フォト
無料ブログはココログ

« KurtzPel | トップページ | ブランパン彗星_20191019 »

2019年10月20日 (日)

ニュートン反射結露対策ふたたび

夏、清和高原で結露に悩んでいろいろと対策した。

 

続々・BKP200 主鏡の裏側の迷光対策

ニュートン反射結露対策する(斜鏡編)

ニュートン反射結露対策を確認する

ニュートン反射結露対策の仕上げ

 

ところが先日のヒゴタイ公園、ここまでやっても主鏡が軽く結露してた。

ってな訳で新しい試み。

 

R0011419

 

お風呂のお湯を冷めにくくする保温シート。こいつを鏡筒に巻いて断熱を狙う。

 

R0011421

全体を包んでみたら鏡筒バンドが入らなくなってしまった... 薄いシートだし、スポンジ状だから押せば凹むので大丈夫だろうと思ってたけど甘かった (-_-;

 

R0011423

3パーツに分けて鏡筒全体をカバーした。テープで裏側から貼ったけど弱そうだったので、結束バンドで縛り付けた。30cmのバンドを3本つないで締め上げた。

 

 

 

R0011424

お尻もしっかりと隠せるようにフタを作った。

 

R0011426

フタを開けて、主鏡の裏に当たる部分(迷光防止用にクラフトシートを付けてある)に貼るタイプのホカロンを貼って熱源とし、内部の空気循環を狙う。

乾燥空気を使うのは中止して様子見してみる。乾燥空気も効果あると思うけど、エアポンプがうるさくてね...

 

星空を眺めながら、エンヤを聞くのが好きだけど、エアポンプの音は邪魔。

来るべき「お姉さんと並んで星空を眺めるシチュエーション」を想定するとエアポンプが横でブーンと唸ってるのは興ざめだ。

 

土曜日の夜、月が出るころ南から雲が来るみたいだけど短時間なら撮影出来そうだったので、近場の金峰山行ってみた。

 

20191019_173921

海の向こうは雲仙。ススキを前景に配したりしてみた。

 

20191019_175841 20191019_175854 20191019_175909 

20191019_200315_20191019224801

アルミ箔みたいなのが付いてる素材で断熱加工したら、銀チョコみたいな鏡筒になった... ちょっと、HST っぽくもある。

 

結露する気配は皆無だったので、効果は確認できていない。星が綺麗な場所ほど結露する事が多いと感じる。星が綺麗でなくても結露するような呪われた場所もあると思うけど、けむけむのテリトリー(?)には、そんな邪悪な場所は無さそうだ。

 

 

 

« KurtzPel | トップページ | ブランパン彗星_20191019 »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

銀チョコ、カッコいいですね。
みんな結露に苦しんでいるようですが、私もやっとその意味を体感するようになりました。
鏡筒をあっためればいいんでしょうか?
といっても、遠征時だけなので、赤猫の話し。
とりあえずふつーのレンズヒーターを買って、次回使ってみる予定です。
反射鏡は室内据え置きのためか、去年の冬は結露は気がつきませんでした(というか去年の冬から始めたので、気がつかなかっただけかも)

鏡筒よりも、自分の防寒のほうが先です。
撮影を開始するより先に凍死しそうです(爆)
あと、赤道儀って厳冬期もちゃんと動くんでしょうか?
一番だめだろうと思うのは、レリーズの液晶です。

赤猫だったら、レンズをヒーターで巻けば大丈夫と思いますが、北海道と九州では冬の本気度が違うので、もちょっと工夫いるのかもです。

(前面に補正レンズのない)反射は(屈折と比べて)結露し難いと思います。斜鏡の方が先にやられちゃうと思いますが、山以外では結露した事ないです。外気温よりちょっとだけ高い温度に出来れば結露しないと思います。

こちらは冬場の山の撮影地でも-5℃くらいで済むので、サンタクロース的な姿にして車に逃げ込めば大丈夫ですが、そちらは本気でヤバいですよね...

赤道儀も(多分)動作範囲は -5~40℃くらいと書かれていそうな気がします。パソコンがヤバいですよね。多分、ホントに動かなくなると思います。

ありがとーございます。
先月末くらいから急にレンズが曇るようになって、この先どうしようと思っていました。
SE200Nは室内据え置きなので、厳冬期でも結露するほどにはならないかなと甘く見ています。
去冬は道東で-12度くらいで撮影しましたが、まだ固定撮影で時間もかけていませんでした。
今行っている遠征地は山の中で除雪されていないと思うので、冬季は行けないと思います。
それ以前に、ほとんど晴れることがありませんしね。どうしよう。
赤道儀って寒さは大丈夫なんですね。
PCは使っていません。
さて、今の体制で冬どこまで耐えられるか(自分も含めて)、なんでこんな我慢大会みたいなことをしてるんでしょう(涙)

ニュートン、山は結露するけど山以外では結露した事ないです。
1~2時間なら耐えられても、5~6時間とかになると結露するって事も多いようで、気温が下がるのより機材の温度が下がるのが速いんだと思います。

-12℃... 考えたくない気温ですよね...
> なんでこんな我慢大会みたいなことをしてるんでしょう(涙)
冬場に山で撮影してると、一晩で 100回くらい、こう思います(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KurtzPel | トップページ | ブランパン彗星_20191019 »