« ゴチャゴチャなケーブルを整理するチューブ、ふたたび | トップページ | ブランパン彗星_20191223 »

2019年12月23日 (月)

ガイドスコープを替える

R0011551

最近は、オフアキ面倒くさい(笑)ので、ガイドスコープばっかり使ってるけど、これが結構ゴツい。笠井トレーディングの 60mm F4 ファインダー

直進ヘリコイド付けてるので、カメラ込みだと 930g もある。

 

これを、もちょっと小さく軽くしたいと思った。

 

R0011571

ZWO の 30mm F4 を星見屋さんから購入。非冷却カメラと同じサイズの箱だぁ(OAGとかも同じサイズなんだよね)。

ほぼ同じスペックで、もちょっと安価なのもあって、なんちゃってカーボンだったのだけど、ZWO信者なので、こっちにした(?)

 

R0011573 R0011574

まるで、撮影用鏡筒とガイドスコープって感じのサイズ感。

 

R0011576

標準は、ビクセンファインダーアリガタなんだけど

 

R0011577

アルカスイスに交換。ここはカメラネジで止めてあった。

 

R0011581

カメラ込みで 353g と劇的ダイエット成功ッ!(ガイドスコープとカメラの間に 5mm の延長筒が入ってるのはオフアキ用に使ったのがカミ込んで外れなくなったから... orz )

ピントは対物側を回して調整し、赤いリングって固定するって機構。結構(1cmくらいかな)伸ばして合焦したけど、晴れたら星で再調整しなきゃ。

 

R0011583

USB と ST4 が上から取り付ける方向になっちゃってケーブルは下から来るから取り回し難そうだった。

5mm延長筒を追加して、下から向きに調整。カミ込んでる延長筒が外れたら笠井のM42アジャスタを使おうと思ったけど、どうしても外れず... (カメラの蓋が緩んでしまうし、その部分の幅が狭いので掴めず回せない...)

 

R0011550

でっかいガイドスコープでぎゅうぎゅうだったのが

 

R0011578

スッカスカになってしまって、移動中にガサゴソしそうで逆に不安っつ~ (^o^;

 

 

 

« ゴチャゴチャなケーブルを整理するチューブ、ふたたび | トップページ | ブランパン彗星_20191223 »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

口径60㎜ 240㎜ f4って、立派な撮影用望遠鏡だよね。

すのーらんもこれぐらいサクッとダイエットしたいもんだね。

すのーらんより本人をどうにかしたい件

ははは。^^

これ、かっちょいいですよねー。ファインダーにも使えるズームだったらすぐ買っちゃうんですが、と言いつついずれ買ってそうな気がしますorz

接眼部は M42 です。ファインダーになるような気もします。
そうそう、M42 だけど、ASI120MM mini も使えるので、中は、1.25"ですね。 固定するためのネジも2本付属してるので、アイピース付けてネジ止めしちゃえばファインダーになると思います。やったことないけど...
今、ブラックフライデー&クリスマス特売中ですぜ、だんな

すごーく軽くなりましたね!
ファインダーにもなりますか?アイピースがいるの?
すごーく気になってきました。
(スターホッピングできなかったらほんとに考えなくては。というか、できる気がしないし)

アイピース付ければ、ファインダーにもなると思いますが、スターホッピングだったら、非冷却CMOS付けてデジタルファインダーにしちゃう方が楽だと思います。

必殺 Plate Solve が使えるようにしちゃえば、望遠鏡がどこを見てるか解析してくれるし。
Sharpcap 使えば、極軸合わせも楽だし。
ただ、CMOS使ってデジタルファインダーにするには、焦点距離120mm は長すぎると思います。私は 25mm のCマウントレンズ使ってます。

ううう、どんどん難易度が上がっていくんですけど(笑)
まだ例の新入りも使えていないし、ていうか画像がちゃんと処理できないとそれ以前のお話しですよう。
あの、同心円のゴースト?って何でしょうか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴチャゴチャなケーブルを整理するチューブ、ふたたび | トップページ | ブランパン彗星_20191223 »