« ほぎほぎ神社 | トップページ | 続々・撮影ポイントを探す »

2019年5月14日 (火)

続・撮影ポイントを探す

天リフに、例の光害マップ( Light pollution map) は、ATLAS を使って SQM を見るのが正しいって「訂正と補足」があった。ほぉほぉ。そうなのか。

Lpm
前回は、右のウィンドウでVIIRS2019 を使ったけど、ATLAS2015を使うのが正しいって事らしい。これだとクリックするとSQMが表示されますねぇ

_sqm
つー訳で、前回のマップを再測定。 SQMが 21.5 位だと、そーとーに暗いって事っぽい。20.5 くらいだと、それなりに暗いけど、20以下だとトホホって感じだろうか。

SQMだと、産山、ヒゴタイ、清和、五ヶ瀬が 21.8くらいで、一番暗そう。続くのが丸山公園、御立岬、吉無田の21.5くらいの場所って事で、体感と一致しますね、確かに。

« ほぎほぎ神社 | トップページ | 続々・撮影ポイントを探す »

旅行・地域」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

東京の自宅は17.9のトホホでした。新宿西口の17.45とそう変わらないってどういうことなの...

激烈明るいですね...
千葉のさきっちょだと、 21.5 ですね ^^;

我が家は19.82でした。
田舎の市街地なのでこんなもんでしょうかね。でも実際はもっと明るい気がするんですが、透明度次第なんだと思います。1~2年に一度くらいは天の川見えますしねぇ。

20 近いですねぇ、いいなぁ。
ウチも 19.5 くらいで意外といいのですが、天の川は見た事ないです。先日、明け方、快晴だったのですが、南側は光害がヒドいので、全然無理って感じでした。雨上がり新月の明け方天頂付近なら微かに見えるかなぁ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほぎほぎ神社 | トップページ | 続々・撮影ポイントを探す »