動画作ってみました。

(ってのは表向きの理由で、実は萌さん動画作るのメンドーなので長期でサボってしまって作り方を忘れかかってるので備忘録なんすよ (^o^;

 

 


 

Photo_20200131133401

こんなモノが出品され、また、入札されてしまうとは... 

 

2_20200131184801

どんどん激化してる予感...

 

 

Kurtzpel

久しぶりに KurtzPel やってみたら、すごくアップデートが入ってて、やりやすくなった感じ。

 

 

ベテルギウス

ベテルギウスが暗いだの、やっぱ明るくなっただのって、結構な騒ぎになってるねぇ。

 

で、テレ東もそれを伝えてたんだけど...

 

最後の大江さんが一番良かった \(^o^)/

 

 

 

 

2020年1月30日 (木)

退院しました

Medical_daichou_naishikyou2

大腸ポリープ手術後の入院、予定通り、二泊三日で終わって帰ってきた。

 

 

手術は出血もなく平穏無事だったのだけど、下剤のせいか、手術中か手術後に嘔吐したらしい。本人、気が付いたら鼻とノドが激痛で、ナースから苦しんでたと聞かされたので、いつゲロッパしたのか分からない。

鼻から胃液をゲロッパってのは有り得ないくらい苦しい状況で、痛くて痛くてしょうがない。手術は検査と同じでお尻から管を入れるだけで切開とかする訳ぢゃないので、全然苦しくないのだけど、ゲロッパのせいで、すげー苦しかった... orz

 

 

で、ティッシュ貰ってビービー鼻から胃液出しながら歩いて病室へ。点滴はつけっぱで、病室帰った後、交換してもう一袋って感じだった。

 

 

大腸ポリープを摘まんで切り取る手術だから当日は絶食でプチ断食を覚悟してたけど夕食が出た。

一分粥ってほぼ液体のご飯と具のないお吸い物。リンゴジュース付。不思議な事にこれで空腹感は感じなかった。

 

 

2日目、何回か血圧と体温を測るくらいで、やる事もないし、超ヒマ。ちっちゃなPCは持って行ったけど病院のWiFiがあまり速くないので、ようつべ見ると、そこそこストレス。

なので、だらだらとTVを見て過ごした。BSが写ったので良かったよ。地上波のお笑い芸人とかが司会やって些細な事に延々と「お前頭沸いてんのか?」的なコメントを垂れ流すような番組、誰が見てるんだろうか?と思う。

 

 

2日目も夕食となると、全粥ってのに昇格して(一部粥→三部粥→五部粥→全粥→普通のご飯って流れだった)、鶏と茄子の揚げ出しとか出て、「もう、こんなの食べていいの?」ってちょっと驚いた。

去年の緊急手術&緊急入院した病院と違って、病院食が比較的美味しかったのも驚いた。

 

夜、普段は見ない報道ステーションをぼーっと眺めてたら、某氏が出演してるのに気が付いて、え?ええ?えええ?ええええ?と驚く。最近、忙しそうだなぁ~と思ってたら、こんな事になっていたとは!

Photo_20200130102101

色々とアレかと思って色々とモザイクにしたら、色々とアレになってしまった。悪い事(?)は出来ないものですなぁ...

 

 

2020年1月27日 (月)

明日は手術

明日は大腸ポリープの手術。なので、今日はうどんモード。明日は絶食。明後日も御粥くらいなんだろうなぁ...

 

Cut42_wearetheworld1200x801

また、例の「1%の需要に応えた看護師フリー素材サイト」から拾ってきた。

入院に当たっての質問票みたいのがあって、「病室に名前を出していいですか?」って項目もあった。NG回答したら、どう表示されるのか興味あったけど、面倒くさい事になるのも嫌だったので、素直に「はい」に〇付けておいた。

 

R0011710

で、昨夜から暴風雨。台風的な嵐だよ...

 

マンション、外壁工事の足場が中途半端な状態で、強風ヤバくね?と思ってたら、西日本各地で足場が崩れたらしい。やっぱ、ヤバかったんだ~

 

NHK で日曜夜中やってる「映像研には手を出すな」が面白い。

 

2/2 にこれまでの1~4話を一挙再放送らしい。

 

 

2020年1月25日 (土)

体重測定_20200125

R0011706 _20200125

すのーらん 88g。メタボが進行しちゃったよ... 

 

R0011708 R0011709

2020年1月24日 (金)

ベルトをね...

マンションの駐車場のところに衣類乾燥機が2台設置されてた

 

20200123_095650

地震で外壁のタイルが割れたり落ちたりしてたんだけど、地震&オリンピック特需で工事業者が居ない&吹っ掛けられる...だったので絶賛放置プレイだったのが、やっと着工した。

外壁以外の壁も進んでるけど、この工事が最後っぽい。で、2月いっぱい位、ネットで覆われて暗くなるので洗濯物が乾かないから衣類乾燥機設置しましたって事らしい。

 

このマンション小さいけど、それでも40戸くらいある。衣類乾燥機2台だと混雑するような気もするし、入れっぱ放置してるヤツがいるだとか、洗濯物を盗まれただのと、色々な事案が発生しそうな気もする(駐車場横なのでカギ無フリーで入れる場所だし)。

 

で、ウチには衣類乾燥機あるんだけど、数年前から壊れたまま放置。買い替えると、5~6万円しそうだし、修理頼むと出張対応で2~3万円くらいっぽい。

これは自力でやるしかあるまいなぁ~ってんで、重い腰を上げた(乾燥機大きくて重いので、公家の出である私は不得意分野だ。金と腕力は無いんだよ)。

 

R0011697

で、後ろを開けたら、案の定、ドラムベルト切れてた。つか、動脈硬化してボロボロだ。

 

 

Amazon でこれを買って

 

R0011705

サクッと交換完了。ネジが硬くて難儀したけど、作業難易度は低い。

で、起動試験したら、完璧に復活。衣類乾燥機の不具合は、ほぼほぼベルト交換って噂は聞いてたけど、その通りだねぇ。

 

っつ~訳で、15cm ニュートン折衝が俄然有利になった。メデタシ!

