フォト
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月に作成された記事

2019年9月30日 (月)

【天体写真】ロケハン:緑川ダム編

Map

緑川ダムにロケハンに行ってきた。

前回の大観峰や吉無田高原、清和高原と比べて、阿蘇の火口から倍くらい離れてる。降灰量は距離の二乗に反比例するだろうから降りそうだったら距離を取るのが良さそう。

 

緑川ダムの博物館的な施設があって、スイーツ売ってあったりするし、自販機もある。トレイはなんとウォシュレットっつー「撮影地では最も綺麗なトイレ大賞」を受賞しそうな勢い。

施設周辺は夜、街灯が点くかも知れない。近くにイベント広場ってのがあって暗そうだけど、下は土(芝生)。さらに家族村ってのもあって、そこの駐車場は結構良さそう。トイレもあった。

 

緑川ダムに行く途中には、佐俣の湯があるので、温泉行ってから撮影ってパターンも可能。

この周辺はもう少し調べたら、他にもポイントありそう。ただ、南側が九州山地で、山に近いので低空は狙えない。熊本市は北西方向なので、北側もそれなりに暗そう。東側はかなり暗いと思うけど、夜行ってみないと分からないよね。

 

 

動画の後半は、佐俣の湯の奥の渓流の動画。なんか、深夜の TOKYO MX っぽくなった。

 

 

 

 

2019年9月29日 (日)

体重測定_20190928

R0011340 _20190928

すのーらん 77g。微増。

 

R0011341 R0011342 R0011343

 

2019年9月28日 (土)

ボリソフ彗星_20190928

3時頃目覚めたら、雲の隙間から星が見えていたので、急遽ベランダに設営。

赤道儀のアライメントがうまくいかずに、焦って汗だくになりながら、なんとか導入。雲が流れるので1分露出で連続して撮影し、雲の隙間で辛うじて写ってた6枚をコンポジット

2i_20190927
ボリソフ彗星
2I/Borisov , 2019/09/27.7879, 6*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/4 Cropping, mag=18.8(SI7)

例の恒星間天体。

 

2i_20190927_dss
自信がないので DSS と比較。DSSでは像がないところなので、ノイズでなければ、これが彗星っぽいけど、限界の暗さなので微妙...

 

 

2019年9月27日 (金)

【天体写真】ステライメージの処理負荷

Photo_20190927160001

ステライメージで画像処理した時、どの処理がCPUを酷使しているのだろうか?

直感的には、

①ダーク・フラット補正

②ホット&クールピクセル除去

③コンポジット

あたりが怪しいような気がする。

ので、やってみた。

 

 

何が重いか?予想は当たっているのか?

答えは動画にあるぞッ!

刮目して、いますぐ視聴だッッ!!

 

 

※動画の処理速度はリアルタイムです。 Xeon X5680 は、コア数(スレッド数)は 6 Core / 12 Thread だけど、3.33GHz(ブースト 3.60GHz) と単コア性能はイマイチ...

※あの処理は全コア使うけど、あの処理は2~3コアしか使ってないんだ~とか、色々な視点でお楽しみ(?)ください。

※登録者数が55人で止まってしまったので、姑息な手段で... 

 

 

2019年9月26日 (木)

パンスターズ彗星_20190925

C2017t2_20190925
パンスターズ彗星
C/2017 T2 (PanSTARRS), 2019/09/25.6833, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.8(SI7)

昨夜にも増して雲が湧きそうだったのでベランダ設営。なんとか撮影したけど、後半は雲が湧いてガイドもグダグダ、画面も白い。

毎晩毎晩、ストーカーになって例のボリソフ彗星を狙ってて、そろそろ月が細くなったから... と思ったら、天気がダメ。当面曇りや雨の予報。一週間後くらいに晴れるかなぁ?くらい... orz

 

 

2019年9月25日 (水)

アフリカーノ彗星_20190924

昼間、雲が多くて、晴れ間もあるけど、厳しいなぁ~と思ってたら、21時過ぎに、結構晴れてきた。ので、急遽、熊本空港近くの芋畑ポイントに出撃。

設営して、さて、アライメント... どん曇り。あるある過ぎ... orz しばらく、悶々としてたら、徐々に晴れてきたので撮影開始。でも撮影中も雲が邪魔してガイドはグダグダ。

挙句、徐々に雲が優勢となってきたので、隙間を狙って撮影してたけど、撮影枚数がドンドン減るっつー。

 

C2018w2_20190924
アフリカーノ彗星
C/2018 W2 (Africano) , 2019/09/24.6247, 16*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=10.6(SI7)
移動量が大きい。地球に近いところを通過してるんだろう。800mmだと60秒露出が良かったか...
うっすらと見える尾は、ダストの尾で、スタラナビゲータが示す尾とは逆向きに見えているっぽい(彗星の進行方向が上から下)。

 

C2018n2_20190924
アサシン彗星(エイサスエスエヌ彗星;舌噛むってば...)
C/2018 N2 (ASASSN) , 2019/09/24.6490, 8*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=12.5(SI7)

 

C2017t2_20190924
パンスターズ彗星
C/2017 T2 (PanSTARRS), 2019/09/24.6622, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.8(SI7)

 

260p_20190924
マクノート彗星
260P/McNaught, 2019/09/24.6684, 1*180s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.2(SI7)

 

撮影枚数が、16->8->4->1 になるほど、雲に蹂躙されてきました... orz

 

 

これは何ですか?

