フォト
無料ブログはココログ

« 台風直撃 | トップページ | 20cm ニュートンで撮影したい時の機材 »

2019年8月 8日 (木)

ニュートン反射結露対策を確認する

そろそろ月が太ってきちゃうので、8月前半の締めで、またも清和高原天文台行ってみた。

この新月期、3回目で毎度雲とか結露とかに悩まされていたので、三度目の正直... 

【目的】
1. 0時過ぎの比較的明るい3彗星 C/2018 W2 (Africano), 260P/McNaught, C/2018 N2 (ASASSN) をちょっと長めに露出して DSS でコンポジットして尻尾強調してみたいッ!

 

2. ニュートン反射の結露対策(斜鏡加温)の効果と消費電力を確認したいッ!

 

の2点。

Photo_20190808065401

【機材のお品書き】

1. 主鏡筒 BKP200/F400 Newtonian。こいつの結露防止効果を確認したい。写真では分かり難いけど、斜鏡には発熱体を仕込んでUSB 5V給電でほんわか暖める作戦

2. ガイドスコープ(笠井トレーディングの60mmØのアレ)は巻きポカで暖める(これは効果確認済)

3. コマコレ(とかレデューサ)や光害カットフィルタの結露防止も巻きポカ(写真ではASI294MCPのさきっちょに巻いてある)

4. 写真には写ってないけど、念のため乾燥空気も使用

 

3
天リフに、「レデューサ、コマコレ」もヤバいと指摘されてた。ごもっとも。確かに以前、接眼部が結露しててうぎゃぎゃった事あった(接眼部だけ結露ではなくて、あちこち結露してたんだけど)。
なので、コマコレと光害カットフィルタの周囲を丸ごと加温してみた。ちなみに、ASI294MC Pro は、丸いペラペラのヒーターを購入してあるけど、張り付けてない。光害カットフィルターが外気に曝される部分なので、結露するとしたら、こっちかな?と。CMOSを冷却してるので、あの付近も結露しやすそうな気はしなくもないけど、冷却しつつ加温するのに抵抗があって...

 

【状況】

例によって多湿。

20190807_200602
湿度計は、80%近い値を示している。

 

20190807_212750 20190807_222531
鏡筒やパソコンはすぐに結露。鏡筒のフタを置いといたら、べっちゃべちゃになってた... orz

20190807_214836
雲に蹂躙されつつ、耐えがたきを耐えるの図

 

M17_1280_20190808095801  
M17(NGC6618), 2019/08/07.5446, 16*120s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=390, Temp=0), No Cropping, QBPF

 

 
【結果】
結露防止の『効果はバツグンだ』 。ゲームだったら、オーバーキルしたんぢゃね?くらいに結露しなかった。
ちなみに、上の写真は、みんな大好き(?) M17 なのだけど、かなり曇ってる状態で撮影した(ので、元画像は明るさはまちまちだし、ガイドはロストしまくってグダグダだったのを秘術を駆使して無かったことにした)。

いつも、LPS-V4 使ってるけど、久し振りに QBPF 使ったら、やたら明るく写って、サチっちまったぜぇ。ちょっと前に M16 を LPS-V4 で撮った時は、180sec.でもサチる気配無かったのに、 QBPF で M17 は 120sec.でもサチり気味。 M16 と M17 って、似たような感じだったと思うけど、違うんかな?(この手の星雲、時間調整でしか撮影しないので分かってない)。ASI294MCP ってサチった経験ないんだけど...

 

今回は、
1. ガイドスコープ
2. 斜鏡
3. 接眼部(光害カットフィルター、コマコレ付近)

の3箇所を加温した。測定しなかったけど、恐らく、0.9A 程度。20Ah(=20000mAh)のモバイルバッテリが3時間で 100% -> 85%程度まで下がっていた。もっと長時間測定したかったけど、諸般の事情で撤収した。ので、精度悪いけど、この構成で10時間くらいは余裕でいけそう。

 

【諸般の事情】

20190807_185641  
現地到着した時は、こんな感じで、雲は多いけど、なんとかなるかな?0時頃は快晴になりそうな GPV だし~って感じでやってたけど、23時前くらいに、一面どん曇で、何も見えなくなって、あまつさえ、白いモノがチラチラ見え始めて、「うお、吉無田降灰事件の再来かッ?」と思って慌てて撤収。どうも、降灰ではなくて霧雨だったっぽいけど、どっちにしても粘る状況ではなかった。

 

新しい天体趣味の人と遭遇。新聞社にお勤めとの事。最近の赤道儀は何がいいだろうか?的な質問を貰ったけど、お高い赤道儀事情には疎いのでむにゃむにゃ言って誤魔化す。

資金力があれば、五藤の MX-HD とか良さそうな気配(スペックとか知らないけど (^o^;

 

 

【結言】

彗星は全然写せませんでした...orz

« 台風直撃 | トップページ | 20cm ニュートンで撮影したい時の機材 »

ASI294MC Pro」カテゴリの記事

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

結露対策の結果は大成功で良かったですね(^_^)v、それにしても清和まで行っちゃいましたか(笑)
今回は実験の意味が大きかったと思いますが本番での成果が期待されますねえ
私みたいに短時間で終わっちゃう事は無いので一晩中快適に撮影できる環境は精神安定上も良いですねえ(^O^)/
昨日は雲が多かったけど山でも何とか大丈夫だったのですね(^_^)v

行ってる撮影地では一番湿度が高い清和で大丈夫だったので、これで良さそうです。
ホントは、0~2時くらい快晴になるはずで、そこまで彗星撮影を継続して結露とバッテリ消費を確認したかったのですが、白いものがチラチラしてきちゃったので、尻尾巻いて退散しちゃいました (^o^;

昨夜は雲多過ぎてダメでしたよ... 天文台のレーザーも見えなかったので、説明も無かったんぢゃないでしょうか。それくらい雲多くて無理感がハンパ無かったです...

ニュートンは大変そうですね....。やっぱりシュミカセの道に入ろうかしら。どっちにしても湿度計は持っておいたほうがよさげなので、ゲッツしておこうかな。

シュミカセだと補正版が結露しやすいと思いますヨ。しかもデカイので暖めても周辺しか効果なさそうな予感...
漢は黙ってニュートンッ! ビシィッッ!

こんばんは。
お久しぶりです。
いつの間にかシーズン3になってたんですね。
しかも退職されたとか。お勤めご苦労さまでした。
ちょっと久しぶりに覗いてみたら、色々変わってたものでコメント書いてみました。

結露対策、結構色んな所をやんなきゃいけないので、大変ですよねぇ。
私も、最近は、BKPはフードとその周りにヒーター、ガイド鏡とファインダーにもヒーター、同架してるBORGにもヒーターで、おまけに冷却とかしてると電技食いまくってたまりません・・・。

またそのうち覗きに来ますね。

ご無沙汰しております。
結露対策難儀ですよね...
撮影するだけでも、USBケーブルやら電源ケーブルがうねうねしてるのに、ガイドスコープ、斜鏡、接眼部を暖めたら、さらに3本のケーブルが増えちゃって、暗いところで赤道儀回す時、ドキドキしちゃいました...
電源ケーブル束ねておこうかな...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風直撃 | トップページ | 20cm ニュートンで撮影したい時の機材 »