フォト
無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月に作成された記事

2019年5月25日 (土)

アトラス彗星_20190524

最近晴天が続いてるので、夜中に半月が昇るまで、久し振りに部活。今回は風向きが良いので吉無田高原でリベンジ。

20190524_190512
最近、晴天が続いてるので低空は濁っててモヤモヤ。日没の太陽が山の前にモヤモヤで消えちゃう。
いつもの駐車場ではなくて(金属の柵で入れなくなってたので、イリュージョンするのは止めて)、横の空き地に設営。自販機の灯りが届かないし、こっちの方が開けてるので良いかも)。

20190524_193513
日没くらいに設営完了。


20190524_192003
BKP200(20cm F4 ニュートン)を ASI294MCPで撮影。ガイドは、ASI120MMを使ってオフアキ。

20時くらいに北極星付近が見えてきて極軸合わせてたら、らっぱさん到着。続いて、えりありさんも到着。

60p_20190524
60P/Tsuchinshan 2, 2019/05/24.5121, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=18.3(SI7)

らっぱさんと「明るい彗星居ない」と、ボヤきながら撮影開始。紫金山彗星を撮影してたからではないと思うけど、FMで中国語がガンガン聞こえる。きっと強い eスポが出てたんだと思う。光化学スモッグも出てたらしいし。

C2017m4_20190524
C/2017 M4 (ATLAS), 2019/05/24.5490, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=15.0(SI7)

このアトラス彗星が13等級くらいの予想で、もっとも明るい級。低空の空気濁ってて大丈夫かな?と思ったけど、明るかったのでなんとか...

68p_20190524
68P/Klemola, 2019/05/24.5891, 8*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=17.1(SI7)


C2019f1_20190524
C/2019 F1 (ATLAS-Africano), 2019/05/24.6149, 3*300s, 20cm F4 Newtonian, ASI294MC Pro(Bin=1, Gain=300, Temp=0), 1/2 Cropping, mag=?

アトラス・アフリカーノ彗星は、2021年に13等級になる予想だけど、まだ17等級くらい。厳しいなぁ~と思いつつ無理矢理撮影してたら、ガイド失敗して3枚しか使えずトホホ。写ってるのか写ってないのか... ノイズっぽいけど、微かにあるようなないような... 心眼級 (^o^;

C2019f1_20190524_
DSS画像と比較してみた(http://stdatu.stsci.edu/cgi-bin/dss_form ) 画像をクリックして拡大しないと何だか分かりません
コンポジット枚数が少ないのでノイズと区別できないけど、これが彗星だったら、18.5等級くらいかな... 


東から半月が昇ってきたので試合終了。それまで見えてた天の川が月が出ると、途端に見えなくなる。

撮影中、暴走族のバイクが7~8台往復。ぶんぶんぶぶぶんとウルサイなぁ~とキツネやタヌキが迷惑してたと思う。つか、あれ何したいんだろう。騒音撒きながら走りたいけど、「街中だと迷惑だから山でやろうぜッ」って中途半端に善良な暴走族なのか、キツネやタヌキが暴走族に化けて活動してるのか...


画像処理してたら、ダークがうまく引けない。アンプグロー見えちゃう... んんん?何が起きてる?と思ったら、ASI294MCを Gain=300で撮影してた。ダークはGain=390で作ってるので合わなかったって事らしい。

惑星状星雲祭りとか訳のわからない事を言いながら、ASI385MCをGain=300でAPT使って撮影したまま変更忘れてた... トホホ。しょうがないので朝からダーク撮り直し(昨夜はガイド失敗してたので慌ててフラット撮影忘れてたし...トホホホホ)

体重測定_20190525

R0010983
すのーらん 76g。変化なし。
最近は、3日に1匹くらいハニーワーム。困ったことにハニーワームしか食べない。
ミルワームやレオパブレンドフードに飽きちゃったのか、まだメタボで食べたくないけど、ハニーワームが美味し過ぎるので思わず食べちゃってるのか...
しばらく絶食させてブレンドフードを食べさせたいけど、あまり食べないと、拒食症再発しそうで、どうすりゃいいかな...中...