R0011331

これは何ですか?

パソコン。まぁ、ほぼ正解なんだけど、左側は今まで使ってたパソコン。右側は諸般の事情で存在しているワークステーション。

パソコンとワークステーションは何が違うかってのは、ナカナカの疑問なんだけど、ズバリ重量が違う。圧倒的に違う。パソコンは多分 5kg くらい。ワークステーションは 15kg もある(あくまで、これらの機種での比較ですけどね)。マジかッ!と言うほど重かった(宅急便さんごめんなさい)。

 

スペックは、
パソコン Core i7-3770(4/8), 32GB, SSD:500GB+HDD:500GB, GTX650Ti
ワークステーション Xeon X5680(6/12), 24GB, SSD:500GB+HDD:800GB(RAID0), GTX1050Ti

ってな感じで大差ないんだけど、ネットオークション見てたら、グラボとCPUを抜いて売れば、元が取れちゃうよね?価格で出てたので、あと2~3時間あるから落とせないよな... と思いつつ入札したら、落札してたっつー、マジかッ!?事件。

 

R0011332
Intel 入ってる。しかも、Xeon だぜッ。ジーク・ジオン!

 

動画処理で、普通の処理はサクサクだったんだけど、タイトルを3Dでぐりんぐりん動かすエフェクトするとコマ落ちしちゃってたのが改善するかもしれない(多分、グラボの性能不足だと思うので)。CPU も 4/8 から 6/12 になるしね...

 

こんなデカいパソコン2台も食わせていけないので、 Core i7-3770 の方は売ってしまおう...

 

業務用のワークステーションは、特殊な部品だったりして(例えば、CPUファンも汎用品は使えない)、敬遠される傾向にあるようで、同等スペックのパソコンと比べると安価で出品されてるようだ(多分、リース落ちしたのだと思う)。

 

 

i7-3770+GTX650Ti と X5680+GTX1050Ti で Davici Resolve の Fusion タイトルがちゃんと処理できるか比較してみた。

結果、落札して良かった (^o^)

Coretemp3

重い動画を処理すると、 CPU 温度は 80℃近くまで上昇(室温 25℃)。ファンも音が大きくなるので頑張ってるんだなぁ~と実感...

 

 

 

 

2019年9月24日 (火)

降灰予想_20190924

晴れてる。撮影行っちゃおうか?先日、いつもの吉無田高原か、ロケハンした阿蘇北外輪山か...

明るいアフリカーノ彗星をブリブリ緑色にしちゃうとか、マクノート彗星やアサシン彗星のシッポを炙っちゃうとか、明け方のボリソフ彗星リベンジするとか野望は膨らみ放題だ。

 

_20190924

今日は灰が降ってる感じはしないけど、今夜の降灰予想は、こんな感じ。南は南阿蘇村、北は産山村方面。ただ、こんな両方に伸びてるって事はどっちに吹くか良く分からない... って感じか、風向きが途中で変わるって事かも知れない...

阿蘇の外輪山付近ってのは、結局、火口に近いので降灰の危険があるって事だよね...

 

Google Map で赤ピンを付けてるのは、緑川ダムのところ。「美里町ガーデンプレイス家族村」の駐車場が、Google Map で見る限り、結構良さそう。左のマップの左下の星印は御立岬。あそこまで行けば、降灰にビクビクしながら撮影する事はなくなると思うけど、高速代がいるんだよね...

 

 

 

2019年9月23日 (月)

【天体写真】月の撮影と画像処理

台風は、ヤバくなるコースだったけど、ちょっと離れてたからか、そこまで激しくなくて良かった良かった。午前中は台風一過で晴れてたけど、午後から曇っちゃった... 明日か明後日、撮影に行きたいなぁ~

21_44_04_g4_ap4_1600

先日、久し振りに月を撮影したので、その時の様子を動画にしてみたけど、月・惑星の処理は下手なので、短い動画。RegiStaxのパラメタとか、こうすればいいですってのは、無いと思うし(同じ対象でも毎回、結構イジらないとダメだし)...

 

 

 

なんか、最近、暑かったり寒かったり変動が大きいなぁ。山へ行ったら、明け方は冬なんだろうなぁ...

 

 

 

2019年9月22日 (日)

体重測定_20190921

R0011319 _20190921

すのーらん 76g。急に寒くなったので食欲落ちそう...

 

R0011320 R0011321

最近は、一番狭いシェルターに無理矢理入って寝ている事が多い。

 

 

 

2019年9月21日 (土)

パソコンのCPU換装 最終仕上げ

CPU換装後、平穏無事に動作してたけど、何故か起動時にディスクチェックが走って、半日使えなかった事件発生。CrystalDiskInfo では異常なかったけど、念のために SSD 交換。

 

交換と言っても、実は交換ではない。

①SSD -> HDD にクローン

②新SSDを搭載して、HDDに接続していた電源とSATAを新SSDに接続

③Windows起動して、SSDを新SSDにクローン

④新SSDからブートするようにBIOSで設定変更

⑤SSD(旧)をフォーマット -> データ保存用ドライブ

⑥HDD は筐体内にそのまま設置して、SSDが突如死んだ時のための保険

 

Crystaldiskinfo0 Crystaldiskinfo1

860が新しい SSD で使用時間0。850がこれまで使ってた SSD 使用時間はたった3800時間なので大丈夫なハズなんだけど...