 

Money_maizoukin_hakken_woman

 

 

 

2020年1月23日 (木)

霧の朝

朝、カーテンを開けたら、濃霧。

 

R0011703

しばらくして明るくなってきて雨は降らない感じになってきたので、低空に張り付く雲(霧だよね)をタイムラプスしてみた。

 

 

 

今日の天気予報は曇り一時雨くらいだったと思うけど(星空指数は10)、時たま、すごく良く晴れる。晴れ間な長続きしないので撮影は無理かなぁ~。

 

と、ASI294MCP 入院中で ASI385MC 使ってるけど、BKP200/F800 だと、カニ星雲がイイ感じの大きさに撮れちゃうくらい。って事は画角が狭いって事で、アライメントしてもファインダーが無いと導入が難しかったりする状況。

 

これは彗星撮影には不利(あちこちの彗星を短時間で、ポンポコ撮影して回るスタイル)なので、BLANCA-70EDT を使う事にしようと思う。F6 とちょっと暗めだけど、ウチの機材で一番焦点距離が短いので...

 

この組み合わせ(ASI385MC+BLANCA-70EDT)はやった事無かったと思うので、フラットナー付けて合焦点するか確認してみた。

その時の動画が↓

 

こんな短い鏡筒を使っても、こんなにゆらゆらしちゃってると、星を撮影して像が太っちゃうのは、仕方ないよねぇ~と改めて痛感。

 

R0011704

カメラとフラットナーはニコンマウントで接続。ニコンマウントとカメラの間には 10mm の延長筒を入れてある。

 

 

 

2020年1月22日 (水)

パンスターズ彗星_20200121

C2017t2_20200121

C/2017 T2 (PanSTARRS), 2020/01/21.4243 28*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=12.4(SI8), start=18:59:05(JST)

 

21時くらいには雲が出る GPV だったけど、今週、来週はずっと雨予報なので、吉無田高原行ってきた。

久しぶりに、七福神ポイント。あそこ、上に宿泊施設があるけど、夕刻から設営してても、まったく人の気配なし。犬も吠えない。と、思ってたら21時くらいに灯りが点いて(撮影に支障がある程ではないけど)犬も騒ぎ出した。その頃、南の空が白っぽくなってたので(まだ東側は暗かったけど)撤収。

 

289p_20200121

明るくなってるって噂だったブランパン彗星、写らず。明るくなったと言っても、せいぜい 17等級くらいだけど、写らず... この写真で17.5等星は分かるんだけど(怪しい像だと19等でも確認できるのもあった)、確認できなかった。

移動量が大きかったし、ASI385MCを使うと拡大されて35mm換算 4000mm くらいだと思うので、メトカーフコンポジットしたら星が点々。加えて、さすが4000mm、近くを歩くとガイドが乱れてダメになってたので、それらを除いて5枚。

今後は暗くなる一方だと思うので、ブランパン彗星は結局写すことが出来ずに終了だなぁ...

 

M1_rtfl

久しぶりのカニ星雲(M1)。ASI385MC 使うと、BKP200 でも、こんなに大きい(カニ星雲小さいって意見を聞くけど、それなりに大きいイメージなので違和感無)。カニは明るいので 16*120sec でも大丈夫。

 

Abell24_rtfl

Abell24。こいぬ座の惑星状星雲。サイズがカニ星雲と同じくらいらしかったので撮ってみた。予想以上に淡かった...(加えてピンボケだぁ)

 

そりゃそうだよね、こんなに大きな惑星状星雲、明るかったらもっとメジャーなハズ。ステラナビゲータで検索できなかったので、星図をクリックして RA, DEC を見ながら、エイヤ!と導入。

 

この写真は一番明るい部分しか写ってないけど、もっと広がりのある興味深い星雲なので、16*120sec とかのお手軽撮影ぢゃなくて、たっぷり露出してみたいなぁ~(たっぷり露出したい対象は多いけど、山でソロで寒くて犬が吠えてると、なかなかね...)。

 

今回は、光軸調整アイピースで自宅で調整したまま、現地でのレーザーコリメータでの調整は行わずに撮影。この方がどう見ても結果は良好。

星像安定しない問題は、山でレーザーコリメータで調整してたのが原因かも知れない。

ただ、以前から山でレーザーコリメータで最終調整は普通にやってて、問題は無かった。考えられる要因は2つ。

 

1. カメラが ASI294MCP(入院中)から ASI385MC に変更されてるため、拡大されて写る。以前から星像は少し悪かったけど気が付かなかっただけ?

 

2. 例の事件でフォーカサを壊しちゃったので、その影響。フォーカサ以外のどこかも曲がったりしちゃってる疑惑。そのせいで、レーザーコリメータでは、うまく光軸調整ができなくなっている。

 

後でレーザーコリメータで調整した後、光軸調整アイピースで確認してみよう。そのズレ量がダメと気がついちゃうズレ量って事になると思う。

 

と、ASI385MC+BKP200 使って撮影すると、赤道儀がグルっと回ると対象が視野に入らなくなる... だから、C/2017 T2 を撮影した時はオートガイドしていない。

今の構成だと、アライメントまでファインダー使うけど、その後は必要なかったので、ファインダー外してガイドスコープに換装が必要。

この構成でやるなら、BKP200より焦点距離の短い BLANCA-70EDT の方が良いかも(軽いしね(^o^))。

Photo_20200122053301

数日前に作った画角比較図を見ると、ASI294MCP+BKP200 は、 ASI385MC+BLANCA-70EDTよりずっと広範囲が撮影出来てる。

ASI385MC + BLANCA-70EDT(レデューサ無)でファインダー無運用が出来るかどうかは要確認。

BKP200 のファインダー台座にガイドスコープを付けてファインダーと併設って手もあるけど、彗星をメトカーフコンポジットすると、移動量が大きめの場合、恒星が点々になってしまって、すごく見難くなるって問題もあるので、 ASI294MC 復帰までは BLANCA運用でもいいかな...