 

R0010984 _20190525

2019年5月24日 (金)

惑星状星雲&惑星祭り

晴れてたので、惑星状星雲&惑星祭り開催。

M97
M97, 2019/05/23.5364, 32*120s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

Ngc4361_1
NGC4361, 2019/05/23.5991, 32*120s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

M5
M5, 2019/05/23.6687, 64*30s, GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1), No Cropping

 

惑星状星雲、淡いものはベランダでは無理だったので、急遽、久し振りの球状星団。
ASI385MC を GS-200RC で使うと、ASI294MCP より、かなり大きく写るので、Crop しなくても良さそう。
問題は、導入の難しさ。昨夜は、3スターアライメントでどれも視野内には自動導入できたので良かったけど、見つからないと難儀しそう。
ここで、役にたつのが、オフアキの代わりにガイドに使った 240mm + ASI120MM。いつも使ってる 25mm + QHY5 に比べ格段に高精度のファインダーとして使える。PHD2の画面を見ながら位置補正すればいい(惑星はそうやって導入した)。

もちろん、セッティングの時、主鏡とファインダの位置合わせは入念に行う必要があるけどね。アライメントは25mmのデジタルファインダーで済ませる。

 

01_55_23_g4_ap4
木星。GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1) に x2 PowerMate を使用。
1024*768 に ROI。Exp=0.02s * 3000 Capture(SER) , 30% comp(AS!2) -> Regstax6

01_59_32_g4_ap4
木星。GS-200RC(1600mm F8), ASI385MC(Gain=300, bin=1) に x2 PowerMate と x2 TELEPLUSを使用。
1024*768 に ROI。Exp=0.03s * 3000 Capture(SER) , 30% comp(AS!2) -> Regstax6

 

As2_cap2
比較的状態は良い方だったみたいだけど、ガリレオ衛星見つからず(何故?)、ピントは木星で合わせたので微妙。


As2_rgs_cap

 

 
撮影した SER の1000枚分を AVI 変換してみた。 

2019年5月23日 (木)

春の銀河祭りの終わり

昼間、30℃を超える。真夏日。ってな訳で「春の銀河祭り」は終焉を迎え、次は「惑星状星雲&惑星祭り」に移行したい。

ので、準備した。

R0010967
でで~んと店開き。240mmのファインダーとフラットナ、x2のPowerMate、x2のTELEPLUS。カメラはASI385MC。

R0010978
惑星にオフアキしようがないので、240mmガイドスコープにした。惑星撮影時にオートガイドは要らないけど、もたもたしてると、ジワジワ逃げちゃうので、ガイドしておこうかな?ってくらいの感じ。

R0010982
フラットナだと、ここで無限遠。フラットナとカメラはニコン・マウントをインタフェースにしてある。

R0010971
パワーメイトを使って 3200mm は、これで無限遠。

R0010976
さらに x2 TELEPLUS で 6400mm。TELEPLUSは優秀でピント位置はほとんど動かない。

これで、数キロ先のテレビ局のアンテナを狙ってみる。

R0010974
分かり難いけど、ちっちゃくアンテナ見えてる。

R0010973
ちょっと望遠で寄ってみた。

R0010972
コンデジの最大望遠で寄ってみた。

Asi120mm
240mmファインダーに ASI120MMだと、このくらいに見える。

Photo_12
GS-200RC を使って、1600mm, 3200mm, 6400mm で動画撮って、スタックした画像と、テキトーにウェーブレットしたものを比較してみた。惑星は、6400mmにして撮影する。50枚くらいしか撮影してないので、ウェーブレットの効果は... だけど、こんな感じ。ホントは1000枚くらいは撮影して、25%くらいを採用したい。