 

R0011316

SSD と HDD は、こう搭載してたので

 

R0011317

SSD の下に、新SSD を搭載して

 

R0011318

HDD に接続してたケーブルを新 SSD に接続しただけ。

 

ついでに、ちょっと調べておきたかったこと。

Photo_20190921061601

マザーは、Z77H2-A3 なのだけど、BIOS を update すると、比較的新しいグラボ(GTX1050Tiとか)も認識するらしい。今は、GTX550Ti->GTX650Ti で、とりあえず、動画編集は出来ているので、すぐに交換したい訳ではないのだけど。

 

R0011314

CMOS クリアの時の電池は、グラボの下に隠れてた。
CMOS の電池の寿命は、3~5年とされている。この PC は7年物なので、そろそろ電圧低下しててもおかしくない... 電池は、みんな大好き   CR2032 なので、電池箱をみたら、3個見つかった。そろそろ交換してもいいけれど、交換すると CMOS クリアされちゃうので、日付/時刻や起動ドライブが初期化されちゃうな...

 

R0011315

BIOS Update に使う ME UNLOCK の位置と赤いジャンパーピンを確認。※赤いジャンパーを外して ME UNLOCK に挿すと書いてある記事もあれば、赤いジャンパーは触らずに別途ジャンパーを準備して ME UNLOCK に挿すと書いてある記事もあった。

BTO PC は、BIOS update すると再起動しないと脅されてるので怖いし、グラボも今のままでいいので、 BIOS Update はしないと思うけど、興味本位で確認してみた。

 

 

動画編集が困難だったので、CPUを換装した。その最終仕上げ。

 

R0011279

CPUは、i7-3770 に換装したけど、 CORE i5 と堂々と貼ったままなのは、どうなのか?

 

R0011281

これを入手して

 

R0011282

おおう!これで、完璧ッ (そこッ! Windows10なのにWindows7ってどうよ?って気がつかないように!)

 

シール、7~8年貼り付けた状態だったので、剥がした跡は悲惨にベッタベタ。ティッシュを貼り付けて、ティッシュが貼り付いた状態のノリを爪で地道にこそぎ落す。これを数回繰り返して、トドメはエタノールを含ませたティッシュで拭き取って、スベスベにした後で貼り付けた。

そこそこ体力を削られちゃったよ...

 

 

 

【天体写真】ロケハン:阿蘇 北外輪山編

阿蘇の北外輪山、ミルクロード周辺をロケハンしてきた。

ってのも

 

R0011287_20190920033401 

阿蘇の火山灰。北風に乗ると、阿蘇の南外輪山に流れる。南外輪山は、良く撮影してる「吉無田高原」や「清和高原天文台」がある方向。

春、吉無田高原で撮影してたら、灰が降ってきて、慌てて撤収、リッチークレチアンの主鏡を洗っちゃうって悲惨な事態が発生した。

 

あれは、嫌なので、遠征時には降灰予想チェックして、北風が吹きそうなら、阿蘇の北側が良さそうって思ったからなんだけど、産山は、ちょっと遠い。

 

ヒゴタイ公園だと、約70km。2時間かかる。北外輪山の大観峰だと、約50kmで1時間半。たかが 30分、されど 30分。

 

 

「かぶと岩展望台」約40km 1時間15分~「大観峰」までのロケハン・ドライブ動画。注目ポイントはススキです。晴天で気持ち良かったよ~♪

※甘夏竹輪さんが登場しない動画の編集、すげー楽。この動画なんかドイラブレコーダーとアクションカメラの動画を適当に切って貼るだけだし (^o^;

 

 

2019年9月20日 (金)

パンスターズ彗星_20190918

18~19日にベランダで撮影したものの続き。もっと早く処理したかったのに、PC起動したら、突如ディスクチェックが始まって、半日くらい画像処理出来なかった... CrystalDiskInfoしたけど、特に異常なし... なんだかなぁ~

 

C2017t2_20190918
パンスターズ彗星
C/2017 T2 (PanSTARRS), 2019/09/18.7066, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.4(SI7)

この彗星は、もっと明るくなる。2020/05/22 21:00 に、M81, M82 付近で 7等級くらいまで明るくなるかも知れない。高度45度。
この頃が絶好の撮影チャンスで猫も杓子も、この彗星を撮影していると予言しておく。

 

78p_20190918
ゲーレルス彗星
78P/Gehrels 2, 2019/09/18.7884, 4*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=16.7(SI7)

盛りを過ぎたけど、もう少し明るいと思ってたら、かなり暗い(4枚しか撮影してないってのもあるけど)。この彗星は例の写らなかったボリソフ彗星(C/2019 Q4) の近く。

低空、どうも星が見えないし、ニュートンでオフアキやってたらガイド星が見えないので、急遽ガイドスコープに切り替えてバタバタしてた(ので、4枚しか撮影できなかった)。

 

その原因は、これぢゃないかな?

R0011287_20190920033401
2019/09/19 5:25 の阿蘇の噴煙。この噴煙の付近に、ゲーレルス彗星、ボリソフ彗星はいたはず。月があって低空だったので、厳しいとは思ってたけど、噴煙まで邪魔していたとは... orz

 

昨日も、かなりの噴煙で、南阿蘇方面は怖い事になってたんぢゃないかと思う。

来週末あたりは撮影に行きたいけど、風向きで、吉無田高原や清和高原に行くか、大観峰やヒゴタイ公園付近に行くかを検討しなきゃならないね...

