« ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす | トップページ | 続々・ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす »

2019年12月25日 (水)

続・ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす

あまりに落ち込んで、とりあえず寝て、明るくなってから被害状況確認と思ってたけど、気になって寝てられないので、1時頃からガザガザ開始... (-_-;

 

Photo_20191225041201

まず、何が起きたのかのおさらい。

AdvancedVX には、DECモータを収納するコムサイみたいなでっぱりがある。

C0e65214b0af5c2d308beb9db000b304

※コムサイ:ムサイ級軽巡洋艦の先端に搭載される大気圏突入カプセル

 

そのコムサイでっぱりに例のケーブル集合体が引っ掛かったまま、赤道儀が回転したので、ケーブルが引っ張られて機材を破壊した。

被害状況

1. 主力撮影カメラ ASI294MC Pro のUSB3 コネクタ部および冷却用電源コネクタ部の変形。断線等は未確認であり正常動作するか不明。

2. 主力撮影鏡筒 BKP200/F800 の接眼部が正常動作不可。接眼部がまったく抵抗なく下がってきたため、内部損傷の疑い大。

 

状況確認

1. ASI294MC Pro

  R0011586

ひぃぃぃ

 

R0011585

ひぃぃぃぃぃぃ

 

分解確認

R0011587

コネクタ及び基盤の目視確認。断線等は確認できない。

 

Asi294mcp

起動試験。明るさに応じて像が変化するのを確認。冷却動作を確認。正しく写るかどうかは未確認だが、とりあえず動作した。

 

※フォーカサを修理した後で確認してみたら、正常に動作した。ただし、USBコネクタ部は損傷しており、ケーブルに負荷がかかると接触不良で動作不安定。

ケーブル集合体を作り直して、カメラとの接続部に負荷がかからないように対処する必要あり。

 

2. BKP200/F800

R0011588

接眼部を外してノブを動かしてみたが、ドローチューブは無抵抗にスカスカ動く。ピント調整機能は完全に失われている。

 

R0011590

分解して内部を確認。

 

R0011593

ドローチューブを押えるローラーがひとつ見当たらない。鏡筒の中を探して当該部品を発見。

 

R0011599

ネジが破断していた。偶然、アルカスイスプレートの裏側のネジが利用できた。

 

R0011603

アルカスイスプレートの裏側に滑り止め(?)で付いてるネジ。片側は外す事が多いので、いくつか手元にあった。

 

R0011600

破断したネジを交換し、元の状態に組み上げたが、フォーカサが正常に動作しない。このフォーカサ、裏側にあるネジを調整しないと正常に動作しない。この調整は非常に難しい。

2時間ほど悪戦苦闘。コツは締め過ぎない事と外側4つを微調整してドローチューブと水平になるようにする事。傾いているとガリガリ異音発生。異音なく抵抗がある状態になった後、中央縦のネジ2本で締め付け強度を調整。

 

R0011602

復元。鏡筒内部にナットがあるので、手で押えつつ、ネジを取り付け、取り外しする必要がある。

 

破断したネジで主鏡にキズを付けた可能性はあるが、接眼部は正常に動作するように回復。

 

明るくなったら、事故時の状況を再現して、ケーブル集合体を作り直す。今回、接眼部のケーブルを少し余裕を持たせてしまったため、引っ掛かってしまったと思われる。遊びを少なく、赤道儀の可動部分は柔軟性を持たせるため、「ゴチャゴチャなケーブルを整理するチューブ」はいくつかに分割して使う方が良さそう。

カメラの動作確認で、ケーブルに負荷がかかると接触不良になる事があるので、接眼部にケーブルを固定する等の対策が必要。

 

 

« ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす | トップページ | 続々・ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

何とかなりそうですね、よかったよかった(´▽`) ホッ
コネクタはハンダゴテを使って一旦外してから付け直すといいかもしれませんね。
単に固定する爪が変形し緩んだだけかもしれないですけど、外せば矯正するのも楽だと思います。

あんな細かな部分のハンダは無理ゲーなので、このままでケーブルを工夫するようにしたいと思ってます(近くに1mmくらいの抵抗類がわんさかハンダ付けしてある)