そもそもが今後2週間は天気悪そうだし、来週手術なので、来月は山へ行くのは控えたいと思ってるから、あまり撮影する機会も無さそうな感じでもあるんだけど。

 

ASI294MCP が復帰する頃(1ヶ月後くらいかな?)に合わせて、15cmニュートンを調達しようかなぁ~

 

 

20200121_180807 20200121_190119

七福神ポイントからの眺め。遠くの山は雲仙。南区の方が見えてるのかな... 

 

 


BKP200/F800 の光軸調整が安定しない件、昨夜は良かったと思う。

L_20200121_200315_bin1x1_120s__10c_g300

コンポジットしていない M1 がコレ(画像をクリックすると原寸になります)。Exp=120sec, Gain=300, No Crop ダークは引いたけど、うまくアンプグローが除かれていない(右上)。非冷却だとダーク使いまわし厳しいね...

問題の星像だけど、問題無さそう。

 

で、今、レーザーコリメータで確認したら、合ってる。この状態だったら再調整しないと思う程度に合ってる。念のため、光軸調整アイピースで確認しても合ってる。うう~ん?

数日前、光軸調整アイピースで合わせた後、レーザーコリメータで確認したら、少しズレてたと思うんだけどなぁ...

 

とにかく現状だと星像には問題ないと思う。そうなんよ、ブログのタイトルを『BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz』にしていた通り、安定しないのが問題。いい時はいいんだけど、同じように調整してもダメな時があって安定しないのが問題。

 

最初に疑ったのは主鏡の締め付けが緩くて、撮影中にズレてしまう事だったので、かなりキツく締めこんだんだけど、その後も事象は継続... 斜鏡がズレる可能性もあるけれど、事故時の状況を考えると、「フォーカサが傾く事がある」ってのが怪しいと思う。

 

 

2020年1月21日 (火)

続々々々々・BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

そろそろ、終わりにしたいなぁ~♪

 

今日(1/21) の夜、晴れそうな GPV だ。前回の光軸調整で(ちょっとだけ)試写してみたら、それなりに改善されたっぽい。

(出来れば)山で撮影してみたいと思ってる。ので、光軸調整の再確認しておく(こうやって悪化させちゃう無限ループってのもあるけど)。

 

Photo_20200120164201

光軸調整アイピースで調整してるけど、山で設営した後、光軸確認はレーザーコリメータで実施する事になる。車に積んで1時間以上移動する訳だからダートは走らないにしても、少しズレててもおかしくないしね。

 

撮影に行く時は、早くても夕刻、日没くらい。場合によっては深夜に現地到着になる。となると、光軸調整アイピースで確認するのは実際問題として無理ゲー。現地ではレーザーコリメータで確認し微調整するのが現実的だと思う。

 

だから、光軸調整アイピースで調整した結果とレーザーコリメータで調整した結果を比較してみた。

黄線がアイピースの十字。赤線は斜鏡スパイダーの影。レーザーコリメータで調整すると、アイピース十字からはちょっとズレてしまう。コリメータの精度もボチボチだし、接眼部の精度もアレなので、こんなものだろうと思う。この程度のズレは許容範囲でないと無理ゲーになる(使うCMOSが4/3だから多少の誤差は許されると思いたい)。

 

で、ここで、アイピースの中心と斜鏡スパイダーの中心が少 しズレてるのが気になった。BKP200は接眼部の傾きが調整できるので、もう少し調整してみよう(そもそも、今回の光軸ズレまくり地獄の発端が接眼部の傾きがグチャグチャだったと思う)。

 

3_20200120165001

接眼部をちょっとだけ調整して、黄線と赤線の差が小さくなるようにしてみた(多少見やすくなったとは言え、ピンボケ十字で合わせるのはこれが限界)。

調整後、再度レーザーコリメータで確認したら、ちょっとだけズレてたので、レーザーコリメータで主鏡のセンターマークと折り返しが中心の穴に来るように微調整した結果が右端。

 

山に到着して最終調整したら、この右端くらいの精度になると期待して、結果がどうなるか確認してみたい。

 

光軸調整のズレがどの程度が許容範囲なのか分からないけど、この程度は誤差範囲として周辺像の多少の悪化くらいで勘弁して貰いたいところ(実際に以前はレーザーコリメータで最終確認して周辺像は多少楕円でも中心はちゃんとしてたしね)。

 

困った事に、これ趣味なので、どこまでも追及したくなるところだけど、趣味でなかったら対費用効果(ここで言う費用はカネだけではなくて時間や労力も含めて)としての妥協点が重要なハズなので、どのくらいが妥協点なのかを把握しておきたい。宝くじハズレたしぃ...

 

Kotowaza_mekara_uroko_man

だらだらと文章だらけになっちゃったので、無意味に「いらすとや」さんのイラストを置いときます。

 


朝から追記

 

夜中起きたら快晴。今日(1/21)は晴れそうだけど、22~23時には雲が迫ってきそう。今だったら、明け方の岩本彗星(C/2020 A2)がワンチャン撮影できるかも知れないし、自宅では、それなりに改善した星像が車で移動したらどうなるかを確認もしてみたかったので、元職場付近まで25kmの深夜ドライブ。

 

で、3時頃、現地(芋畑)に到着したら全面どん曇り...orz ありがちな展開過ぎ...orz

 

ボヤいててもしょうがないし、GPVは明け方にかけて改善しそうな気配だったので、とりあえず設営。レーザーコリメータで確認したら、ちょっとだけズレてたようなので、調整。

しばらくしたら、雲が切れてきたのでアライメント。アライメント終わったくらいには快晴。やた!これで勝つる!

 

アライメント中に気が付いていたけど、星像が自宅チェック時より悪い感じ (-_-;

 

03_32_25_f12 03_33_41_f12

暗い星は良さそうな感じだけど、明るい星は歪だよね... ピンボケリングの右下の影は何だろう?

03_32_25_f12a

炙ってみたけど、暗い星も右下に影があるような感じ。

Photo_20200121064301

同心円にはなってないなぁ...