※らっぱさん、アツメルオさん、くまくまさん(S本さん)、ひでさんとえりありさんが山へ行きたいよぉって駄々こねてるので、来週末くらいで(天気次第だけど)企画したいと思います。別途メールさせて頂くと思います。ここを読まれているのであれば(そうであって欲しい)、コメント欄に

“I'm here. I'm Glad You're There.”

と書いておいて頂けると、助かります(メールしなくて済むので (*゚∀゚)

 

 

Ngc2264
毎度おなじみ、彗星の出待ちで撮影したもの。

NGC2264 ってのらしい。青と赤の綺麗な星雲らしいけど、月が明るいベランダで低空だと悲惨な写真になりますなぁ... やっぱ、山行きたいよねぇ~

2_20190920035701  
撮影時の位置は、ココ。東の20度。月齢19の月はいるし、火山灰も流れてたようだし... 山で同じモノを撮影してみると、「ああ、山は良いなぁ」ってモチベーションを上げる効果は絶大。

 

 

 

2019年9月19日 (木)

アフリカーノ彗星_20190918

月が出る前に彗星を撮影しようと思った。

いつもは、彗星の出待ちで何か撮影して待つってのが多いけど、今日は逆。

月が山から出てくるところを800mmでタイムラプスしてやろうと思ってたんだけど、甘く考えてて失敗した。月が出る前から山の稜線をタイムラプスしてたのだけど、月が出た瞬間、真っ白。なにも写ってない。

低空の霞んだ赤い月だから、そこまで明るくないだろうって読みは甘過ぎだってのを学習した... トホホ。

 

C2018w2_20190918
アフリカーノ彗星
C/2018 W2 (Africano) , 2019/09/18.4716, 16*60s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.4(SI7)

低空だし、近い方向にはグラウンドがあって煌々と輝いているって状況だったけど、アフリカーノ彗星は明るいので写った。24時過ぎの天頂付近は、それなりに写せるけど(山とは比べようもないけれど)、早い時刻の低空は、やっぱり無茶だよね...
淡い部分が全然写っていないので、光度はすごく暗い値になってしまった。恐らく9~10等級くらいの、現在の一番明るい彗星(だから、こんな悪い条件でも写ったとも言えるのだけど)。

 

 

C2019q4_20190918_20190919051701  
ボリソフ彗星
C/2019 Q4 (Borisov) , 2019/09/18.8049, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, not confirm(m<16)

太陽系外彗星だってんで、話題の彗星。明け方だったので、光害も減っているし、写ったらラッキーと思って撮ってみたが確認できず。
低空で17等級をベランダからって、やっぱ、どう考えても苦しい。16等級の恒星がギリで分かるか分からないか?くらいの状態。月が無くて山だったら、ギリ写るかも知れない。次の新月期に、山でリベンジしてみよう。

 

R0011286
ベランダからは、こんな感じで撮影してるけど

 

Photo_20190918233101
見えてる範囲は、このくらい。北から東南東くらいまで。山の稜線は見えるけど、上は45度くらいまで。階段の踊り場は上の階がないので、天頂が見えるけど、ベランダは上の階があるので、すごく狭い範囲しか見えない...

 

21_44_04_g4_ap4_rt
めりーさんのブログで月が綺麗で、『そうか、月に邪魔されて泣くんぢゃなくて、月を撮れば良いのだ』と悟ったっぽい感じに当たり前の事に気がついてしまったので、撮影してみた。

で、思いだした。月を撮らなかったのは、処理が下手っぴだからだったんだと。

むー。

※BKP200(800mm F4)に ASI294MCP 付けて撮ってみた。月・惑星を294で撮るのは初めて(と思う){ここは、「初めて」なのか「始めて」なのか、ちょっと悩んで平仮名にしようかと思ったけど、ま、いっか~}。

 

R0011287
薄明の空に、阿蘇の火山灰が南側へ流れていた。明け方、薄着で撮影してたら、かなり寒かったけど、強風は北風だったんだ。
北風の季節になると、吉無田高原や清和高原は灰が降ってくる可能性が高くなる... 大観峰付近とか産山方面とか阿蘇の北側のポイントを強化したいなぁ...

 

 

2019年9月18日 (水)

ベランダ撮影風景動画

月曜日~火曜日にかけて、ベランダ(正しくは踊り場)で撮影した。

思いっきりでっかい月は居たけど、そーゆー時は一晩中快晴になるのは知ってる。

撮影しても、淡い部分は無理だし、何よりビックリするくらいの強風だったので、久し振りに BLANCA-70EDT。ついでに、撮影中の機材や画面を動画にした。

Photo_20190917134401
https://youtu.be/kr_HJOckNNk



なぜか、Youtubeで埋め込みコードが表示されない... 表示する設定にしてるのは確認したんだけどなぁ... 謎...

 

https://youtu.be/f3RAysaiNLc

撮影したマンションの階段の踊り場(いつも、ベランダと言ってるけど、実は踊り場)周辺の様子を動画にしてみたけど、やっぱり埋め込みコードが表示されないなぁ... なんでだ?