けむけむさん、この度は大変でしたね。

私もこれまで機材転倒が原因で、ASI385MCのUSBコネクター破損、ATIK FFWのUSBコネクター破損、Moonlite Focus のベアリング破損 ..etc やっちゃいました。幸いZWOもATIKも修理を受け付けてくれたので中国やUKに送付して修理してもらいました。 (Moonlite社は部品を送付してもらい自分で修理)
自力で修理が困難な場合は、メーカーか代理店に問い合わせてみるとサポートが受けられる場合があります。

けむけむさん述べられているように、カメラ周りのUSBケーブルの取り扱いは注意した方が良いと思います。ケーブルに負荷がかかってもコネクター部分にまで負荷がかからないように、ケーブルに遊びを持たせたうえでケーブル自体を鏡筒に固定しています。

タックさん、アドバイスありがとうございます。
接触不良が多発するようなら、代理店さんに相談してみようと思います。

ケーブルの取り回しを検討中で、鏡筒になるべく近い部分で、引っ掛かからないようにマジックテープ等で固定できるようにしようかと思っています。

フォーカサーの調整が超難しいです...

天体撮影にはよくあるあることで
反転時は基本
眼視確認を自分は徹底しております。
修理出来たらいいですね!
接眼部は復活したみたいで良かったですね。
接眼部を外されたみたいなので
スケアリング調整も大変かと思いますが
望遠鏡の構造がよく分かり
よいお勉強になると思いながら
頑張って調整してください😅


>反転時は基本眼視確認を自分は徹底しております。
それが一番とは思います。

接眼部を戻して光軸確認しましたが、ほとんどズレていませんでした。ただ、フォーカサは、もう少し要調整です。

少しは落ち着きましたか?、山に登るカーブで見かけましたが「真っすぐ前を見てて・・」クラクションも気が付かれないようでした。
何とか修理して回復出来そうでちょっと安心て感じですかねえ、明後日位にチャンスが有りそうなのでテスト撮影が出来ると良いですね(^_^)v
ゆんべはミルク牧場の近くで様子を見ていましたが晴れそうにないし、SCWでも雲の動きが悪そうだったので久木野まで行って見ました。
でも雲は阿蘇山頂を覆っていて産山側まで行かないと無理みたいでしたが、流石に気持ちが萎えてしまいました。
単なる深夜ドライブに終わりました。

昨夜、すれ違いましたか~
気が動転してたので、気が付きませんでした...

昨夜は待ってもダメでしたか...
21時くらいには晴れてきそうなGPVだったので吉無田で待とうと思ってたのですが、大騒ぎになってグダグダでした...

なんとかなりそうなのでよかった。

>>ケーブルに負荷がかかると接触不良になる事があるので
USBコネクターがあれだけ曲がったとなると、USBコネクターと基盤との間の半田が浮いちゃってる可能性が高い。
追い半田しないまでも、USBコネクターの足(コネクター本体を固定する足を含め10~12本ぐらい?)に残っている半田を再度溶かして基盤に再度くっつけるだけでもかなり違ってくると思う。
コネクター部の基盤の裏側が見えているようなので、半田ごてを持っているなら、各足をジュジュっとね。

こういうのが好きな人は簡単に言うんだよね。^^

あそこに半田を当てる勇気はないですね。まず、周辺の部品がほぼ見えないです。コネクタの足だけならともかく、周囲に見えない級の部品も付いてるんですよ。CPUの裏側みたいな感じで。

大事故だったのですね(´;ω;`)
USB3.0のコネクタ、ケース後部が外れてコネクタ自体が曲がってるみたいなので、ねじれた内部端子が接触不良を起こしているように思います。
私なら、、、うーん、、、、ぶっ壊す覚悟でUSBコネクタ載せ替えるかな。外部に引き出しちゃうかも。ま、はんだ面の状況がわからないのでなんとも。。。

現場では茫然自失しちゃいました (-_-;

ハンダは怖いので、ケーブル側の対処で様子見して、ダメそうなら修理に出したいと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす | トップページ | 続々・ここへ来て、今年最大級のヘマをやらかす »