 

L_20200121_035910_bin1x1_60s__8c_g300

う~ん?と唸りながら、主鏡のネジを調整してみたけど改善せず... とりあえず何か撮影してみようと思って、PHD2のキャリブレーション始めたら、ロスト。えええ?と思って上を見たら雲がががががが... これまた、ありがちな展開。

結局、60秒で1枚だけ無理やり撮影したけど、それ以降はどん曇り (-_-;

これを見ると、そこまで悪い像ではないような気もする。長時間露出すると誤魔化せるのかな...

 

4時過ぎまで待ってみたけど、西からどんどん雲が来てて改善しそうな気配が無かったので撤収。

で、帰りついたら自宅周辺は快晴っつ~嫌がらせ(多分、平地は晴れてるけど、山の近くは雲があるって事だったんだと思う。自宅からも低空は雲があるような感じだったので)。

 

つ~訳で、やっぱり星像が安定しない。自宅でチェックしても山では悪化する。山でレーザーコリメータを使うのがダメなのかも知れない。自宅で光軸調整アイピースで合わせた後、山では光軸調整せずに撮影してみよう。

と、15cm ニュートンも本気で検討しよう (-_-;

 


今夜撮影して確認するために、光軸調整アイピースで調整。

_21a

こんなもんかな。斜鏡センターマーク調整してたら、外から持ってきた鏡筒が冷たくて部屋では結露。結露しちゃうと斜鏡センターマークがすごく見やすくなるってのを発見! (^o^;

 

_21b

この状態でレーザーコリメータで確認すると、少しズレてるけど、光軸調整アイピースで合わせた状態のまま撮影して確認してみよう。ジムニに揺られてズレちゃうかも知れないけど、なるべく大人しく走るって事で勘弁して貰う。

レーザーコリメータが偏心しちゃってる可能性もあると思ったけど、クルクル回してみて主鏡上の一点で回ってるので、それは大丈夫だと思う。

もう、いい加減疲れたので (^o^; マジで 15cm どれにしよ~かなぁ~ F4 にしようか F5 にしようか... このBKP200、ネットオークションに「【ジャンク】謎の呪いで光軸調整至難、腕に覚えのある人向け」で出品しちゃうか?誰かがブログネタに落札してくれるかも知れないw(誰かと、この悩みを共有したいッ!)

 

 

2020年1月20日 (月)

これは何ですか?

R0011690

これは何ですか?

何ですかもへったくれもなくて、「USB2.0 B Type L型(右方向)変換ケーブル」と書いてある。

 

 

R0011691

ガイドスコープに付けて

 

R0011692

ケーブルを接続すると、こうなる。ASI120MM は ST4 と USB2.0 が 90度の角度で設置されているので、ケーブルがちょっと突っ張る。このケーブルを使うと無理な角度で捻らなくて良くなる。

ASI120MM-mini だと、こんな問題は発生しない。USB が Type C になっちゃうので、A-C 変換ケーブルとかが必要になっちゃうけど。

 

ASI294MCP も USB3.0 L型で接続するのが良さそうな気もするけど、電源ケーブルもあるので微妙...

 

R0011693

ガイドスコープにカメラを付けた時、コネクタがどっち向くか?は運まかせなので、笠井トレーディングの「T2 マイクロアジャスター」を使って調整した(カメラに噛みこんでた 5mmの延長筒が取れたので)。

 

こーやって、色々工夫してるツモリなんだけど、ケーブル引っ掛け事件とか起こしちゃう... 策士策に溺れるってヤツっすか?... orz

 

 

2020年1月19日 (日)

続々々々・BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

昨日、光軸調整を最初から(鏡を両方とも外して)やり直した。晴れたら試写したいと思ってたけど、晴れる気配なし。

諦めて寝てたら、0時頃、晴れてた(最近、0時頃短時間晴れる事がちょくちょくある)。

なので、急遽試写しようか?と思ったけど、ベランダ設置すると終わった頃曇ってる危険性大だったので、部屋に設置して固定撮影してみた。

モタモタしてると曇るかも知れないし、固定撮影で星は動くのでピントは見た状態の勘で合わせただけ。

 

New1_20200119014001 New7 New2_20200119014001

New6_grgb

 

やっと、星像が改善したっぽい。

晴れそうな日があれば、ベランダでもいいので、赤道儀動かして、ピント合わせもしてちゃんと撮影してみたい(車で移動すると、またダメになる可能性もあるんだよねぇ... orz )

 

 

続々々・BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

土曜日の早朝、雲の合間からちょっとだけ試写。

New1_20200118080501 New3 New2

スグに曇ってしまったので、あまり確認できなかったけど、やっぱり星像が変。光軸調整は出来そうな事は全部やったツモリ。やっぱ、例の事件で壊しちゃったフォーカサがダメなのかなぁ...

【追記】ググってたら、星像が変なのは斜鏡の回転が怪しいような記事を見つけた。確かに回転してたら光軸調整しても分かり難いかも知れない... この観点で、もう少しやってみるかなぁ

 

そろそろ諦めて(爺になって20cm扱うの苦しいし)、15cm F4 ニュートンにしようかな... BKP150 だとどうせ同じでペラペラ・スパイダーとか、お尻迷光とかあるだろうなぁ... また同じ事するのは、う~ん... だなぁ... GINJI も似たような感じだろうなぁ...

国産のクソ高い筒を買う資金は(宝くじが当たらなかったので)無いし... う~ん...

20200118_131410

朝から、う~~~んと言いながら悶絶してたけど、4時間かけて、全部やり直し
1. 主鏡、斜鏡を外して、レーザーコリメータを筒の内部に当てて接眼部の直交を調整
2. 光軸調整アイピースで斜鏡のセンターマークを十字に合わせる(斜鏡の引きネジ・押しネジ調整)
3. 主鏡を戻して斜鏡の傾き調整(3本の押しネジのみ調整)
4. 主鏡の引きネジ・押しネジを調整

Photo_20200118132901 2_20200118132901

まだ、ちょっとズレてるけど、これで晴れたら再確認してみよう...