これまで、埋め込み出来てたのもできないな... Youtube側の問題かな... (気がつかないうつに変な設定を変更しちゃってるのでなければ)

 

 

 

 

いつの間にか、埋め込みできるように(コードが表示されるように)戻ってた。やっぱ、YouTube側の問題だったんだ...

 

 

2019年9月17日 (火)

満月期は晴れるからベランダで

満月期は晴れる。快晴だ。山へ行っても明るいので、ベランダで撮影する事にした。

撮影中の様子を動画に記録して、後で編集して、甘夏竹輪萌さんに解説ナレーション入れて貰おう。

で、まだ撮影中なのだけど、最初に撮影した M27 は画像処理が終わったので、とりあえず、ブログ書いておこう <--- 今、ココ

 

M27_1280
M27, 2019/09/16.5037, 64*60s, 70mm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

 

M27_rtcrop_me
1/4 Crop

BLANCA-70EDT 結構、やるねぇ。満月期でも(明るい)惑星状星雲は、バッチシだ。

 

Ngc6960_1280
NGC6960, 2019/09/16.5812, 64*60s, 70mm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

網状星雲みたいに、クッキリしてる訳ではない対象もそこそこ写るねぇ 0:00 頃追記

 

Ic5156_1280
IC5156, 2019/09/16.6477, 64*60s, 70mm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

まゆ星雲(だったっけ?)ちっちゃいねぇ~。画面上の方から、おたまじゃくし的な形の暗黒星雲があって、その頭が赤いのかな...

強風なので、420mm使ってるけど、思ってたより小さかった... 1:45 頃追記

眠くなったので、 128枚撮影仕込んで仮眠します...

 

Ngc281_1280
NGC281, 2019/09/16.7298, 103*60s, 70mm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping


Ngc2024_1280
NGC2024, 2019/09/16.8024, 60*60s, 70mm F6 Refractor, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping

NGC281を128枚から、ちょっと削って、コレも撮ってみた。64枚撮影しようと思ってたけど、薄明始まったので終了。

ベランダなので、撮影できる範囲が限られるし、月に近くて苦しそうだったので悶々と撮影してたけど、それなりには写ってたよ。

久し振りに分かりやすい対象を色々撮ったし、新しいノートPC(撮影中の画面録画用)だったので、設定変更とか色々と再確認できて良かった。

 

今朝は突如、『寒い』だった。朝は夏が終わって秋が来た。

 

 

 

2019年9月16日 (月)

満月のクロマキー合成

月の撮影って、難しいよね...

月の模様と地上の夜景の組み合わせ。

クロマキー合成したら、誤魔化せるのだろうか?とやってみたけど、それでも難しい...

 

 

ひょっとしたら?と思って、単純な加算合成してみたら、よっぽどうまく誤魔化せてるような...

 

 

ネットオークション

Photo_20190915162401

(※画像は記事に直接関係ありません)

 

ネットオークションをたまに利用する。落とす事が多いけど、年1回くらい出したりもしてる。

カテゴリーは、天体関係かパソコン関係。

で、人口の違いなのか、人種の違いなのか、天体関係って、「とても良い」出品者/落札者が多いのに比べ、パソコン関係は、う~ん...

 

今使ってるパソコン、先日の CPU 換装以降、動画編集もストレス無く出来るようになったので、当面更新しなくていいけど、3年後くらいには、いよいよ壊れちゃってリニューアルになりそうな予感してる。

 

二世代くらい前のCPUを積んだパソコンくらいでいいと思ってるけど、パソコン関係のネットオークションは... う~ん...

 

 

2019年9月14日 (土)

体重測定_20190914

最近、朝は少し涼しい。昼間も33℃くらいなので、ちょっとだけ下がった。

それが影響してるのか分からないけど、すのーらん、食欲旺盛。

 

R0011272 R0011273 _20190914

微増。レオパブレンドフード、毎日1本食べてるけど、もっと食べたそうな感じ。体重増えると拒食しそうなので、増やすのは、う~ん... メタボ体形だしね...

 

 

レオパブレンドフードは大好きだ。こんな餌で飼育できるって、コオロギと比べて簡単過ぎ...

 

 

 

2019年9月13日 (金)

【YouTube】OAGの調整

OAGの調整方法の説明動画をUpしました。

S3 S5

ホントは、OAGをバラして、パーツを組み立てたり、グリグリ回して、CMOS位置あわねーって言ったり、プリズムでケラれないと思った位置でもケラれてトホホったりするところを撮影した方がいいのかも知れないけど、メンドーだったので、誤魔化してあります...

 

 

 

 

 

2019年9月12日 (木)

CMOS カメラって、どうなってんだっけ?

どうなってんだっけ...

CMOSイメージセンサーは、入射した光子量に応じて発電してるようなモノなんだと思うけど(すげぇ小さな太陽電池を並べてるような...違う?)、パソコンのアプリケーションとのやりとりって、どうなってるんだっけ?

制御するための関数だかAPIだかがあるんだと思うけど、それって、多分、Gain, Exp を指定して、データ取得依頼したら、Exp値分の時間経過後に、取得した各ピクセルごとの電気量を配列として返してくるって感じなんぢゃないかな?と思う(違う?)

もし、こうなってるんだったら、その関数だかAPIだかを拡張して、異なる設定値で2回繰り返すってのは難しいんだろうか?

