フォト
無料ブログはココログ

« 体重測定_20181208 | トップページ | ウィルタネン彗星_20181214 »

2018年12月 9日 (日)

これは何ですか?

阿蘇にも雪が積もったらしい。「冬来る」だ。で、

R0010814
これは何ですか?

何ですかもへったくれもなくて、USBリピータケーブル。山は氷点下になるので、これを使って、車の中に撮影用パソコンを引き込むって企画。

敢えての USB2.0。

USB3.0よりUSB2.0が延長には強いし、冬は惑星を撮影する訳でもないので、速度は要らない。

これの先(カメラ側)には USBハブを付ける。

もちろん、セルフパワーなのだけど

R0010815
ACアダプタで給電するのも面倒なので、USBでUSBハブに給電するっつー微妙な状態(以前からこうやってるけど特に問題なさそう)。USBハブはセルフパワーが圧倒的に安定する。


赤道儀の下には、Suoaki のバッテリがあって、ここから 12V を供給してるので、ここにハブ用ACアダプタを付けてもいいんだけど。

らっぱさんは運転席でステアリングホイールの上にパソコン設置だったけど、ジムニーでは窮屈になるので、助手席にパソコン置いて体を90度捻って操作することになりそう。

« 体重測定_20181208 | トップページ | ウィルタネン彗星_20181214 »

撮影機材」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

けむけむさん、

こんばんわ or おはようございます。
もしやと思い、2時に起床したのですが、曇り空で沈没です。

私もバスパワー延長ケーブル、ACアダプター付きUSB Hub 2.0, ACアダプター付きUSB Hub 3.0 (最近来たばっかりで実践投入はまだです) を愛用しています。 それまではカメラ(QHY, EOS, ATIK、FFW .. etc) が時々認識してくれなくて、無駄な時間を費やしていましたが、2年前に交換して安定度がましました。 

同様に冬はぬくぬくの部屋の中からベランダの機器を制御してます。 ヽ(´▽`)/

こちらも晴れる気配がありません。
USB3.0をギリの3mで使ってたらカメラが不安定だったので、セルフパワーにしたら安定しました。
冬場、山は冷えるので、撮影中は車に逃げ込んでますが、これで次の導入時も車の中から操作できそうです。無線も考えましたが、やはり有線が安定するかな?...と。
ベランダは部屋から少し遠いので、これ2本使って10m引いちゃおうかな... とも思ってますが、ベランダは狭くて用心して導入しないといけないので、う~ん... です。

オヤオヤー―ッ(^_^)v
若者は外の外気に触れて心身を鍛えないといけませんねえ(^^♪
私がいつも車で使っているのは5m+5mの10mです、自宅では13mを使ってます、USB2ですが問題は無いですね、これからの季節はお体を大切に・・(^^;)

ステラショットを使っているのでセットしたら終了まで一度も外に出ないですみます(^_^)v

若者ではないので、ぬくぬくしたいです (^o^;
ベランダも... と思いましたが、思ってたより難しい工事になりそうなので諦めました。
遠隔は憧れですが、ケーブルひっかかって、ブッチーンとかが怖いですね...

おおー。長ーいUSBで車の中とかお家の中とかに引っ張り込めれば「ぬくぬく観測」できますね。
無線で飛ばせればスマートなんでしょうが、まだやる気が出ません。

さて、今夜は久々に晴れたのでニワトリでウィルタネン狙ってますが、4cmの双眼鏡では影も形もありません。これ結構淡く広がってる感じですね。遠征しないと楽しめないかも・・・・。

ウィルタネンはそろそろ近地点でしたっけ?
多分、かなーり淡く大きくなってると思います。
困った事に、今年も年末年始はずっと佐賀です。多分31日に自宅帰って、3日は佐賀で作業です。
つ~訳で、1月中旬くらいまでは撮影は無理そうなので、再接近ウィルタネンは無理そうです。
尻尾はありそうですが、すごく暗い場所で狙わないと厳しいでしょうね。かなり高速で移動してるでしょうし...

昨晩、初ウィルタネン撮影に成功しました。

・・・が、かなり淡くて尾っぽは写りませんでした。
対ウィルタネン彗星用に組んだ三連装砲で、のべ150分露光したんですけどねぇ。

でも最近彗星とはご無沙汰してたので、一応満足です。

ウィルタネンの尻尾は難物と、ギョーカイでは有名みたいです。
海外では長い尻尾写ってたらしいですが

佐賀は結構マジな雨です…

けむけむさん教えてください。

以前、お勧めいただいたLPS-V4 は生産終了、在庫なしでした(;ω;)
LPS-V4 に匹敵する赤プチが出る、お勧めフィルターってありますか?

LPS-V4 に近いのは、 QBPF と思いますが、こちらも来春入荷予約受付中と思います。
IDAS のページを見たら、 LPS-V4 M48 は、好評発売中みたいですよ。
望遠鏡で使用する場合は、通常 M48 を接眼部(レデューサなりフラットナなり)に付ける事になると思います。

晴れたら(月があっても) LPS-V4 と QBPF の撮り比べしてみる予定ですが、予想では大差なく、QBPFの方が少し色バランスが改善されるのではないか?と思ってます。フタを開けたら、ぎゃふん... かも知れませんが...

ありがとうございます。

IDASのページには在庫ありとなっていましたが、
ショッピング一覧には、無いようでした。
メールで在庫を確認してみます(^^)

LPS-V4 と QBPF で比較してみましたが、銀河の赤プチは LPS-V4 の方が良く出ると思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体重測定_20181208 | トップページ | ウィルタネン彗星_20181214 »