(15cm F4 色々探したけど、 BKP150, GINJI-150 だと、どちらも、う~~~ん...  米国オライオンの 15cm F4 が良さそうな気もするけど、情報少な過ぎ) 

 

41p

C2015v2

C2015er61

金曜深夜(土曜になった後)の恋アスは、録画は止めたツモリだったけど、録画されてた(2話めで、これはさすがに爺ィ付いていけないを自覚した)。で、冒頭のシーンで主人公たちが彗星を双眼鏡で見えるかなぁ?的な会話してた時に登場したのが、この3彗星と思う。

 

『と思う』を付けたのは、『パンスターズ彗星』としか言わなかったから。タットル・ジャコビニ・クレサーク、ジョンソンと一緒に名前が出たら、やっぱり C/2015 ER61 だろうと思う。ジョンソン彗星もいくつかあるけど、時期的にこれだろう。

 

 

2020年1月18日 (土)

体重測定_20200118

R0011684 _20200118

すのーらん 86g。最大体重更新... メタボってるので、少しダイエットして貰おう。

 

R0011686

 

 

2020年1月16日 (木)

続々・BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

天気悪くてニュートンの試写できない~♪

今月末の満月期は、主力カメラは入院中だし、中の人も手術で入院(2泊3日だけど)なので、まぁ、また~り光軸調整してればいいかなぁ~って事で、買ってみた。

 

R0011679

光軸調整用アイテム群。左から光軸調整アイピース(短)、光軸調整アイピース(長)、光軸調整レーザーコリメータ。

 

 

で、見え方の違いだけど、動画にしてみた。

 

やっぱし、長いタイプの方がピンボケ度合いが少ない(見やすい)。

 

R0011677

動画中でも紹介してるけど、ASI385 に 激安Cマウントズームを使って撮影しながら光軸調整してみると、すごくやりやすかった。カメラを光軸調整アイピースにピタッと合わせるのがちょっと面倒だけど、脂汗流しながら光軸調整アイピースを覗き込んで調整するのに比べたら全然楽。

光軸調整アイピースを使って調整した後、レーザーコリメータで確認したら、ピッタリ合ってたので、今度こそ、マトモな星像になって欲しいなぁ... 晴れたらベランダで試写するんだけど、晴れそうな気配がない... orz

 

 

 

 

蜂窩織炎

窩織炎がTwitterでトレンド入りしてて、「何事?」と思ったら、白鵬が蜂窩織炎で休場だったのかぁ。

 

けむけむ、公家の出なので身体弱くて、色んな病気知ってる。もちろん蜂窩織炎も経験済。

あれは痛い。物凄く痛い。激痛系。10年位前、足の甲に出来たんだけど、最初は巨大なニキビか?と思ってたけど、どんどん悪化して発熱・嘔吐しちゃうっつ~。

最初に行った皮膚科では対応できないってんで紹介状貰って総合病院行ったら、切開。麻酔注射を足の甲にして(物凄く痛かった)切開。麻酔なんかしてないだろ?級に痛い。横でナースが手を握って何やってんだろう?と思ったけど、激痛に耐えるために手を握ってたらしい。思いっきり握り返してたと思うのでナースも大変だぁ...

 

で、切開して数日で幕張に単身赴任になっちゃうっつー、とんでも展開だったの思い出した。

紹介状貰って、リウマチの通院に女子医大に行って、そこで蜂窩織炎も診て貰ったけど「再発するかも知れないね~」と脅されたのも思い出した。とりあえず、いままで再発してないけど、もうあれは罹りたくないな~。

 

Cut6_satsutaba600x401

意味不明なナースの写真素材サイト「1%の需要に応えた看護師フリー写真素材サイト スキマナース」から拾ってきました...

 

 

 

2020年1月14日 (火)

右手が痛い

右の肩が痛くて難儀してたけど、肘が痛いし伸ばせなくなった。

仕事辞めたので、かなり軽減したけど、やっぱ冬場はリウマチ出る (-_-;

ステロイド、4mgに減らしたままだけど、冬場は増やしておけば良かった...

 

 

2020年1月13日 (月)

天気悪いけど、満月期だから許す

満月期、快晴になって、色んなモノに呪いをぶつける事が多々あるけど、今週は天気悪い。で、来週も悪い。再来週晴れるかな...

晴れても、いまいちモチベーション上がらない予感。ってのが、ASI294MCP が入院中なので、ASI395MC 使ってるけど、これが思ってたより、ずっと画角狭い。

Photo_20200112175401

緑色が ASI294MCP を BKP200/F800 で使った時。先日、プレ・銀河祭りしてアンテナ銀河って意外と大きいなぁ~とか思ってたけど、銀河が大きい訳ではなくて、画角が狭かったっつ~事。GS-200RC の1600mm で ASI294MCP を使った時より狭いもん。

 

銀河にはいいけど、彗星には、ちょっと狭いなぁ~と思って、BLANCA-70EDT(70mm F6) で調べてみた。x0.8 レデューサ使えば、結構広くなるね。晴れたら、これで彗星撮影してみようかな。BKP200 の光軸調整問題もあるので、そっちも試してみたいけど...

 

 

2020年1月11日 (土)

体重測定_20200111

R0011676

_20200111

すのーらん 85g。微増。

 

 

レオパブレンドフード、水に戻して与えるのだけど、ふやかし過ぎるとポロポロ崩れちゃうので、2分のところを1分くらいで試してみたら、硬すぎたようで、食べると折れて飛んじゃうっつ~。ガリガリ食べてたけど、飛んじゃうのは問題なので、やっぱり2分浸すことにしよう...

 

Timeline2019

Google Map が 2019 年の行動記録を教えてくれた。どこに行ったのか全部記録残ってるって、どーよ?とも思うけど、便利なので、ま、いっか。

今年からは出張で東京... もないので、九州から出なくなるんだろうなぁ...

 

 

Ens7038119767

Amazon Prime で マギア・レコードしてみた。面白くなりそうな感じ。

これは付いていけるけど、『恋する小惑星』は無理... 1話は話題についていかなきゃと思って見たけど、2話目は無理。河原でパン食べたところまでは見た。

Amazon Prime で『鬼滅の刃』もチェックしておこう。爺ィ、かなり努力しないと付いていけない事多いよ...