 

Cmos

 

え?何したいかって?

On Axis Guide

 

Cmos2_20190912060201

実際には、

撮影側は数十秒とかになるだろうから、何回かに分割して取得したものを蓄積した結果を返して(実際にはCMOSから得た値を加算する)、

ガイド側は途中で割り込んで短時間の蓄積結果を都度返す

の繰り返しって感じになりそうだけど、これって、撮影用ソフトウェアだけの問題で済むのかな?

 

Cmos3

カメラの出力をタイムシェアリングする方式だと、撮影中はガイド用データが途切れちゃうな... 継続してガイド用データを送りつつ撮影するのなら、オートガイドの露出時間単位で撮影したデータを蓄積して長時間露出結果を作るとともに、数秒露出のデータをコピーしたものを仮想カメラ出力してオートガイド用アプリケーションで利用できるように撮影用アプリケーションがやってくれればいいのか。

 

そもそも前提が間違ってるんだっけ? APTがやってくれないかな... (もうある?)

 

桜町バスターミナル

9/11 午後、ハロワで職探しして、夕刻から飲み会。

ハロワ付近を徘徊してたら、猛暑で(一時期30℃を下回ってたけど、最近また35℃くらいで真夏に逆戻り)、すげぇ汗かいてしまったので、上通の蜂楽饅頭で コバルト を食べる。

20190911_160112

コバルトってのは、この色からの命名だと思うけど、色から連想される味とは違ってて、蜂蜜味で、すげーうまい。夏に熊本来たらイチオシなのは、蜂楽饅頭のコバルトで確定二翻。

 

で、夕刻から元会社の上司達と飲みながら猥談。ネット通販事業を始めたいけどどう思う?に対して、「いまさらやっても無駄」とか、プログラムを作る工程を軽視し過ぎでプロジェクト失敗するんだとか、グダグダな猥談。

 

帰り、今週末(9/14)からだと思ってた桜町バスターミナルがリニューアルで供用が開始されてたので、思わずスマホで撮影しちゃったよ。

20190911_210651 20190911_210745 20190911_211321

土曜日にショップが開店するそうで、大騒ぎになりそう。驚くべき事に、土曜日(9/14)は、熊本県内の各社のバスと市電、熊本電鉄は全路線が無料になるらしい。熊本県内だよ、市内ぢゃないよ... (路線バスでない空港リムジンとかは対象外らしい)。

 

 

 

2019年9月11日 (水)

CPU 交換の効果

3_20190911135301
動画編集が重いし、失敗するし... で、パソコン買い換えたかったけど、緊縮財政なので、CPU換装で誤魔化した話の続き。

CPU 換装してメモリ増設。グラボはもう少しいいやつにしたかったけど、マザボが古いので、ここまでしか上げる事が出来なかった...

 

で、換装前は、FF14ベンチが快適、FF15ベンチは動作困難だったので、換装後を計ってみた。

Ff14_b Ff15_b

FF14 はとても快適になったけど、FF15 は、やや重い判定。動作困難 < 重い < やや重い なので、2段階改善してるけど、それでもたまにカクつくね... やっぱ、FF15ベンチ、すっげぇ重い。

 

Ff15

FF15 の推奨動作環境を調べてみた。CPU はいいけど、やっぱ、グラボの性能不足みたい。GTX1060は高いから要らないけど、GTX1050Ti を積みたかったなぁ... ゲームはしないけど...

 

 

 

 

 

2019年9月10日 (火)

2彗星の接近

実は前の記事の C/2018 N2 (ASASSN) と 260P/McNaught は、すごく接近してたんだよね。

_20190909

左が 260P/McNaught 右が C/2018 N2 (ASASSN) 

 

 

 


 

M74_1280

M74 って、メシエ天体の銀河の中で、難義する対象で上位に来ると思う。ベランダでは苦しいだろうと思いつつ彗星の出待ちで撮ったんだけど、やっぱりトホホ。

もちろん、16*120sec. しか露出してないので、トホホで当然なんだけど、淡くて腕出ない。ベランダでは、何回撮ってもトホホ。M95, M96 と同じで、好きな対象だけど、これまで一度も、「ま、いっか~」レベルで撮れた事がないっつ~、鬼門銀河... 

 


 

 

色んな意味で、大丈夫か?この動画...

 

 

 

2019年9月 9日 (月)

アサシン彗星_20190909

ちょっと前まで、明るい彗星が全然いないって、ボヤキ声が聞こえてたけど、いつの間にか、シッポのある彗星がいくつもいる状況に!

C2018n2_20190909

アサシン彗星
C/2018 N2 (ASASSN) , 2019/09/08.7161, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.1(SI7)

 

260p_20190909

マクノート彗星
260P/McNaught, 2019/09/08.7443, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.2(SI7)


C2018w2_20190909

アフリカーノ彗星
C/2018 W2 (Africano) , 2019/09/08.7733, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.2(SI7)


 

C2017t2_20190909

パンスターズ彗星
C/2017 T2 (PanSTARRS), 2019/09/08.8062, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=13.7(SI7)


 

山に行こうか?とも、ちょっと考えたけど、夜は雨で、ホントに晴れるかどうか0時くらいにならなきゃ分からないし、半月だから3~4時間しか撮影できないので、ベランダで我慢。

ベランダで、こんなにシッポが写るって事は、山で撮ったらかなりいい感じになりそう... むむむむむ。

 