その時、何が嫌って、大気による揺らぎ。ピントが全然分からない。どんな感じか動画にしてみた。

 

困った事に、ベランダ撮影だと下を通る車の振動も拾っちゃう。

 
気休めに、こんなものを使ったりしてる。気休め程度の効果はあるみたい。

2019年5月18日 (土)

体重測定_20190518

R0010960
すのーらん 76g

_20190518
少し減ってるけど、拒食は改善傾向なので、ヨシとしよう。まだまだメタボなので、3日に1回くらいミルワームを与えてみよう。ハニーワームは食べるけど、メタボ悪化するので、見せないようにして、出来ればレオパブレンドフードを食べて欲しいんだけど...

R0010961 R0010962
妊婦体形だけど、卵はなくて脂肪...

2019年5月16日 (木)

続々・撮影ポイントを探す

撮影ポイント候補を探してみた。基準は吉無田高原。

_sqm_3   
吉無田高原近くだと、ケニーロード途中の東屋ポイント(車数台の駐車場のみ。トイレ等無し)も、結構暗そう(自販機ないしね)

先日ロケハンしたアスペクタが草千里と同じくらい。トイレ・自販機もある。

清和高原級だと丸山公園(トイレのみ)、そよ風パーク(トイレ・自販機)、穴場は蘇陽高校跡か?!(どうにかして県教委と話つけちゃう?遠いけど)

2019年5月14日 (火)

続・撮影ポイントを探す

天リフに、例の光害マップ( Light pollution map) は、ATLAS を使って SQM を見るのが正しいって「訂正と補足」があった。ほぉほぉ。そうなのか。

Lpm
前回は、右のウィンドウでVIIRS2019 を使ったけど、ATLAS2015を使うのが正しいって事らしい。これだとクリックするとSQMが表示されますねぇ

_sqm
つー訳で、前回のマップを再測定。 SQMが 21.5 位だと、そーとーに暗いって事っぽい。20.5 くらいだと、それなりに暗いけど、20以下だとトホホって感じだろうか。

SQMだと、産山、ヒゴタイ、清和、五ヶ瀬が 21.8くらいで、一番暗そう。続くのが丸山公園、御立岬、吉無田の21.5くらいの場所って事で、体感と一致しますね、確かに。

2019年5月13日 (月)

ほぎほぎ神社

南阿蘇の宝来宝来神社(ほぎほぎ)に行ってみた。噂では色んな意味で怪しいスポットらしい。
で、今は降灰が怖いけど、撮影スポットのロケハンも兼ねてね。

例の Light pollution map だと、ほぎほぎ付近は 0.6 くらい。結構いいかもね。

20190512_110044 
山の中に、突如現れる。

20190512_110040 20190512_110047 20190512_110053 20190512_110058 20190512_110205
突如、ドドンと太鼓が鳴って、何か祝詞的なコトが始まるけど、割りと普通。ムー的な怪しさは無い。

20190512_110248
パワーストーンが販売されてて、コレが一番ムー的だったかも知れない。
注目すべきは、「お代は代金箱へお納めください」って掲示されてた事。コレ無人販売らしい。

20190512_110017
トイレは手動水洗(横のホースを持って蛇口を捻って水を出して自ら流す)

20190512_110023
撮影ポイントに使えそうな気もしてた。周囲が森なので、強風の日でも撮影できそう。でも、深夜に祈願祭やるらしい。

まぁ、怖い雰囲気はないけど、怪しさは満載。神社と言うよりテーマパーク的な雰囲気すらあった。

2019年5月12日 (日)

オフアキを調整する

Flat_1
ベランダで銀河祭りしたら、一部暗い部分があって、オフアキが悪さしてたようなので、調整したけど、もう少し影響残ってたので、再調整した。

Photo_10
左:調整前 右:調整後。オフアキの棒(?)を写真の下方向で動かした。あんまり引いてしまうと、今度はオフアキ側の見える範囲が狭くなるので、遠くのマンションを盗撮(実際には撮影してる訳ではないのだけど)して両方のピントを調整。主カメラのピントを合わせて、オフアキのカメラ位置を調整する。写真だと下側の左に出てる長いネジを緩めて動かして調整するので、結構面倒くさい。

Photo_11
なんでマンションがいいかと言えば面積が広いから。アンテナとか使うとオフアキ側が空振り(空を見てる)する事が多い。どこを見ても同じピントが得られて、面積のある被写体となるとマンションが好適。

Asi294
撮影時の状況を再現してフラットを撮影。フラット光源は、例のLEDトレース台。主カメラの等光度をステライメージで処理すると、こんな感じでオフアキの影響は無くなった。

Asi120
オフアキのカメラ側はこんな感じなので、一部しか見えてないって状態では無さそう(実際にマンションも綺麗に見えてた)。

 
フラット撮影に使ってるLEDトレース台は、これ。20cmに使っても大丈夫。USB 5V電源で動作するので、普通のモバイルバッテリ(スマホの充電用)で使える。光は結構強いので、トレーシングペーパー等で減光してあるけど、ASI294MC Pro を Gain=390 で使うと、およそ 0.01秒の露出で適切なフラットになる(ADU:20000)。

R0010959
フラットの露出時間は APT の CCD Flat Aide を利用している。

2019年5月11日 (土)

銀河祭り ベランダ開催

金曜夜、晴れそうな星空指数&GPVだった。けど、帰宅して様子を伺うと、21時頃全然ダメ。今夜は諦めたとかLINEしつつビール飲む。そしたら、22時過ぎに雲が取れてくるっつ~、アハハな展開。
こーゆー時は、もちろんベランダ開催だッ!

M99_1280
吉無田で阿蘇の降灰で諦めた M99。う~ん... やっぱ、ベランダっぽいよねぇ~

Ngc5921_1280
NGC5921。これはカッコいい棒渦巻。ちっちゃいけど。

Ngc6384_1280
NGC6384。これも男前(?)な銀河だ~。ちっちゃいけど。

どれもちっちゃいので、1/4 Cropしてみた。

M99crop
M99

Ngc5921crop
NGC5921

Ngc6384crop
NGC6384

M100crop
M100(友情出演)。ベランダだとコントラスト悪くて秘術が駆使できないので赤プチ出ない...

Photo_7
今年はザボってたので、全然ダメだった銀河祭り。

画像処理してたら、画面左上が薄暗くて気になった。
Flat
なんじゃこりゃー。GS200RCの主鏡洗ったら、どうにかなっちゃった?!

んな訳ない。犯人に心当たりある。

R0010951
犯人はヤス...違った。犯人はオフアキ。シムリング挟んでギコギコ。

R0010954
これで様子見。プリズム押し込み過ぎっぽいので、ちょっと引き出した方が良さそうな気がするけど、ガイド側のピントずれるので、寝たあとで機材組んで調整しよう。

お品書き
2019/05/10 23:04-04:01
赤道儀:AdvanceVX, 望遠鏡:GS200RC(20cm F8 リッチークレチアン) + 0.75 レデューサ・フラットナ, カメラ:ZWO ASI294MC Pro(Gain=390, Temp=0, Bin=1), 露出:24*180s, 撮影アプリ:APT(PHD2 Dither), オートガイド(PHD2, ASI120MM, ZWO OAG), フィルター:IDAS LPS-V4, 電源:セレストロン PowerTank17, 撮影PC:Fujitsu LIFEBOOK P772/G(i5, Mem8GB, SSD128GB), 画像処理:怪しい秘術

Photo_8
主鏡を洗ったので、光軸がズレてる事を危惧してたけど、星像は問題なさそう。

Photo_9
オフアキのプリズムを動かしたので、遠景でピント合わせておいた。左の上の長方形が主カメラ(ASI294MC)の画角。右がオフアキ像(ASI120MM)。オフアキ像を主カメラ像に対する位置で示すと、左下の赤い長方形(ASI120MMはCMOSにゴミ付いてるので、ぺたんこ棒しておこう)。

体重測定_20190511

R0010955  _20190511
全然、餌を食べなくなったので、先週病院に連れてって、1週間、薬を飲ませてた。で、昨夜食べてくれた \(´O`)/ 。食べたのは、ハニーワーム。これまでも、拒食症の時、コレだけは食べちゃう魔法の餌。ただ、高カロリー高脂肪なので食べるとメタボが進行するから、また、ブレンドフードに戻す予定。今後は2日に1回くらいにしておこう。

R0010950
すのーらんには関係ないけど、5/8の朝、幻日が見えてた(本物の太陽は画面の右側で写ってない)。

2019年5月10日 (金)

TimeLapse Experiment 2

今度は、 SiriusComp使ってみた。

 
SiriusComp はダーク減算してみたので、暗くなってるみたい。

 
ShapCap が出力した AVI そのまま

 
SiriusComp が出力したAVI(ダーク補正あり)

Output_comp

 
SiriusComp が出力したAVI(ダーク補正なし)

Output_comp_no-dark

結果、どれも大差ない... 手元にあるAVIよりYouTube再生動画のブロックノイズがヒドい。星空みたいなベターとしたものを動画にするとこうなっちゃうもの?(色々と分かってない)

画素数が少ないから、動画にした時のブロックノイズが目立ってるって事?(確かに、1280*720なんだけど)

New1
ついでに、Jpegを100枚コンポジットしてみた。

 

 

2019年5月 9日 (木)

TimeLapse Experiment 'AVI Direct' : 'Jpeg Convert to MP4'

ふと思った。

ASI385MC を使って星空のタイムラプス撮る時、直で AVI File を Output してしまえば、チョー楽なんだけど、静止画(Jpeg)を沢山撮影して動画化した場合と比べてどちらが綺麗なんだろう?

で、やってみた。

 
↑最大化して細部に着目するのを推奨します。AVI直書きの方がディテール潰れてません... と思ってたら、どっちも同じに見えてきた... ひょっとして、最後に動画1本化する時に、Movie Maker なんちゅー怪しい Microsoft のアプリケーション使ってるのが悪い?! 

 

やんぬるかな、Jpegが悪かったのか、MP4化が悪かったのか、思った結果と違った。Jpeg -> MP4 変換は、Panalaps を用いた。フリッカー処理ってので失敗したのかも?
どうやって撮影するのが、ザラザラしない星空に(手軽に)出来るかなぁ... 一眼レフ使うのは機材増えて面倒臭いしぃ↑

※選曲は攻めてみました...
※「やんぬるかな」は理系国語教師を誘き出す餌です。用法が不適切とかコメント来たら、私の勝ちです。

2019年5月 6日 (月)

すのーらん、病院へ行く

すのーらん、拒食中。3週間食べてない。このくらい拒食して、突如食べ始める事もあるけれど、お腹が大きくて妊婦体形なので卵が詰まってる可能性もある。心配なので、動物病院連れて行った。

Photo_5
診察して卵があるかどうかよく分からないってんで、レントゲン検査。

結果、卵はなくて、妊婦体形なのは、メタボらしい。ドクターに、「大きい」と言われてしまった。

Photo_6
胃腸の運動を活発にする薬ってのを飲み薬で処方された。目薬の容器に入ってるので、捕まえて飲ませなきゃならない。
今朝の分は、普通にペロペロと飲んでくれた。

これで、しばらく様子見。

数年前、伊勢神宮でバスに乗った時、前に立ってる女性のお腹が大きかったので、席を譲ろうとしたら、「これ、入ってません」と言われてお互い赤面した事件を思いだした...

2019年5月 5日 (日)

撮影ポイントを探す

阿蘇の噴火はしばらく継続しそうな気配なので、もう少し火口から離れた撮影ポイントを捜さなきゃ... ってんで、光害マップ( Light pollution map) で探してみた。

Photo_4
吉無田より清和の方がやっぱ暗かった(西側を除けば大差ないと思うけど)。ヒゴタイ公園が五ヶ瀬キャンプ場と同値なのにちょっとビックリ。瀬の本高原、結構明るかったのに?と思ったら、どうも瀬の本付近が局所的に明るいようで、ヒゴタイ公園、ガンジーファーム、くじゅう花公園あたりは暗いようだ。ただ、マジで遠征になる距離。

御立岬が吉無田と同じくらい(この周囲をマップで探すと、芦北町から県道60号を入った方面には、0.18くらいの場所があるけど撮影できそうな場所があまりなさそう)。

で、撮影できそうな場所でもっとも暗かったのは、先日、ひでさんがロケハンした丸山公園。自衛隊の大矢野原演習場の先なので、迷い込んで戦闘になる危険性はあるけれど(無い無い)、かなり良さそう。もちろん、トイレや自販機もないし(自販機はないけど、トイレはあるみたい)、吹きっさらしだし、そもそもが阿蘇山の火口に結構近いんだけど。

火山灰を後始末する

阿蘇の外輪山で撮影してたら、火山灰降ってきて、大慌てで撤収した事件の続き。


ちょっと前に掃除したニュートンと比べてみたら、そこまでヒドくは無さそうだったんだけど、火山灰って酸性で鏡に悪影響あると嫌だったので、洗ってみた。


R0010453 
以前掃除した時のニュートン(BKP200)の主鏡


R0010943_1
今回のリッチークレチアン(GS200RC) 火山灰降らなくても、このくらいは汚れてる気もするけど、A型の因果な性格なので、洗ってみることにした。怖いので、鏡を外すのは無しの方向で(ニュートンはほぼ全分解しちゃったけど、リッチークレチアンでそんな怖い事できない)。


R0010945
鏡筒の両サイドの2本とドブテール上下それぞれ2本の計6本のネジを外せば、スポコンと取れる。取って確認したけど、やっぱりめちゃんこ汚れてるって訳では無さそう。鏡はどうやって接続されてるのか謎で簡単に外せる雰囲気ではなかった(勝手に外れるのを危惧してた)。


R0010946
キレイキレイで外科医の手術前くらいの勢いで手を洗った後、キレイキレイを少し使ってシャワーで洗う。最後は蒸留水でちょちょっと流す(気休め)。


R0010948
大きな水滴をブロアで飛ばして、鏡筒に戻しして自然乾燥させる(写ってないけど、小さな水滴は付いてる)。鏡はめちゃんこ綺麗になった。


戻した後、レーザーコリメータと光軸修正アイピースで分解前の状態と比較してみたけど、分かるような変化はなし(鏡は全然触ってないので、ほぼ元に戻ってると思いたい)。


 


アフィ貼っといてアレだけど、中華レーザーコリメータはコリメータ自身が傾いてるので、買ったら、コリメータのセンターを調整しないと使っちゃいけない。


R0015837
レーザーコリメータの説明書に、調整しちゃダメ的な事書いてあるけど、そんなのマトモな調整した上で言えよ...って感じなので、ゴム的なもので固定されるネジをゴムをむしり取って露出させる(3箇所ある)。
ニュートンの接眼部に装着し、コリメータを回転させた時、主鏡上の光が回転したらズレてるので、このネジを使って調整する。コリメータ回しても主鏡上の光が動かなくなったら、コリメータは、(たぶん)まっすぐ光を出す状態。


R0010947
副鏡もゴミ付いてるけど、これは外さないと掃除できないので放置。


Capture_00002
主鏡を洗う前にぺたんこ棒でゴミを採取しておいたものを調べてみる。これは耳掃除用のカメラを使ってSharpCapで撮影したもの。火山灰かどうかよく分からない。久しぶりにニコンのファーブルミニでも見てみたけど、三又になってるようなのは、なんとなくプラスチックの欠片っぽかった。火山灰もあるんだろうけど、それ以外のゴミも付いてたはずだしね。


 


 


 

体重測定_20190504

R0010944 _20190504
すのーらん 78g。もう3週間くらい食べてないので、明日(5/6)病院に連れて行くことにしました。元気なんですが...
(GW中休診だったので、5/5PMと5/6AMは診察するそうで)

2019年5月 4日 (土)

久しぶりに吉無田だったんだけど

久し振りに夜快晴の新月期。これは行くしかないよね?ってんで、吉無田高原行ってきた。吉無田高原は阿蘇の南外輪山のカルデラの外側の中腹ってな場所。

20190503_172005
で、向かってたら、阿蘇山、またしても小規模噴火したらしい(最近、ちょくちょく噴火してる)。写真の真ん中付近の小さな雲みたいなのが噴煙。周囲がモワーとしてるのは降灰してるんだと思う。吉無田高原はこの写真の右手の方向(写ってない)。

20190503_193215
夕刻、東側に雲(入道雲っぽかった)があるけど、いい感じの晴れ。20時過ぎたら快晴になる予感。
で、撮影開始。今回はえりありさんと同行。

M100_1024
M100銀河を撮ってみた。14*300s 赤プチにはちょっと厳しかったか... もちょっと露出したかったな...

M99crop2
M100 には、超新星が出てる最中。
M100(SN2019ehk), 2019/05/03.5018UT, 14*300s, 20cm F6 Reflector, ASI294MCP, 1/4 Cropping, mag=17.2(SI7)

撮影終わった頃、らっぱさん到着。M100に続いて、M99をリベンジで撮影開始。で、ふと見ると、東の空が黒い。空が暗い場所でも、光害の影響か山より空が白っぽいのが普通だと思うけど、山のように黒い。はてな?と思ってら、頭のライトに照らされて、チラチラと雪が降ってる... んな訳ない。気温は15℃くらいある。
...阿蘇の灰だよ、これ... ってんで、車のフロントガラスみたら、薄っすら積もってる (-_-; って~事は、リッチークレチアンの主鏡にも... ひぃぃぃ
ってな顛末で撮影中止。そっこー逃げ帰ったって次第。快晴だったんだけど (-_-;

 
その時、タイムラプスしてたのが、これ。中央付近の明るい星がスピカ。その右側にからす座。明け方までタイムラプスして登ってくる天の川を撮影しようとしてたけど、2時間で中断... たった 7秒分しかなかったので、再生速度を落として、辛うじて30秒くらいにした。
動画の最後の方で、左下方向から迫ってきてるのが濃い火山灰っぽい。撤収して正解。居残ってたら、結構な惨事になってたと思う。

R0010943
朝から主鏡の状態をチェックしてみた。結果、ゴミは乗ってるけど、このくらいなら、掃除しなくても大丈夫かな... 以前、ニュートンをチェックした時も、こんな感じだったので、分解清掃したけど、写りに差は感じられなかったので。
リッチークレチアンは怖くて分解できないし... もっと汚れたら、笠井さんに送って掃除と調整をお願いすることにしよう。

M99_1024
灰が降ってきたので、2枚しか撮影できなかった M99。M99 毎回撮影うまく行かない...

火山灰に狙い撃ちされたようで、設営地目指して灰が流れてきてたっぽい。らっぱさんのブログに詳細あり。

Photo_3
降灰予想があったので、撮影地をポイントしてみた。こりゃぁ直撃でしたねぇ... 清和だったらセーフだったのか...orz 現地でこれをチェックしておけばよかった...

Rgb
M100を見てたら、恒星の色がちょっと滲んでるような気がしたので、JpegをRGB分解して再合成してみた。シャープになったような...(ってか、なんで色が滲んでるの?天頂付近だったのに)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »