« 新しい攻撃パターンに負けた件 | トップページ | 体重測定_20191221 »

2019年12月20日 (金)

【天体写真】ZWO ASI294MC Pro の画像処理(ステライメージ8)

先月撮影した M33 をステライメージ8で画像処理する動画を作りました。

以前、M100を炙って赤ポチを出そうとして出なかったトホホ動画を作っちゃったのでリベンジ編(?)です (^o^;

 

 

撮影データ

M33, 2019/11/29.4473, 32*120s Dither by 1/4, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

 

撮影地

熊本県御船町吉無田高原

 

撮影機材

Main Cam: ZWO ASI294MC Pro, Guide Cam: ZWO ASI120MM

鏡筒: BKP200/F400  コマコレクタ: baader MPCC-MARK III 光害カットフィルタ: LPS-V4

赤道儀: AdvancedVX

 

撮影ソフト

Main: Astro Photograpy Tool (APT)  Guide: PHD2 

 

画像処理ソフト

ステライメージ8  RawTherapee

 

動画処理ソフト

Davinci Resolve 15

 

BGM: 星は遥か written by shimtoneさん  https://dova-s.jp/bgm/play11809.html

M33_rt

動画中で処理した画像を貼っておきます。縮小しないで貼ろうとしたら、勝手に1600ピクセルにされちゃったよ... orz

 

M33 M33rt

前回処理と前々回処理。見直したら、こっちの方がいいなぁ~。動画用に彩度上げすぎちゃったんだろうなぁ... 

 

2_rrgb

動画見直してみたら、ディベイヤー後にオートストレッチしないのも、アリだなぁ~と思ったので、オートストレッチせずにデジタル現像してコンポジットしてみた。

赤が強調され過ぎちゃった感がすっごい事に(青ポチが出ない...)。けど、周辺部の淡い泡状の赤いのは、ちょっと出てきた(やっぱ露出不足感が強いけど)

 

Photo_20191221045701

炙り出したい周辺の泡状の部分。右はすばるの画像。撮り増しして露出時間を2~3倍にして炙ってみたい。

 

 

« 新しい攻撃パターンに負けた件 | トップページ | 体重測定_20191221 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ASI294MC Pro」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

Davinci Resolveは15を使っているんですね、16かと思っていました。
16でのHow toが少ないので、15を入れた方が良かったのかと思っちゃいました(^^;)

15 と 16 は、けっこー違うんですよね。動きのある 3D タイトルを手軽に使えるのは 15 の方みたいです。
16 はFusion でアレコレやれば自由度は上がるんだろうけど、難易度も上がってるような気がします。
ググって色々情報が出てくる方がいいんですが、最近、16が増えてきてるみたいっす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい攻撃パターンに負けた件 | トップページ | 体重測定_20191221 »