 

2019年9月 8日 (日)

Kate Bush - Cloudbusting

最近、一時期のように雨が続く事はなくなって、晴れ間も結構あるのだけど、撮影するには、う~~~ん... な感じ。

下手に設営してると、突如雨降ってきて大騒ぎになりそうで、怖くて山行けない。

 

つ~訳で、歌って貰いました。

 

Katebush_cloudbasting

 

 

 

 

2019年9月 7日 (土)

体重測定_20190907

R0011246

_20190907

すのーらん、76g。ほぼ変化なし。

 

体重測定の様子と、これまでの体重変化を動画にまとめてみました。

 

 

2019年9月 6日 (金)

モバイルバッテリー

Qi でワイヤレス充電出来るモバイルバッテリー使ってた。

で、今日、見てみたら...

 

R0011226 R0011227

パンパンに膨らんでて、フタが取れてた。バッテリーがすっげぇ育ってて(?)、メタボ。

幸い熱は持っていないようだったので、電池と電池以外に分離して処分...

確かに、先月使ったら、ちょっと使っただけで空になってたんで、へたって来たな~と思ってたけど、こんななっちゃうとは。

2016/07/21 に購入して、約3年でご臨終。Amazonだと、いつ何を買ったか管理できるっつー。便利だけど、行動パターン読まれまくりだな... 

 

 

 

爬虫類時間

すのーらんが、例によって、じとーっとしてたので、カメラを放置してリアルタイムで撮影。

連中を見てると、哺乳類は、いつも慌ただしく動き回っているのを再認識します... 時間軸が違いますよね...

 

 

 

R0011225crop

シッポだけ出して寝てる事は多いけど、足だけ出して寝てました。この体勢、苦しくないのか?...

 

 

この動画、薄暗い場所で撮影したので、画像処理で持ち上げたけど、そのくらいしか処理してないので作成時間は30分弱... 天体関係が10時間くらいかかるのに比べて楽勝過ぎ...

 

 

2019年9月 5日 (木)

彗星の画像処理

彗星の画像処理動画を Up しました。一眼レフで撮影して、ディベイヤーが必要ない場合は、ステライメージ8の自動処理に放り込めば楽勝ですが、冷却CMOS だと、ディベイヤー前にコンポジットしちゃうので、モノクロになってしまいます。

 

それを回避するために、面倒くさい事をしなきゃならないです。

動画中に登場する EXCEL シートは、データで配布しようかと思いましたが、マクロにウィルスがどうのこうの的な問題が出ると嫌なので、イメージデータをココに貼っておきますので、使いたい人は自力で EXCEL シートに計算式を埋め込んでください。

超メンドクセーとか、EXCEL に計算式埋める方法が分からないって方は、このページの左側に「メールを送信」ってのがあるので、そこから、「彗星の計算式のEXCEL希望」とか送ってくださいな。

 

Excel

'=' から全部入力しちゃってください。英数字は半角です。

 

 

 

この動画、9分以上あるので、これまでで最長かも?ですし、クロマキーを乱用してますが、一度も「メディアオフライン」は発生しませんでした。

DaVinci Resolve 15 が、かなりサクサク動きます。

驚くべき事に、レンダリングがリアルタイムくらいの速度で出来ちゃいます。パソコン強化して良かった~♪

最初の頃作った出来の悪い動画は改版しようかなぁ~

 

3_20190905175001

CPU換装、メモリ追加、グラボ交換して、こうなりました。調子に乗ってグラボを GTX1050Ti にしようと思ってます (^o^)

 

 

2019年9月 4日 (水)

ヘルマンリクガメ、塩土を齧る

うちのヘルマンリクガメ(♀、25歳くらい)は、塩土が好きで、よくガリガリやってる。小鳥用の塩土。

安いし、カルシウムとかのミネラル補給に良さそう。

 

 

この動画、結構長いし、途中にズームとかしちゃってるけど、パソコンの能力アップのお蔭か、一度もメディアオフラインになる事なく、レンダリング(と、編集も)できた。解説動画は、クロマキーを多用するので、やってみないと分からないけど、今のところ、いい感じ。

 

 

Amazon だと、送料が高いので、近所の DIY とかで買ってるけどね。

 

 

 

 

続・VTuber が流行りらしいので

アバターをあれこれして、何本か動画を作ってみた。駆け出し VTuber 状態なんだけど、大きな課題がある。

動画の編集がうまく出来ない事が多発

これは、苦しい。どうなるかと言うと、動画を編集して、最終的には、mov形式で書き出すんだけど(レンダリング)、ここで、しばしば「メディア・オフライン」になる。

Photo_20190903193901

画面上で表示されるだけでなく、出来上がった動画が途中で何回か、こう表示されちゃう。これは、イカン。対処法をググルと、編集してるネタのリンクが切れてるから、再リンクすれば直る...的な記事が多いけど、再リンクしても改善しない。

 

しょうがないので、色々やった編集を諦めて、1ステップ編集しては書き出し... ってコマ切れに編集して、最後にそれらを結合して出来上がり... って感じに逃げてた。けど、説明動画は、こうしてもダメな時もあって、渋々、途中のシーンを捨てて短くしたりとか妥協してなんとか書き出してた。

 