 

 

 

2020年1月 9日 (木)

トップファン

Topfan

FaceBook を見てたら突如、「あなたはトップファンになりました!」的なメッセージ来た。

ZWO Camera の FaceBook で(何故か)トップファン認定されたっぽい。

 

>コンテンツへの「いいね!」やリアクション、投稿へのコメント、投稿のシェアなどのアクティビティが非常に多いフォロワーは、トップファンバッジの資格を得ることができます。

 

らしい。FcaeBook はあんまり使ってないんだけどなぁ...

『新製品出たので使ってみてください』的なメッセージだったら、ウェルカムなんだけどなぁ~

 

 

 

Photo_20200109170101

別件だけど、光軸調整アイピースを付けた状態で、Cマウントレンズを付けたカメラをくっつけてピント調整すると、目で見るよりも見やすいかも知れない。

これはSharpCapで撮影(静止画を撮ったつもりが動画だったので画面ハードコピーだけど)。

この時はカメラは手で持った状態だったけど、パーマセルテープで貼りつけたりすれば、イイ感じで使えるかも知れない。

 

 

 

2020年1月 8日 (水)

続・BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

BKP200/F800 の光軸調整、まだやってる。天気悪くて試写できないので、気になって仕方がない。

 

R0011672

一番気になってるのを確認してみた。

フォーカサが壊れて全バラ・再組立てしてるので、鏡筒と直交してない可能性が高いのだけど、光軸調整アイピースで覗いて斜鏡のセンターマークと合わせてた。

けど、やっぱり確認しておこうってんで、斜鏡を外して(ヒーターを仕込んでるので外したくなかった...)、フォーカサ中心までの長さを図ってマーキングした糸を垂らして、鏡筒側にパーマセルテープでマーキング。

斜鏡の短辺側に、そこそこズレがあるっぽい。目でみて斜鏡ステーの真下でないのが分かる程度にズレてる。

ここをフォーカサ角度調整の押しネジ・引きネジで調整。R0011673

ほぼ合ったかな...

 

20200107_170125

レーザーコリメータや光軸調整アイピースを使う時、斜鏡からの距離が大きい方が誤差がハッキリしそうだったので、2インチ延長筒を2本使って延長した。

 

20200107_195654crop

斜鏡を取り付けて、光軸調整アイピースのピンボケ十字に主鏡のセンターマークを合わせて

 

20200107_195951crop

主鏡のお尻のネジを調整して、光軸調整アイピースの●も合わせて、調整終わり。試写したいけど、今日は雨。う~、悶々とする~

 

Flat_20200108090301

フラットで周辺減光が均一化確認しようとしたら、センサー小さいからか目立たないっつ~...

 

 

Youtube_20200108081101

チャンネル登録者さんは地味に増えてて、半年で倍増してた。

 

 

2020年1月 7日 (火)

パンスターズ彗星_20200104

『春ぢゃないけど銀河祭りだ~とか言いながら調子こいて銀河撮影したら光軸がグチャグチャでトホホ事件』で忘れてたけど、1/4 夜、彗星も撮影してたんだった。

 

C2017t2

C/2017 T2 (PanSTARRS), 2020/01/04.5858, 32*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=NoControl), No Cropping, mag=12.6(SI8) start=2020/01/04 23:03:02-(JST)

何故かダークと画像サイズが違うと言われてしまってダーク、フラット処理できず... 右上はアンプグロー。

 

Photo_20200106162701

これを23時頃撮影してた時の星像は、悪くない... けど、

 

Photo_20200106162901

1時間後に銀河を撮影した時は、星の左側に彗星のシッポ的なものが2本見える... どゆこと?だよ... orz

 

 

2020年1月 6日 (月)

BKP200/F800 の光軸が安定しない... orz

最近、ニュートンの像が安定しない。

 

Photo_20200105164601

例のケーブル引っ掛けて大騒ぎ事件以降、問題ない時と星像がヒドい場合がある... 2020/1/4~5 にかけて撮影したのが最後だけど、その時の像がヒド過ぎ。でも、その前は良くなってる... う~ん?

 

Vs

拡大してみた。ダメな時、イイ時って、551蓬莱 みたいだなぁ~

 

ひとつ考えられるのは、フォーカサのネジが断裂して、ドローチューブを支えるローラーの1個が微妙に接していない可能性。もちろん、手で触ってグラグラするような事はないのだけど、鏡筒が真上を向いてると比較的良さそうで、低い角度の方が悪い傾向にあるような気がするので怪しい。

と、もうひとつは、例の事件の時、主鏡を外したりしたんだけど、その時、主鏡マスクの付け方を変えたので、それが影響している可能性。

フォーカサをどうにかするのは難しいので、主鏡マスクを以前の取り付け方に戻して確認してみよう。

ただ、ブログを追いかけてみたら、ベランダで撮影してる時は比較的いいのに、山だとダメって傾向もある。車に積んで移動する時に何かが起きているのだろうか... もちろん、山で赤道儀に積んだ後で、レーザーコリメータで確認と微調整はしているんだけど... う~んんん?

 


 

朝、明るくなったので、光軸を再調整してみる。

 

R0011650

接眼部が鏡筒に対して(概ね)垂直なのを(一応)確認しておく。

 

R0011655

レーザーコリメータの光が斜鏡のセンターマークに当たっているかを主鏡を外して確認。この場合、斜鏡の短辺方向にズレているので、接眼部の傾きを調整(斜鏡の長辺側だったら、斜鏡の押しネジ・引きネジで主鏡との距離を調整)。

 

R0011657

接眼部は、押しネジ・引きネジが3か所ある。今回のトラブルではフォーカサーをバラバラにしているので、ココが狂ってしまった可能性は高い(何が起きたのか分からなかったので、あちこち調査した。普通、ココは触らない方がいいと思う)。

 

R0011658

斜鏡のセンターマークとコリメータの光が(ほぼ)一致。ちなみに、レーザーコリメータは購入状態だとレーザーが真っ直ぐ出ていないって困った状態で、その状態で使用すると本末転倒になるので、接眼部に付けた後、回転させて主鏡上の光がグルグル回らず1点で静止している状態であることを事前に確認必要。普通、回転すると思うので、『ここは触るな』と書いてある(あったと思う)部分のゴム的な材質を穿って取り出した後、イモネジを調整必要)。

 

ズレていると思った方がいいレーザーコリメータはコレ。ホジホジやって調整すれば使える。

Photo_20200106090501

ホジホジするのは ↑の部分

 

Photo_20200106090701

光軸調整アイピースで覗いてみる。グチャグチャ。山に行く前は合わせたハズなんだけどなぁ (-_-;

 

光軸調整アイピースは、これを使っているけど、写真の通り、十字線はピンボケになる。長いタイプの方がピンボケ度合いはいいかも知れない(使った事ない)。

 

ピンボケ度合いが、マシじゃないかなぁ?と思ってるロングタイプ。Amazonのレビューを読むと十字線が直交してないとか、たわんでるとか...いろいろあるようなので、どれを使っても精度的には大差ないかも知れない。

 

Photo_20200106091301

主鏡のお尻の3か所の押しネジ・引きネジを調整して、主鏡のセンターマークを光軸調整アイピースのピンボケな十字線の中心と合わせる。十字線、肉眼でもピンボケだけど写真だとさらに撮影困難なので、赤い線を付けておいた(写真だと主鏡のセンターマークがちょっとズレてるけど、ピンボケ十字線だとこのくらいまでしか調整できないよ。無理ゲーだよ...)。

 

Photo_20200106091601

光軸調整アイピースを脂汗を流しつつ覗きながら、斜鏡の押しネジ・引きネジを調整して、主鏡のセンターマークの中心に光軸調整アイピースの黒い●を合わせる。

R0011661

 

 

R0011662

レーザーコリメータの光が主鏡のセンターマークに合っている事を確認。

 

R0011663

レーザーコリメータの光が戻って来て、コリメータの中心にある事を確認。

 

これで、調整は出来た(と思いたい)。

通常、この状態まで調整して山ではレーザーコリメータで確認して斜鏡、主鏡の順で微調整して撮影している。最近もそうしてたんだけど、ベランダでは『イイ時』状態なのに、山では『ダメな時』状態になるって不思議。

 

どこかが緩んでいて、移動中にズレているのか、撮影時に接眼部がズレてしまうのか...(後者の予感... そうなると、フォーカサーの交換... となると、やっぱり、BKP150 にして軽量化... ああああ、煩悩が回り過ぎ)。

 

 

 

2020年1月 5日 (日)

まだ冬だけど、銀河祭り

まだ、真冬だけど、半月がいるので、真面目な撮影は0時過ぎ。なので、一足早く銀河祭りしてきた。

 

先日、吉無田高原行ったのに設営したら曇っちゃったトホホのリベンジ。22時頃到着すると、まだ設営前のひでさんとえりさんがいた。

設営してしばらくは月が明るいので、だらだら... と、やってたら、例のキツネの声。今夜はらっぱさん、キツネに会えそうだな~と思ってたら、(多分)若者が夜遊びしてる車が数台来て、それ以降、キツネの気配なし。

0時頃、らっぱさん登場。『さっきまでキツネ騒いでたけど、帰っちゃいました』と報告して、ガックリさせる。

 

0:30頃、月が沈むと思ってたら、日付が変わってて、実は1:30頃まで居座る事が判明。あの高さから30分で沈むの?とか怪しんではいたけど、日付が変わるとmoon set も変わる事を考慮してなかったっつートホホ。

 

寒くてしょうがないので、自販機で暖かい飲み物を買って飲んでたけど、ひでさん、えりさんはカップヌードル食べてた。そのお湯を沸かしてるところに便乗してコーヒーのアルミ缶を温めようとしたけど、あんまり温まらず残念... 汁物食べたら絶対温まると思うけど、年寄り夜中にそんなもの食べたら胸やけして大変な事になりそう... カップスープくらいならいいかも知れないな~

 

先日、アナグマを敷いちゃった疑惑の E氏、相変わらずガイドがうまく出来ないと、もう聞き飽きましたそのセリフ状態。今回は PHD2 をインストールしてきてたので、しばらく静観してたけど、キャリブレーションが全然動いてない状態。しょーがねーなーと、けむけむ先生、ちょいちょいっと手を貸して数分で見事バッチシ。で、暖かい飲み物を買ってきて奢ると約束してたのに、踏み倒されるっつー、最近の若者は躾が出来てないのぉ。ぷんすか。

 

らっぱさん、日中もどこか行くそうで、途中で撤収。夜徘徊した後、日中も徘徊するって、すげー体力!

 

 

Ngc2403_20200105

NGC2403, 2020/01/04.6537, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, start=2020/01/05 00:09:34-(JST)

色々と残念な出来になってしまった... ニュートン光軸調整しても向きによってズレる事象が解消しない... 主鏡の取り付けが緩かったかな?と思って締めなおしたけどダメ(実際ゆるゆるだったんだけど)。フォーカサのネジが折れてるが影響して鏡筒の向きで微妙に角度が変わっちゃるのかなぁ... うう~ん...

 

 

Ngc2903_20200105

NGC2903, 2020/01/04.7039, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, start=2020/01/05 01:52:36-(JST)

これも星の形が変... うう~~~ん... orz 月が沈んだので、NGC2403 よりは多少マシになったかな

 

 

M106_20200105

M106, 2020/01/04.7544, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, start=2020/01/05 03:05:21-(JST)

淡い部分出てないな~。露出足りなかったかぁ...(全部... 2時間ずつ露出すれば良かった...)

 

 

Ngc4038_20100105

NGC4038, 2020/01/04.8091, 32*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, start=2020/01/05 04:24:03-(JST)

これも淡い部分がダメで、アンテナが写ってないっつ~本末転倒(ネタには微かに写ってたけど、画像処理してたら消えちゃったよ... orz)

Ngc4038

彩度強調する前はアンテナが微かに確認できる。光軸がグダグダなのと露出不足が敗因だな~。次の新月期にリベンジしたいな、これ。

 

 

M51_20100105

M51, 2020/01/04.8578, 30*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, start=2020/01/05 05:34:12-(JST)

32枚撮影したかったけど、薄明が始まったので 30枚。

全部露出不足だったよ... 『二兎を追う者は一兎をも得ず』祭りだったのか... とほほほほ... orz

 

_2019

去年の『春の銀河祭り』。各銀河の画像がドンドン小さくなってしまうので、どうやってコレクション(?)すればいいかなぁ...

 

※縮尺は全部同じです。アンテナ銀河は思ってたより、ずっと大きくて面白そうな対象。M51ってメジャーな割には、かなり小さめ。

※一部、ほんのちょっとだけ脚色してありますが、概ね事実です。

 

 

 

2020年1月 4日 (土)

体重測定_20200104

R0011647 _20200104

すのーらん 84g。ずっと安定して 84g。

 

R0011636 R0011640 R0011644 R0011648

最近、シェルターから出て寝てる事が多い... 警戒心ゼロ...

 

 

2020年1月 3日 (金)

ワイスマン・スキッフ彗星_20200102

2020/01/02 夜晴れそうってんで、新たに アツメルオさんを誘って、ひでさん、えりありさんと吉無田高原。らっぱさんは阿蘇山頂にいるらしく、遅れて合流するってメール。

で、日没くらいから設営。設営時は快晴。半月近い月はあるけど、それなりに撮影できるだろう... と思ってたら、薄暮終了くらいから薄い雲が出て、20時には、もう駄目です級に曇り。諦めて撤収っつ~、あるあるな展開。

らっぱさんは雲が湧いてGPVも下方修正ってメール来たので、こっちも撤収しますって返信。週末リトライしようって返事きたけど、もう月が太るのでベランダでも一緒かな?

 

アツメルオさん、いっぱい店を広げてたので撤収大変だったと思う。えりありさんのオートガイド不具合はカメラが怪しいけど、アプリケーションのサポートとかカメラを買った代理店さんとかに画面コピー添えて質問してみたら?って助言。つか、あんだけトラブってるのに、 PHD2 を使わないのが謎過ぎ。ついでに、ASI294MCP 持ってるのに、非冷却非改造一眼レフ使ってるのも謎過ぎ。

 

そういえば、前回の帰り道で、大きなアナグマを見かけたけど、えりありさん、そいつを車で敷いたらしい。ううむ。当面はアナグマの呪いで晴れない予感...

 

らっぱさんは、キツネを気にしてたけど、駐車場の外あたり(50mくらい離れた場所)で鳴き声が聞こえたので、4人で騒いでなかったら寄ってきたかも知れない。

 

曇ってダメだったけど、ボウズは避けたかったので、無理やり撮影した 114P/Wiseman-Skiff 

114p

え?どこに写ってるんだって?

 

114p_

雲が寄って来てたので、焦って導入したら、外してたっつ~... orz ASI385MC での撮影慣れてないので導入精度がグダグダ(ってか曇って星があまり見えなかったのも影響してると思うけどねぇ)

 

結局、ボウズでした... orz

 

 

 

2020年1月 2日 (木)

Crop は、どう表現すればいいのだろう?

彗星を撮影した時、正方形に切り取っている。これはアストロアーツに投稿する時、正方形が収まりがいいから。

で、トリミング(クロッピング)する時に、

Asi294_crop

ASI294MCP を使った時は、横 4138 ピクセルの半分、2069ピクセルの正方形にして、 "1/2 Crop" と表現している。

これ、長辺の1/2長で Crop している訳だけど、1/2 Crop と表現する場合、

・長辺の1/2

・短辺の1/2

・斜辺の1/2

・面積の1/2

なんてのが考えられるけど、どれが適切なのだろうか... やっておきながら、長辺ではなく短辺の 1/2 の方が適切ぢゃね? とも思う。

 

諸般の事情で当面、ASI385MC を使うけど、この場合、

Asi385_crop  

短辺の長さで Crop して No Crop と表現するツモリ。これ、自己矛盾してるよね... やっぱ、短辺を基本に、 No Crop, 1/2 Crop しようかな...

 

Asi294_1408_crop

これが短辺 1/2 Crop。

写真の中にゲージを入れちゃうのが一番なんだろうけど...

Scale_sample

こんな感じに

 

 

2020年1月 1日 (水)

あけおめで、エイサスエスエヌ彗星

R0011637

1日中、カズノコで焼酎飲んでたので(絵に描いたような爺ィだな...)ベランダで初撮り。賢明な読者諸氏はお気付きの事と思うが、カメラが非冷却。

ASI294MC Pro は例のアレで入院する事になったので、退院まで ASI385MC に代理をお願いする事にした。

 

こーゆー時は、山に行く前にベランダでテストしないと必ず不測の事態が発生する。世の中、そうなってる。

 

C2018n2_20200101

エイサスエスエヌ彗星

C/2018 N2 (ASASSN), 2020/01/01.4333, 16*30s, 20cm F4 Newtonian, ASI385MC (Bin=1, Gain=300, Temp=0), No Cropping, mag=13.8(SI8) 2020/01/01 19:20:02-(JST)

彗星だと、そもそも何が写ってるのか訳分からないので、もう少し分かりやすいもので比較。

 

M103_rt_20200101210901

年末、ベランダで撮影した M103 散開星団。 ASI294MC Pro だとこんな感じ。

 

M103

ASI395MC。センサーサイズが違うので、こんなに拡大されちゃう。 1930x1090ピクセルなので、縮小とかしなくてもブログに貼れちゃうし、画像処理も速い。

大きな彗星はハミ出しちゃうね... C/2017 T2 は収まらないな... けど、銀河とか惑星状星雲にはいいかも知れない。今の季節だったら非冷却でも天然冷却になるし。

 

ってな訳で、今、ASI395MC のダークを30, 60, 90, 120, 180, 240, 300 で16枚つづ撮影中。1時くらいまで撮影してるはずだけど、勝手にやってもらって寝てしまう。酔っ払い爺ィなので。ふぇふぇふぇふぇ。

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »