フォト
無料ブログはココログ

« 体重測定_20190824 | トップページ | 撮影したフラット画像を使って処理する手順 »

2019年8月24日 (土)

APT (Astro Photography Tool) を使ったフラット撮影方法

APT (Astro Photography Tool) を使った フラット画像の撮影方法を動画にしてみた。

フラット画像って、どう撮ればいいのか、すっごく悩んでたけど、APT の CCD Flat Aid と LED ライトパッドを使うようになってから、フラットが合わないとか、ちゃんと補正できないと言ったトホホ状態にならずに済んでいるし、フラット補正の効果はバツグンだ。

どうやって撮影してるか文章だと分かり難そうだったので、動画にしてみたんだけど、ナレーションは合成音声にした。アフレコ録音して恋声で加工した方が、自然なんだけど、にゃあさんが萌え萌えしちゃいそうなので自粛した。

(ホントはすっげぇ大変なので挫折した。恋声で加工したら、それなりになるように、自分で声を制御して、キャピらないといけないし、やってたら、なんか女装した方がうまく出来そうな気がしてきて、このままでは別の方面で活躍する事になりそうだったので諦めた)

 

Photo_20190824145001  
動画ってのは、写真撮影するのに比べて、ストーリーだの時間割りだのナレーションだの、あれやこれや作業が増えてしまうので、マジメにPowerPoint で台本を作って細切れで撮影した。

 

音声合成は、CMAN社のテキスト音声変換サービス(https://note.cman.jp/other/voice/)を利用した。以下の文章を明記すれば動画で使ってもいいらしい。

>「HTS voice」「MMDAgentのMei」を使用し、以下ライセンスでの公開となります。
>共に名古屋工業大学を中心に開発された音声データとなり、クリエイティブ・コモンズのAttribution (CC-BY) 3.0ライセンスで公開されています。
>HTS Voice "Mei(Normal)" Copyright (c) 2009-2013 Nagoya Institute of Technology

色々な音声合成試してみたけど、コレが使いやすかった。

合成音声を使えば、 Hitogata でクチパクはやってくれるけど、首を曲げたり、まばたきしたりしないので、モーショントラッキングしながら、合成音声を再生するっつー、ひとりで操作するのは、ムリゲーなオペレーションを駆使した。

 

 

そこそこ、 VTuber っぽくなったと思うけど、作成に約12時間かかってる...

 

動画中に登場する LED ライトパッドは↓  これは均一に光るし、モバイルバッテリで動作するので、遠征地でフラット撮影するのに重宝している。

 

 

 

« 体重測定_20190824 | トップページ | 撮影したフラット画像を使って処理する手順 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

APT」カテゴリの記事

ASI294MC Pro」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

VTuber」カテゴリの記事

コメント

動画を作るのは大変そうですが、わかりやすかったです! ダークフラットって何かよく分かってないのですが、撮影の仕方と処理の仕方を勉強させていただきました。キャラが女子だと素直に聞けますね(笑)

ダークフラット、いつもは、フラットをコンポジットする時に、ダーク減算するのに使ってます。最初にダークフラット処理済のフラットを作って、それでライトをダーク減算してます。

ナレーションは音声合成が楽で良かったです (^o^)

めちゃめちゃわかりやすくて、文章だけよりも楽しくお勉強できました!!
やっぱり、けむけむさんは変体さんでしたね(笑)

こうなったら、完全変態してしまおうと思ってます。ニヤニヤ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重測定_20190824 | トップページ | 撮影したフラット画像を使って処理する手順 »