これは、恐らくパソコンの能力不足なんぢゃないか?と思った。出力する動画の画面サイズを小さくしたり、品質を落としたりすれば、うまくいったりするので。

で、どんな感じか Crystral Mark で確認してみた。

Photo_20190903194701

ノートパソコンが第4世代 CPU 積んでるので、強いかも?と思ってたけど、メモリ以外はデスクトップが強いってのが判明したので、デスクトップを強化する事にした。

 

R0011213

グラボは、比較的影響が少ないようだったので、GTX550Ti を GTX650Ti に、ちょっとだけ性能UP。ネットオークションで 2500円。

 

R0011214

メモリは、 DDR3-1600 4GB が2枚刺さってて、8GB だったので、8GB を2枚追加して、 8GB -> 24GB に増強。最終的には 8GB*4 で 32GB にする予定。これも、ネットオークションで 8GB 2枚で、6000円。

 

R0011218 R0011216 R0011220 R0011221

CPU は、第3世代しかソケットが合わないので、 i5-3450 を i7-3770 に換装。ファンを外して、グリスをエチルアルコールでふき取って、3770 を乗せて、グリス付けてヘラで延ばして、ファン装着。

 

Coretemp

Crystal markを走らせてみたら、CPU温度は 58℃くらい(室温28℃)まで上がってたけど、グリス塗り失敗とかはしてないみたい。

 

 

結果発表!

2_20190903195601

CPU換装、メモリ増強、グラボ換装で、性能比 140% 。

CPU i7-3770 8,750円

メモリ(32GB) 12,000円

グラボ 2,500円  合計 23,250円。i7-3770 は、最近のCPU だと i3 級だと思うけど、まぁ、これでやってみる。

 

Photo_20190903201401

見せてもらおうか、4コア 8スレッドの実力とやらを!

 

 

グリスとエアダスターは、 Amazon した。

 

色々と頑張ってはいるんだけど...

Youtube_20190903

とりあえず、先月のペルセウス座流星群タイムラプスがトップは守っているものの、カメの朝ごはん動画がモリモリ肉薄中。3位はなんと、7年も前のヤモリがうんちしてる動画(最近、なぜか、これが伸びてる...)
音楽系は、'Not Giving Up On Love' が独走。借りてきた富士山タイムラプスのお蔭かな?

普通に考えたら、「再生されない天体関係なんかやめちゃって、カメとヤモリの動画を作れば」とか、提案されそうだよね...

 

 

 

2019年9月 3日 (火)

Celtic Woman - You Raise Me Up

動画編集が進まない...

動画編集は、 DaVinci Resolve を使っているのだけど、ちょっとクリップを増やしただけで、レンダリング途中に、「メディア・オフライン」が発生する。MP4 や MP3 を配置したフォルダは全然触っている訳ではないので、処理が追い付いていなくて、表示されてちゃうんだと思う。編集中は(リアルタイムに再生するから)表示されてもしょうがないと思うけど、レンダリングは実時間の数倍かけて処理してるので、これ起きちゃうと泣きそうになる。

 

Youraisemeup

 

 

原因は、処理性能不足と思う。

Photo_20190903132101
左がデスクトップ、右がノートPCの Crystal mark 結果。デスクトップは、第3世代の i5 で、ノートは、第4世代の i5 だけど、さすがにデスクトップの方がメモリ以外の性能は上。メモリは、デスクトップ 8GB に対してノートは 16GB 積んでるからだと思う。どっちも DDR3-1600 だしね。

で、動画編集に効くのは、 CPU > メモリ > グラボ らしい。緊縮財政で苦しいけど、増強しないと作業が進められないので、早急にどうにかしたい...

使ってるデスクトップ 10年物だと思って調べてみたら、2012年だったので 7年物だった... (1年半くらい前にSSDに換装して以降)普通にサクサク動くけど、動画編集は厳しい...

 

動画のバックは、9/2 夜、晴れてたので、急遽撮影した北の空のタイムラプス。遠くで雷がチカチカ光ってる(多分、福岡県の八女あたりだと思う)。

 

 

2019年9月 1日 (日)

SharpCap を使った極軸合わせ

SharpCap を使った極軸合わせの説明動画を Up しました。

 

 

毎日、毎日、僕らはてっぱ... 違った、毎日雨で、どうしようもないと愚痴ってたら、8/30 夜、短時間だけ北極星が見えた。撮影できるような雰囲気はゼロだったけど、極軸合わせの作業記録は撮れそうだと思って、慌てて赤道儀組み立てて、デジタルファインダーだけ搭載。

で、極軸合わせてたら、曇って北極星見えなくなったけど、どうやってるかを説明できる程度には撮れたので、切ったり貼ったりして動画にしてみた。

 

と、「お姉さんを大きく」ってリクエストを頂いてたので、さっそくやってみたけど、大きくし過ぎると、説明内容を隠しちゃうって本末転倒で大笑い(お姉さんがメインで天体撮影の説明なんかどうでもいいって感じになっちゃう。あえて否定しないけど)。

 

SharpCap を使う最大の利点は、デジタルファインダー、そのままで出来るって事。極軸を合わせたら、そのまま、赤道儀のアライメントが出来ちゃうってスグレモノ。

 

Byebye

この画面で、平行線が重なるように調整するので、直感的に分かりやすいしね。年額で1500円くらいなので、そんなに高いって気もしないし(期限よりちょっと早く更新すると早割もある)。

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »