フォト
無料ブログはココログ

« 体重測定_20181215 | トップページ | 続・Quad Band Path Filter 使ってみた »

2018年12月15日 (土)

Quad Band Path Filter 使ってみた

出張から帰って来たら快晴だったので、ベランダで撮影。風が強かったので、 BLANCA-70EDT で、 Quad BandPass Filter (QBPF) 使ってみた。以前撮影した LPS-V4 と比較してみようって企画。

M31 比較

M314
LPS-V4 16*300s

M312_3
QBPF 48*60s

鏡筒とカメラは同じだけど、 LPS-V4 はレデューサ使ってた(処理して思いだした...orz)。撮影時間も違うので、単純な比較は出来ないけど、処理して思ったのは、QBPF は彩度が低いって事。
LPS-V4 は青に寄る傾向にあって、QBPFはそれが改善されそうな感じだったけど、そうでもなかった。
LPS-V4 16*300s, QBPF 48*60s なので累積時間が倍違うのが原因の可能性もあるけど、QBPF色出難かった。

もひとつ思いだした。ASI294MCP をAPTで使う時、Gain設定仕様が変わってたのに気が付かずに、 LPS-V4 で撮った時は Gain =0, QBPF はGain=390。なので、1枚の露出時間が大きく違ってる。

M33 比較

M33
LPS-V4 28*300s

M332
QBPF 53*60s

M333_2
こちらも、F5.6 : F7, Exp= 8400 : 3180 と単純比較出来ないのだけど、やはり彩度の低さを感じる。
彩度を上げて赤プチ対応処理してみたけど、全体に緑色になって荒れて処理し難かったし、赤プチはほとんど出ない。
露出時間を倍にしても、あまり改善するような感じがしなかった。銀河は LPS-V4 最強と再認識。

Fits をディベイヤーしたものの比較

L_20181106_235117_bin1x1_300s__0c
LPS-V4

L_20181214_205120_bin1x1_60s__5c_g3
QBPF

比較してみようとして、比較できないってトホホな結果だったけど、QBPFを使った最初の感想は、「色出ない」。

« 体重測定_20181215 | トップページ | 続・Quad Band Path Filter 使ってみた »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

あやや、これは意外な結果!
てっきりクワッドの方が『赤ポチ』を出しやすいと思ってたのですけれど、彩度が低いですかー。

しかし、この手のフィルター比較って面白いですね。
私は、LPS-V4もQBPFも持ってませんが、ユーザーレポートをあまりお見かけしないケンコーのAstroLPRフィルタをタイプⅠタイプⅡともに保有しているので、いつか比較実験してみたいです。特にタイプⅠは透過率の山が3つあって面白そうだなぁと思ってます。

そーなんですよねー、もっと似たような結果になって、両方はイランな~って書きたかったんですが、結構違いました。露出時間も違うし、これだけでうんぬんするのはどうかと思いますが、傾向として彩度低いっぽいです。
LPRはT2しか持ってませんが、QBPFはLPR-T2に近いような気もします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重測定_20181215 | トップページ | 続・Quad Band Path Filter 使ってみた »